地方就活生STORY#1【PROFOLE】
【卒論テーマは就活シェアハウス】
佐賀大学百武春奈さん(ニックネーム:ももちゃん)


今回は、地方のミカタ就活シェアハウスの卒業生であり、
現在、大学の卒論テーマとして”就活シェアハウス”の題材を研究している
ももちゃんにインタビューしてみました。
 

地方のミカタ:「なぜ、就活シェアハウスを卒論テーマとして選んだのですか」

 

ももちゃん:「地方学生や、お世話になったシェアハウスに関わる人のためになるものをやりたいとおもったので!」

たしかにももちゃんはいつも周りの仲間のためになることを自分の就活のスキマ時間を削って様々な企画や新しい入居者に対して積極的に話しかけ、シェアハウスの雰囲気を魅力的なものに築いてくださってました。



地方のミカタ主催の自己PRコンテストに参加者する百武さん


母親想いの百武さんが母の日に企画した、”母に手紙を送ろう!プロジェクト”

 

地方のミカタ:「就活シェアハウスでの思い出はなんですか?」

ももちゃん:「一番の思い出はこれ!とゆうのはないのですが、みんなでご飯を作って食べたり毎回お見送りした日常が一番好きでした!」


みんなでカレーを作って交流も深めます


※ももちゃんは、いつも早起きをして朝にはみんなのために、”おにぎり”を作っていました。(男子メンバーはそれを毎回たくさん食べておりました…)

外食はかなり出費がかかるので皆自炊しながら節約しております。

 

地方のミカタ:「就活シェアハウスと出会った仲間とこれからどう関わっていきたいですか」
 

ももちゃん:「いつまでも少年少女のように夢を話して、刺激しあえる関係でいたいです!」


就活シェアハウス内定式に向けて、百武さんがデザインしたTシャツ

※就活シェアハウス内定式とは、就活シェアハウス卒業生による合同交流イベントです。

ももちゃんには感謝しても感謝しきれないです。
ももちゃんが築いた文化はたくさんあります。
このように様々な就活生によって文化が創られていきます。

ももちゃん、ありがとうございました。

 

新着情報一覧へ