プロジェクト終了報告

2017年12月26日

支援してくださったみなさまへ



この度は、故・森光宗男氏が生前に記した絶版著書「モカに始まり」を再販したいと願う我々のプロジェクトにご支援いただき、誠にありがとうございました。プロジェクトメンバー一同、改めてお礼申し上げます。大勢の方々にご賛同いただいた結果、プロジェクトは目標を大きく上回り、ネクストゴールまでも達成することができました。そして森光氏の一周忌にあたる2017年12月7日、ついに「モカに始まり~産地紀行編」を発行することが叶いました。


装丁を森光氏がこだわったハードカバーにできたのも、また、イエメンやエチオピアの貴重な写真をカラーでふんだんに掲載できたのも、みなさまのご支援のお陰です。ありがとうございます。ぜひ、手にとってじっくりとお読みください。

 

来年5月には、「モカに始まり~ネルドリップ編」を発行すべく、さっそく編集作業に取り掛かっております。ネルドリップ編では、森光氏のコーヒー豆焙煎技術に関する考えやネルドリップへのこだわり、店づくり・人間形成に関わる哲学エッセイを盛り込む予定です。今回のレディフォーのプロジェクトで、「限定ケース付き2冊セット」をリターンでご支援いただいた50名のみなさまへの発送は、このネルドリップ編が完成してからになりますのでしばしお待ちください。

 

もしも、産地編を先に読むことをご希望の方は、手の間の田中までメールでご連絡いただければ手配いたします。田中のアドレスは、11月上旬にみなさまへ個別にメールをお届けしておりますのでご確認ください。

 

 

「モカに始まり~産地紀行編」は、福岡市内のブックスキューブリック、珈琲美美、コーヒーカウンティ、大野城市の豆香洞コーヒー、太宰府市の珈琲蘭館、熊本市の長崎書店で販売中です。遠方の方は、手の間にご連絡いただければ、本体価格1500円+税120円+送料180円(1冊の場合)でお届けいたします。

 

みなさまのお陰で無事に「モカに始まり」を再販できた今、我々プロジェクトの次の目標は、森光氏のコーヒーに対する熱く深い愛情を一人でも多くの方に知ってもらうこと。珈琲美美ファンの方はもちろん、コーヒーを愛するすべての方々にこの本を読んでいただき、美味しいコーヒーが生まれる産地の背景を身近に感じていただけるなら、こんなに嬉しいことはありません。

 

「モカに始まり」がロングセラーブックとなるよう、末長く応援していただけると幸いです。どうぞよろしくお願いいたします。この度のみなさまの温かいお気持ちを無駄にせず、引き続き頑張ってまいります。本当にありがとうございました!