こんにちは!

いつも応援、ありがとうございます!

 

今日は、私がなぜこのプロジェクトを立ち上げようと思ったのか。

このプロジェクトの先に、「どんな世界」を見たいと思っているのか。

 

そして、なぜ「募金」ではなく、「教育支援」なのか?

なぜ、「小山先生」「いのちの紙芝居」なのか?をお伝えしたいと思います。

 

私がフィリピンのダバオ市に移住してから、今年で11年目になります。

 

その間この土地で、沢山のフィリピン人と接してきました。

その中には、親がいない子供たち、ゴミ山に住む子供たち、そしてその親御さんたちもいます。

 

 

でも、フィリピン人全体にいえることですが、とにかく明るい!

笑顔が素敵、ポスピタリィーにあふれ、人に優しい。

そして、なにより「今」を楽しく生きる天才!でもあります。

歌やダンスが大好きで、街中やスーパーの中でもよく大きな声で歌っています(笑)

 

過酷な環境で育っている子供たちも、たまにそこを訪れ、カメラを向けると、とっても素敵な笑顔で応えてくれます。

 

そんな素敵な笑顔を見るたびに、こちらまで元気をもらえ、学ばせてもらうことも沢山あるのですが、いつも感じていた、ある種の「違和感」。。。

 

長い間、その「違和感」は、自分の中で適切な言葉に変えることができないまま、私の心の中にありました。

 

そして、私にはとてもシンプルな「疑問」がありました。

 

全体的に「今」を楽しむスキルを持っている。人に優しく、おおらかで、分け与える精神が旺盛な彼ら。

 

なのに、なぜ彼らは豊かになれないのだろう?

なぜ、いつも人生に困難を抱えているのだろう?

どうしてだろう?

 

その理由が11年間この土地に住み、彼らと接している中で少しずつ分かってきました。

 

そこには、一つの要因として、歴史的背景がありました。

 

フィリピンは、約400年もの間、他国の植民地下にありました。内、スペインに300年以上、その次はアメリカ、そして私たちの国、日本。。。

 

変わりゆく政権、安定しない政治・経済、戦争と敗北。

その中で人々は次第に「希望」や「自信」を失っていきました。

 

まじめにやっていても、頑張っていても、他の国がやってきて、すべてを壊してしまう。

政治も安定しないため、人々の暮らしも安定しない。

昨日のイエスは今日のノー。

それなら、未来に期待なんてしない。

自分たちの国なんて、たいしたことない。

フィリピンなんて、フィリピン人なんて。

いつか、よその国に出たい。

 

「どうせ。。。」「どうせ。。。」

 

だったら、今を楽しく生きよう!

どうせ、明日はどうなるのか分からないのだから。。。

どうせ、未来に希望はないのだから。。。。

 

そうなのです。彼らが「今を楽しく生きよう」とする原点は、「恐れ」「不安」からだったのです。

ホスピタリティーにあふれ、人に優しいのは、「たくさんの悲しみ」を知っているから。。。。

 

 

一年半くらい前に、私は尾崎里美先生のイメージングの講座を受けました。そしてその後、北海道の佐々木ファームさんの「大地の学校」を受講したときに、望む未来を創造していくときにとても「大切なこと」を教わりました。

 

それは、その始まりが「愛」や「喜び」ベースであるということ。

始まりが「愛・喜び」か「恐れ・不安」かで、創り出す未来は全く違うものになるということ。

 

これだ!!と思いました。

これを、フィリピンの子供たちや大人たちに伝えたい!

 

そして、尾崎先生と佐々木ファームさんの精神を知り尽くしている、小山先生と出逢いました。小山先生は、大人や子供に「Love me=自分を愛すること」も伝えていらっしゃる方。

 

 

LOVE ME

自分を愛するということ。

自分はかけがえのない存在だという事。

生まれてきた命の尊さ。

 

これを、多くの子供たち、大人たちに知ってほしい!

それはそのまま、自分に対する自信、自分の国への誇り、未来への希望・喜びにつながり、そして、フィリピン全体の精神的・経済的豊かさにも繋がります。

 

フィリピンのような発展途上国には、ありがたいことに、日本を含め、世界中からたくさんの資金援助があります。

「お金」はもちろん大切です。

そのお金で、助けられている命が沢山あります。

ほんとうに、ありがたい。

 

でも、貧困層の生活を手助けしているボランティア団体、孤児院を経営している方たちの最も大きな悩みとして、「大人になった子供たちは、結局、その親と同じような人生を送る」

「社会に出ても、なかなか適応できない」ということを良く聞きます。

 

だからこそ、「教育」が必要なのです。

知ること、学ぶことがとっても大切なのです。

なぜなら、私もそのことを知って、人生が大きく変わった一人だからです。

恐れや不安からではなく、愛・喜びから創り出す人生。

そして、その秘訣を知り、毎日を幸せに楽しく生きているたくさんの人達を知っています。

 

 

私は今、とてもワクワクしています。

 

私は見てみたい!

 

素晴らしい素質を沢山持っているフィリピン人。

そんな彼らが、望む未来、喜びに満ちあふれる未来の創り方の秘訣をしったら?

自分を愛するという事、世界は美しく、希望に満ち溢れていることを知ったら?

 

どんな素晴らしい世界が作り出されるのだろう!

 

Tuburanスクールは、そんな教育の、社会の、モデル校になります!

 

これは一種のチャレンジです。

でも、とてもワクワクするチャレンジです。

 

沢山の方が、このプロジェクトに賛同してくださり、応援してくださっています。

本当に、ありがとうございます!!

 

プロジェクト達成まで、あと45万えん。

残り19日です。

 

一緒にワクワクしませんか?

応援してくださるかた、まだまだ募集中です!

 

皆さまの応援を、よろしくお願いします。

新着情報一覧へ