プロジェクト概要

いよいよ最終日!

本挑戦は、All or Nothingというルールがあるため、

目標金額に1円でも満たなければ、失敗に終ってしまいます。

最後の最後まで、応援のほど、何卒よろしくお願いいたします。

 

保護犬と障がい者が、

互いに癒やしあえる施設を実現。

 

障がいのある方や、

そうではない方も、

人間も動物も、地域で、

快適に暮らせる社会を。

 

 

24年の会社員生活に終止符を。福祉業界への新たな一歩を踏み出す!

 

はじめまして、こんにちは!アニマルセラピーを取り入れたグループホームを運営する「合同会社コンフォルトモンテ」代表社員の山本展央と申します!

 

私は学生時代から独立したいという夢を持っており、今年24年間の会社員生活にピリオドを打ちました。家族を支えていかなければならない重圧もありましたが、人生一度きり、知らない世界を見てみたい、後悔したくないと思い、起業を決意しました。

 

そんな中、自立を目指す知的・精神障がい者の方々と保護犬の共同生活を手助けするグループホームを運営している「株式会社ケアペッツ」様との出会いがありました。彼らの行う事業に心の底から魅力を感じ、想いに共感し、本事業の展開を決意しました。

 

�����������������
※画像はイメージです


福祉業界の経験はゼロですが、今回はケアペッツ様のフランチャイズ展開ということで、手厚いサポートのもと、サービス管理責任者になってくださる方と二人三脚で開業準備をしています。


本挑戦では、物件取得や開業に必要な初期費用450万円の一部をご支援いただきたいです。ただ、クラウドファンディングには"All or Nothing"というルールがあり、1円でも目標に満たなければ全額返金となるため、まずは什器購入費に充てるための30万円を募らせていただきます。

 

クラウドファンディングを通して、本事業にご賛同いただける方々の熱い想いも乗せて、新規オープンさせることができれば心強いです。どうか、ご支援のほど、よろしくお願いいたします。

 

今回の舞台となるお部屋(改装前)はこちら

 

 

障がい者にとってもワンちゃんにとっても癒やしになる場を。

 

グループホームの新規開設に向けて、まず利用者様とワンちゃんの暮らしの拠点となる施設を確保する必要があります。そこで、快く本事業にご理解くださった大家さんとも出会えたので、今回は埼玉県で男性棟と女性棟に分け、戸建住宅2棟のオープンが決定しました。

 

ワンちゃんは利用者さんの家族になるので、自由に触れ合っていただけるようにします。抱っこしたり、お散歩に連れて行ったり、一緒に遊んで仲良く暮らしていただきたいと考えています。

 

ワンちゃんと触れ合うことで楽しさや喜びを感じていただき、一緒にお散歩することで健康のためにもなりますし、ご近所さんとの交流のきっかけづくりにもできると嬉しいです。

 

そして、障がい者の方と一緒に暮らせるような訓練を受けた元保護犬を引き取ることになるので、過去に受けた虐待など、ひどい思いをしてきた心の傷を癒せる場所として機能させられるような心温まるホームにしていきます!

 

※画像はイメージです

 

昨今では国内の知的・精神障がい者は年々増加傾向にあると言われています。また、日本は世界各国と比べても高い比率で精神疾患患者が精神科病院に入院しているという統計が出ています。(※参照:内閣府厚労省

 

一方、軽度な障がいをお持ちでも入院生活から退院したり、親御様との自宅生活の卒業を希望される方などもいらっしゃるそうです。ただ、グループホームなどの自立生活の訓練施設はまだまだ多くないそうで、入所を待機されている方がたくさんいらっしゃるとも聞きました。

 

状況を知ったなら知ったなりの責任として、そのジレンマを解消するためにも生活訓練の場所を提供し、自立に向けたサポートをしていくことが使命だと考えています。

 

また、私どもは就業支援や自立後のアフターケアにも携わっていく予定です。そういった活動を通して、障がいをお持ちの方や、そうでない方でも、人間も動物も、地域で快適に暮らせる社会をつくっていくことができるとうれしいです。

 

庭でワンちゃんや利用者さんにはおくつろぎいただけるようにします!

 

 

24時間の安心安全なサポートを実現!グループホームを2棟開設!


今回の挑戦では、みなさまからのご支援で、新規グループホームを男性棟と女性棟で2棟つくり、定員8名が入れるようなものを開設いたします。各棟には、1匹ずつワンちゃんを飼う予定です。また、サービス管理責任者および生活支援員、世話人、夜間支援員が毎日訪れます。
 

2棟の間取りは、どちらも4LDKで各部屋が利用者さん用の個室になります。定員は1棟4名で、各部屋のドアは鍵付きにすることでプライバシーを保つようにします。

 

リビングダイニングにはソファーやテレビ、食卓テーブルなどを設置し、利用者さんやワンちゃんの団らんスペースにします。まさにシェアハウスのようなイメージです。また、消防法に基づき、自動火災報知機や非常時誘導灯も設置します。

 

<わおんグループホーム(仮称)>

オープン予定:2019年10月中

場所:埼玉県入間市・日高市 周辺

対象:障害者総合支援法に基づいた18〜64歳までの軽度な障がいを持つ男女

利用料:月々 約7万円を想定(家賃・食費・水光熱費・日用品費を含む)

 

A棟1F

 

A棟2F

 

B棟1F

 

B棟2F​​​​​​

 

普段の生活にサービス管理責任者が寄り添うことで、利用者さんの情報を収集・分析し、それぞれの生活目標や計画を具体的に作成し、実施します。利用者さんの生活を見守りながら、就業支援や行政をはじめとした関係各所への報告や調整なども行い、積極的に自立へ導いていきます。

 

生活支援員は、病院や役所へ行くのに付き添うなど、利用者さんの日々のお困りごとに対してサポートします。

 

世話人は主に料理や掃除などの家事をしたり、ワンちゃんのお世話をしたり、ホームを快適な状態に保ちます。もちろん備品の買い出しや、利用者さんのお話相手にもなります。夜間支援員は、ホームで夜から翌朝まで利用者さんを見守ります。夜は就寝サポート、朝には朝食の用意やワンちゃんの散歩、ゴミ出しなどを行う予定です。
 

今回の舞台となるお部屋(改装前)はこちら

 

 

人間も動物も、お互いに尊重しあえる社会をめざして。

 

グループホームのオープンにあたって、まず何より利用者さんにとって当ホームが安心できる居場所になることを願っています。そのためにも、職員は利用者さんのさまざまな困りごとに寄り添い、全力でサポートします。

 

そして、ワンちゃんと触れ合うことで心配事やストレスの軽減につながると思います。自立訓練の場としての機能を保ちながら、利用者さん、ワンちゃん、職員が全員一つの家族のような感覚で楽しく暮らせるホームにしたいと考えています。

 

また、ペット共生型グループホームを運営することにより、1棟あたり1匹のワンちゃんを殺処分から救うことができます。犬は癒し動物と言われるように、きっと利用者さんの安心感なども高めてくれるはずです。

 

 

この施設が、不安や心配を抱えた知的・精神に障がいがある方や暗い過去を持つワンちゃんの癒しの場になり、人間と動物との交流によって互いがハッピーになることを期待しています!

 

できることから一つずつ丁寧に行っていくことで、一つの地域から身の回りに起こる偏見や差別が減り、みんながお互いを尊重しあえる地域社会が体感できる環境をつくることを目指します。

 

とはいえ、まだ始まったばかりの挑戦です。まずは運営に注力し、安定した経営をすることに重点を置いて活動していきたいです。そして、良いと思ったことは積極的に取り入れ、ダメと思ったら改善し、周囲の助言を大事にしながら、世の中や地域に必要とされる企業でありたいです。

 

はじめてのことで不安もたくさんありますが、私の人生の新たなステージを応援していただけたら幸いです。何卒よろしくお願いいたします。

 

応援よろしくお願いいたします!

 

 

資金使途

 

物件契約初期費用:100万円
内装工事費用:100万円
消防設備工事費用:100万円
什器備品購入費用:150万円

ご支援金は、オープンのための初期費用合計450万円の一部として、大切に活用させていただきます。それ以外の部分は、自己資金および融資でまかなう予定です。

 

 

パートナーのご紹介&友人からの応援メッセージご紹介!

 

今回パートナーになっていただいたサービス管理責任者様をご紹介します。サービス管理責任者とは一定の実務経験が必要で、かつ一定の研修を修了していなければなれません。

 

Kさんは、精神障がい者グループホームや就労移行支援事業所にて利用者さんの方々の生活支援をはじめ、社会支援、相談支援、就労支援など、サービス管理責任者として数々の福祉業務を歴任し、福祉にかかわる幅広い知識と経験があります。

 

関係資格も多数保有しています。そして今回、当事業の特徴でもある利用者さんとワンちゃんが共生することによるアニマルセラピー効果に対して、強く興味を持ってくださり、当事業に参画していただくことになりました。

 

現在はオープン準備に関するあらゆることに精力的に携わっていただき、大変頼りになる、私にとっては女神様のような存在の方です!

 

パートナーのKさんからの一言:

「新たな場所で今までの業務経験を活かし、意欲と責任感を持って本事業に尽くしたいと考えております。きっとお役に立てると信じております!」

 

半田 卓さん(前職友人)

 

はじめまして、半田卓と申します。早いもので、山本さんと出会ってからもう10年以上が経ちます。

 

職場では上下関係を超えて、お互い笑い話が絶えずとても楽しくお付き合いをさせていただいていました。もちろん、退職されてからも仲良くさせていただいています。

 

いろいろと今回の事業内容をお伺いし、その志に共感して山本さんを改めて応援したくなりました。本当にがんばってください!みなさんも、応援よろしくお願いいたします

 


最新の新着情報