5年前のみけしっぽ 

ちょっとまだ幼い感じです。

 

 

ちょっと痛々しい画像になります。

 

みけしっぽの耳がなくなっていくので、
獣医さんに診てもらいましたら、
扁平上皮癌の可能性があるとのことでした。

 

プロジェクトが成立するまでに、
癌がどんどん進行していくのが心配だったのですが、

 

ちょうど第一目標達成した頃、

みけしっぽを心配して
立て替えてくださるという方がいたので、
ありがたく、2月3日に手術を受けさせていただきました。

お立替下さったKさんに、感謝です。

 

両耳切除の手術でした。

病理検査の結果は、やはり、扁平上皮癌でした。


左耳の炎症が耳の付け根のほうまで進んでいるので、
完全に取れたかどうか、難しいそうです。

 

手術後のみけしっぽは、
傷の縫い目が痛々しく見えました。

血液検査で、腎臓が悪いこともわかりました。
腎臓病に対応した療法食に切り替え、
毎日薬を飲んでいくことになりました。

みけしっぽの手術領収書です。

病理検査の代金は、後日支払いです。

月末にご支援金の使用状況をまとめ、ご報告させて頂きますね。

縞子という猫の口内炎のお薬ももらってきました。

この縞子は、あとでご紹介しますね。

 

まだ転移の心配もあるので、安心もできないのですが、手術ができてよかったです。以前は、傷のかさぶたが取れるたびに、ケージの中が血まみれでしたが、そういうこともなくなり、みけしっぽもごろごろのどを鳴らして、気持ちよさそうにしています。

皆様、本当にありがとうございます。