おはようございます。 北海道は、黒松内ぶなの森自然学校の高木と申します。 この度、Readyforの仕組みを使わせて頂き、「中山間の過疎地域に、土や作物だけでなく、人や地域も有機的につながる農場・コミュニティファーム」なるもののモデルを創り出したいと考えています。

お金経済の資本主義に、もっと小さなサイズの地域自給(これも作物だけでなく、人のつながりも)をテーマにした里地里山資本づくりです。社会関係性資本とでもいうのでしょうか、分断されがちな地域社会の「つながりづくり」の試行錯誤を始めたいと考えています。 

皆様のご協力をぜひとも、頂きたく、このプロジェクトを企画しました。

 

新着情報一覧へ