アイちゃん

アイちゃんは、5年以上前からサザンゲートの公園にいる人懐こい猫です。
見ての通り、目が大きいので、アイちゃんと呼んでいます。
メメちゃんと呼んでいる方もいました。(=^_^=)

 


3月2日、公園で見たアイちゃんの首には傷があったので、病院で見てもらいました。

 

原因はわかりませんでしたが、抗生剤の注射を打ってもらってしばらく様子を見ることに。
アイちゃんは、人懐こい猫だったので、連れて帰っても心配ないと思っていました。でも、ケージに入れるとずっとなき続けて、撫でると怒るので、ストレスを感じているようでした。

 

ちょっと機嫌の悪いアイちゃん

 

傷が少し良くなったら、早めに公園に戻してあげたほうがよさそうと思っていたのですが、どうも水をたくさん飲み、食欲が無くなり、吐いたりするので、もう一度病院へ連れて行きました。

 

リンゲル補液と検温

 

血液検査とエイズ検査をしてもらいました。

 

★検査結果

 

エイズと白血病はありませんでしたが、腎臓と肝臓が悪く、貧血と黄疸が出ていました。
ヘモバルトネラの疑いもあるようでした。
その検査も高額で、検査しても1回でわからないこともあるようで、
とりあえず、それに効く注射をしてもらい、抗生剤を10日飲ませて様子を見ることになりました。


食欲のない日が続き、リンゲル補液もしつつ、10日間のお薬服用が終わる頃、ようやく食欲も少し回復してきました。

 

 

私が撫でても怒らなくなり、頭を押し付けてくるようになりました。
ケージの扉を開けておくと、時々出て少し部屋の中を歩き回り、また自分でケージに戻ったりするうち、落ち着いてきたようです。

でも、なんだかまだ元気が出ません。早く元気になってね。

 

 

皆様のご支援のおかげで、
検査と診察も受けることができました。


本当にありがとうございました。m(__)m

またご報告いたします。