READYFOR
クラウドファンディングとははじめるさがす
購入型

ついに完結!”幻の復元国宝”の完全版をいっしょに楽しもう!

ついに完結!”幻の復元国宝”の完全版をいっしょに楽しもう!

支援総額

476,000

目標金額 1,000,000円

支援者
36人
募集終了日
2019年7月16日
募集は終了しました
2お気に入り登録2人がお気に入りしています
このクラウドファンディングは達成しませんでした。支援予約はすべてキャンセルとなります。銀行振込みにより支援を行った方には、当社より返金が行われます。

2お気に入り登録2人がお気に入りしています
2019年07月16日 18:19

残り時間わずか!屏風の中のダンサーたち

残すところ4時間余となりました。

多くのかたにご支援いただき、本当に感謝しております。

 

さて、先生の毎日更新にまじって、広報担当から久しぶりに「花下遊楽図屏風」のディティールについて少し。作品とその文化的背景について掘り下げていきましょう。

 

今回復元される「花下遊楽図屏風」には複数のダンサーが登場しています。今回は屏風を彩るこのダンサーたちについてお話したいと思います。

 

日本の舞踊は「舞(まい)」と「踊(おど)り」に大きく分けられ、舞は許された専門の者により他者に対して捧げられるもの、そして踊りは庶民により始まって自由な感情表現の表出であると論じられています。(※1

 

屏風の彼女たちが踊っているのは東京国立博物館の解説ボードによると「歌舞伎(かぶき)踊り」を踊っているとのこと。また一説には「風流(ふうりゅう)」と呼ばれる踊りとも言われています。

 

風流踊りは鎮魂の踊り(念仏踊り)をもとに、16世紀に入るころには風流踊は盛行期を迎え、鉦(しょう。金属製の小皿のような楽器)、太鼓、笛等を囃し、様々な趣向を凝らした扮装をしながら自由に行進したいわゆる拍子物と呼称される仮装に加え、頭に灯籠や花枝を乗せた笠を被り、大勢の人々が統一した華麗な服装で集団をつくり踊りに興じる芸態を特徴としています(※2)。

 

風流踊りは17世紀初頭まで盛り上がっていたようで、この屏風のテーマが醍醐の花見(1598年)だとすると、まさに(衰退前の)風流踊り爛熟期だったのですね。

 

この屏風の中では女性が男性の格好をしていますが、その逆も存在するようです。

奇抜で人目を引くことが大切だったようですが、醍醐の花見では女性が主役。だからここでも男装の女性が起用されたのかもしれません。

 

「ややこ踊り」をしていたお国(阿国)はこうした風流踊りやその他の民衆主体の芸能をミックスし、「歌舞伎踊り」を生み、そしてそれが現代への歌舞伎へつながっていくと言われています。ここで描かれている踊りが「風流踊り」なのか、その後にはやっていく「歌舞伎踊り」なのかはわかりませんが、彼女たちの躍動感はどちらにしても、大変なものです。

 

踊る(下半身主体の身体運動、跳躍をくりかえす)という行為によってテンションをあげて周囲を興奮に巻き込む…これは現代のフェスでもよく観られる雰囲気ですね。

 

4時間後に奇跡的ゴールをして参加者全員で風流踊り・歌舞伎踊りができるといいなと思っています。時間は残り少ないですが、ご支援引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

 

 

1

「かぶき踊の源流とその虚構性」(日本文学協会 日本文学 橋立亜矢子/東京女子大学大学院 2012

 

2

16世紀にみられる風流踊装束」(日本デザイン学会 デザイン学研究 小出真理子/湘北短期大学 2016

一覧に戻る

リターン

5,000

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd

オリジナルステッカープラン

■サンクスメール
■小林泰三オリジナルステッカー(1セット)

「花下遊楽図屏風」のモチーフだけではなく、小林泰三先生がこれまでに復元した作品の中から汎用性の高い図柄をオリジナルシールにしてお届けします。

※写真はイメージです

支援者
10人
在庫数
制限なし
発送予定
2019年12月

10,000

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd

屏風特別鑑賞会ご招待券プラン

■サンクスメール
■屏風特別鑑賞会・招待チケット(1枚)

ついに完全な形になった屏風の鑑賞会にご招待。

小林先生ご自身による屏風に関する講座、鑑賞や写真撮影、簡単な軽飲食がセットになっています。

鑑賞会は2019年中に都内・大阪市内を各1回ずつ予定しています。

開催日時や場所の詳細はまだ未定ですが、11月中にはReadyforのメッセージから皆さまにくわしいご案内を順次お送りしてまいります。

会場での飲食代はご招待の中に含まれておりますが、会場までの交通費や宿泊費等は参加者のご負担となります。

【プログラム案】(150分)
・おしのぎ(軽食)を囲んで先生との歓談(45分)
・先生による講座と鑑賞のポイント解説(30分)
・参加者による鑑賞や記念撮影(75分)
※人数により入替制での鑑賞になります

支援者
15人
在庫数
33
発送予定
2019年12月

16,000

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd

屏風特別鑑賞会ご招待券プラン(ペア)

■サンクスメール
■屏風特別鑑賞会・招待チケット(2枚)

ついに完全な形になった屏風の鑑賞会にご招待。お得なペアプランです。

小林先生ご自身による屏風に関する講座、鑑賞や写真撮影、簡単な軽飲食がセットになっています。

鑑賞会は2019年中に都内・大阪市内を各1回ずつ予定しています。

開催日時や場所の詳細はまだ未定ですが、11月中にはReadyforのメッセージから皆さまにくわしいご案内を順次お送りしてまいります。

会場での飲食代はご招待の中に含まれておりますが、会場までの交通費や宿泊費等は参加者のご負担となります。

【プログラム案】(150分)
・おしのぎ(軽食)を囲んで先生との歓談(45分)
・先生による講座と鑑賞のポイント解説(30分)
・参加者による鑑賞や記念撮影(75分)
※人数により入替制での鑑賞になります

支援者
6人
在庫数
44
発送予定
2019年12月

20,000

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd

特別鑑賞会+ミニ復元屏風つきプラン

■サンクスメール
■屏風特別鑑賞会・招待チケット(1枚)
■ミニ花下遊楽図屏風(1セット)

特別鑑賞会参加に加え、このプロジェクトのために制作されるミニ屏風がついたコースです。

玄関に置いたり、花瓶の後ろに置いたり…お部屋の雰囲気をたちまち雅やかな雰囲気にしてくれます。

※リターン画像はあくまでイメージです。現状模写ではなく、描かれた当時の復元模写になります

小林先生ご自身による屏風に関する講座、鑑賞や写真撮影、簡単な軽飲食がセットになった鑑賞会は2019年中に都内・大阪市内を各1回ずつ予定しています。

開催日時や場所の詳細はまだ未定ですが、11月中にはReadyforのメッセージから皆さまにくわしいご案内を順次お送りしてまいります。

会場での飲食代はご招待の中に含まれておりますが、会場までの交通費や宿泊費等は参加者のご負担となります。

【プログラム案】(150分)
・おしのぎ(軽食)を囲んで先生との歓談(45分)
・先生による講座と鑑賞のポイント解説(30分)
・参加者による鑑賞や記念撮影(75分)
※人数により入替制での鑑賞になります

支援者
0人
在庫数
30
発送予定
2019年12月

30,000

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd

先生によるデラックス!都内日本美術解説ツアープラン

■サンクスメール
■先生による都内日本美術解説ツアー
■ミニ花下遊楽図屏風(1セット)
■屏風特別鑑賞会・招待チケット(1枚)

鑑賞会の参加とミニ屏風に加え、先生と一緒に都内日本美術作品を「賞道的に」鑑賞しながら回ることのできるスペシャルプランです。

開催日時や開催場所は各美術館の秋の特別展情報が公開される9月中旬をメドに当プロジェクトの更新情報でお知らせします。

美術館観覧のあと、会場を借りて講演会形式にするか、カフェなどで気軽にサロン形式にするかは、参加人数をふまえながら11月初旬に決定し、具体的な日程と内容を11月中に参加の皆さまにReadyforのメッセージでお送りします。

なお、解説ツアーにともなう会場までの交通費や宿泊代、施設入場料、飲食代は参加者のご負担となります。

【解説ツアー案(上野の場合)】(180分)
10:00 上野集合 上野東照宮見学
11:00 美術館見学
12:00 食事をとりながら歓談、質疑応答など

鑑賞会の内容については他プランと同様です。詳細は他プランの内容をご確認ください。

支援者
5人
在庫数
25
発送予定
2019年12月

プロジェクトの相談をする