このプロジェクトでは継続的な支援を募集しています

【継続支援のお願い】高齢、障がいの保護犬が穏やかに過ごせますように

【継続支援のお願い】高齢、障がいの保護犬が穏やかに過ごせますように
このプロジェクトでは無期限で寄付を募集しています。「毎月」のコースで支援した場合、すでに完了した決済をキャンセルすることはできませんが、将来の決済を解約することができます。

マンスリーサポーター総計

171
このプロジェクトでは無期限で寄付を募集しています。「毎月」のコースで支援した場合、すでに完了した決済をキャンセルすることはできませんが、将来の決済を解約することができます。

    https://readyfor.jp/projects/kenshouse2022?sns_share_token=
    専用URLを使うと、あなたのシェアによってこのプロジェクトに何人訪れているかを確認できます
  • Facebook
  • X
  • LINE
  • note

プロジェクト本文

シニアや疾患、障害のある犬たちが最期まで穏やかに過ごせるように  

 

はじめまして。ちっちゃな、保護犬支援団体、一般社団法人「ケンの家」代表の浅川晶枝です。

私たちケンの家では、神奈川県横浜市青葉区と緑区にシェルターを構え、 シニア犬や疾患、障がいがある犬を中心に約20年保護活動を続けてまいりました。高齢でも体力のある子、障がいがあっても若い子はしっかり体調を整えてから幸せなご縁につなげていきたいと思っておりますが、ご縁が結ばれにくい子が多いのが現状です。ご縁が結ばれなかった子はケンの家で看取ることになります。 それでも最期までできるだけ痛みや苦しみのない穏やかな時間を過ごしてほしいと思っております。

   

 

保護犬ブームの裏にある現実。譲渡に繋がりにくい犬たち。  

 

保護犬という言葉の認知度が高まっている昨今、年々殺処分も減ってきております。

しかし、そんな中でも譲渡に繋がりにくい犬たちがたくさんいることはご存知でしょうか?

シニア犬、疾患や障がいを持っている犬、人馴れしていない野犬や噛み癖がある犬・・・そういう子たちは保護団体などの引き取り手も少なく、殺処分の対象になりやすいのです。その子たちの生きる権利をなんとか守ってあげたいという思いから、ケンの家では積極的に保護しております。

 

 

▼劣悪なブリーダーから保護したポエ(上)とリーベ(下)。
ポエは右後ろ足が動きませんでしたが、16歳(推定)で旅立つまで元気に力強く生き抜いてくれました。リーベは皮膚の状態がとても悪かったのですがいまではすっかり回復。里親さんの元で幸せに過ごしています。

 

 

▼動物愛護センターより保護したココ(上)とひさ(下)。
人馴れしておらず唸ることもあったココは優しい里親さんに出会い心を開けるようになりました。不安そうで悲しい目をしていたひさはシェルターでは甘えん坊全開! たくさんの人に愛されその生涯を終えました。

 

ご理解のある里親様とご縁を結び幸せになった子もたくさんいますが、最期までご縁なくシェルターで看取ることが多いのもまた現実です。これまで保護した犬たちは約700頭。そのうちの約半数、300頭の犬たちを看取ってきました。ケンの家ではご縁がつながらなかった犬たちにとっても、できる限り良い環境で穏やかに暮らしてもらえるように保護活動・保護後のケアをおこなっております。

 

 

保護犬たちにとってより良い社会を目指す取り組み

一番の理想は「保護犬」という存在自体がなくなり、悲しい思いをする子がいなくなることです。しかし今私たちができることは保護犬たちの現状を多くの人に知っていただき、少しでもより良い社会を目指すことです。そのために講演会やチャリティーバザーなどの活動にも積極的に取り組んでおります。

 

わんこたちがより健やかな犬生を送るためのケア

シェルターにいる子達はほとんど継続的な治療が必要な子です。もともと体が弱い子、原因不明の疾患がある子、メンタルも含めて不安定な子が多いためです。それでもできる限りご縁を結んでいきたい、そしてご縁がなかった子も穏やかに元気に過ごしてほしいという思いで、ケンの家では、西洋医学だけでなく、東洋医学も取り入れ、体質改善を考えた根本治療を目指しております。

 

▼定期的に行っている里親さんとのオフ会。幸せなわんこと里親さんとお会いできるのが何よりの喜びです。

 

 

日常的な医療費の負担が大きいため施設修繕の際などは 今までもクラウドファンディングを行いたくさんの方のご支援のもと運営を続けることができました。本当に感謝の思いでいっぱいです。心よりお礼を申し上げます。(前回クラウドファンディングはこちら

 

ただ、医療費・ケア費用等は今後も活動を続ける中で継続的に必要になります

これからもできるだけ多くの命を救えるよう活動していくためにも、温かいご支援をいただけましたら幸いです。

 

 

ご支援いただくことで私たちができること。

 

シニアの犬たちはもちろん、疾患、障がいをもっている子たちにとっては日々の治療のほか、日常的な食事管理やケアも重要になります。
シェルターでは治療にかかる費用が月平均47万円、そこに光熱費5万円、食事・サプリメント他18万円、その他雑費5万円を合わせると月平均約75万円の運営費がかかっております。
季節の変わり目で体調を崩す子が増えたり、大きな疾患を持つ子がいる場合は、さらに費用が増えます。継続的にご支援いただいたご寄付はそのような日常的な治療費・運営費に使わせていただきます。

 

 

小さな命がこぼれ落ちてしまわないように。

 

ここまでお読みいただきありがとうございます。私たちはできるだけ多くの犬たちを受け入れ、良いご縁を結びたいと思っております。

 

シニアでも、疾患があっても、できるだけ安定した状態になるように治療し幸せになってもらいたい。

様々な事情をかかえ譲渡につながらない子やご縁が結ばれない子には、適切な医療や食事、環境のもと、少しでも長く穏やかに過ごし旅立たせてあげたい。

 

生まれてからずっと劣悪な環境にいた子は身体もボロボロですが、心も不安定で、人間に心を閉ざしてしまうことが多いのです。

ケンの家の子たちは、障がい・疾患をもっていたり、過酷な環境を経験していたりと様々な事情を抱えている子が多いですが、皆、自由にのんびり過ごしながら私たちにたくさんの笑顔をくれます。 人間からひどいことをされていたとしても、この子たちは人間にやさしいのです。

 

そんな皆の幸せを守りたい、そしてこれからも、できるだけ多くの犬たちを救いたいと思っております。そのためにも継続的なご寄付のご協力をいただけましたら幸いです。

 

 

支援者の方への情報提供と説明責任を心がけます


さて最後になります。

過去数回、期間限定のクラウドファンディングを実施して参りました。そのなかで心がけてきたことは、皆さまからのご支援金の使い道についてです。折に触れ、ホームページ、ブログ、SNS等で、具体的にお知らせしてきました。今後もその姿勢は変わりません。

 

 

ボランティアスタッフ中心の運営体制ゆえ、逐一ご報告できないのが心苦しくもありますが、これまで同様定期的(現在は2カ月に1回)にご報告させていただきます。

極力、情報発信を心がけて参ります。ご支援のほど、何卒よろしくお願いいたします。

 

 

以下で適宜、情報発信しております。

 

ホームページ

https://kens-house.com/

 

ブログ

https://profile.ameba.jp/ameba/kenshouse2011/

 

facebook

https://www.facebook.com/kenshouse.116

 

Twitter

https://twitter.com/kennoyeah

 

Instagram

https://www.instagram.com/kenshouse.116/

 

YouTube

https://www.youtube.com/channel/UCIzPc7yNG3iqxVUZjY6DBXw

寄付金が充てられる事業活動の責任者:
浅川晶枝(ケンの家)
団体の活動開始年月日:
2002年10月1日
団体の法人設立年月日:
2011年4月1日
団体の役職員数:
2~4人

活動実績の概要

高齢・シニア犬や疾患、障がいがある犬を中心に約20年にわたり活動を続けてきた「ちっちゃな、保護犬支援団体」です。これまで約700頭のわんこを保護し、約300頭を看取ってきました。 悪徳ブリーダーによる無理な繁殖、劣悪な環境により、見かけは健康そうに見えても内臓疾患等を抱えている子たちはたくさんいます。また生体販売からの個人の安易な飼育・放棄も問題です。私たちの活動がなくなることこそが願いです。

あなたのシェアでプロジェクトをさらに応援しよう!

    https://readyfor.jp/projects/kenshouse2022?sns_share_token=
    専用URLを使うと、あなたのシェアによってこのプロジェクトに何人訪れているかを確認できます
  • Facebook
  • X
  • LINE
  • note

プロフィール

ケンの家は神奈川県横浜市にシェルターを構え、主にシニア犬、障害犬の救済活動を行っている、ちっちゃな、保護犬支援団体です。

あなたのシェアでプロジェクトをさらに応援しよう!

    https://readyfor.jp/projects/kenshouse2022?sns_share_token=
    専用URLを使うと、あなたのシェアによってこのプロジェクトに何人訪れているかを確認できます
  • Facebook
  • X
  • LINE
  • note

プロフィール

ケンの家は神奈川県横浜市にシェルターを構え、主にシニア犬、障害犬の救済活動を行っている、ちっちゃな、保護犬支援団体です。

あなたにおすすめのプロジェクト

注目のプロジェクト

もっと見る

新着のプロジェクト

もっと見る