プロジェクト終了報告

2019年03月03日

大泰寺、不動明王像修復プロジェクトの終了を報告します。

前回のメッセージでも、お伝えしましたとおり、3月28日に不動明王様の開眼法要を行います。

今回、皆様のご支援を受けて、修復が進んでおりますが、このプロジェクトがなかったら、今頃はどのような状態だったのかと、皆様のご支援に感謝し直す毎日でございます。

 

また、開眼法要のお知らせには、多くの方が心温まる応援のお言葉をお書きくださり、ご支援に応えるために頑張らねばと、日々精進しております。応援のお言葉についても、この場をお借りして、御礼申し上げます。

 

さて、大泰寺の仏像修復プロジェクトですが、プロジェクト終了の期限というものが設定されておりますので、開眼法要のお知らせを発送し、リターンを送付し終わった2月末日をもちまして、一旦はプロジェクトの終了を

宣言させて頂きます。

 

もちろん、これで皆様との縁が切れるわけではありません。

また、目標額には届きませんでしたが、ネクストゴールの

聖観世音菩薩も現在修復中です。完成は5月を予定しています。

その際は、またご連絡もしますし、開眼法要に参加されなくても、いつでも遊びに来て頂ければ結構です。今回のプロジェクトをよき縁として、今後もお付き合いして行ければ、うれしいです。今後とも、大泰寺をごひいきにお願いします。

 

本来は完成した写真を載せるべきですが、現在修理中と言うことで、開眼法要の写真を改めて掲載し、ご報告させて頂きます。ご了承ください。

 

また、下記に大泰寺の今後の予定を記しておきますが、大泰寺では5月より民泊事業を開始する予定です。大泰寺に来訪の際は、宿泊もできますので、ぜひご一報ください。

 

[収支報告]

不動明王像修復費        約700,000円

観音菩薩像修復費        約300,000円

念珠などリターン準備費     約150,000円

リターン送料・お知らせ郵便代金 約  20,000円

その他プロジェクトの実行に必要だった事務経費 50,000円

(掲載用写真撮影料、仏像見学会準備費など)

 

[今後の大泰寺の活動]

4月16日(火)開山忌

4月末より 和歌山県立博物館の企画展に不動明王像、毘沙門天像など出陳*

*以後、7月まで不動明王像は県立博物館に貸し出ししております。

5月11日(土)~13日(月) 花祭り(大泰寺では旧暦の4月8日を中心に行っています)

*本尊 薬師如来ご開帳

5月半ばより民泊開始

7月初め 不動明王像、毘沙門天像などが大泰寺にお戻りになります。