バースデーストーンソープを作っている石けん工房は、大分のラ・コンテスです。

 

ラ・コンテスのバースデーストーンソープ棚

バースデーストーンソープの保管棚

 

 

勿論、薬事法の製造・販売許可を取得している本格的な石けん工房で、長年見て来ていますが、どうも採算より無添加と高品質にこだわっている職人気質な工房なのです。

こだわり過ぎて迷走しているところも見ましたけど。(笑)

かれこれ6年くらい前でしょうか、手作り石けんの無骨な形が許せなかったらしく、手作り石けんの四隅を削った上、石けんを1個ずつピカピカに磨いていました。もう、何のために?というくらいに。

聞けば、市販の石けんのような正方形や長方形のきれいな形状にしたかったということですが、手づくり石けんの風合いが本来その無骨な形じゃないかと意見して、四隅を削るのだけは止めてもらいました。

今でも固形石けんは1個ずつ磨いているようです。どうやら粉が付着したままラッピングするのが許せないらしいです。

 

一見すると神経質そうな顔をしていますね。カメラを向けるとムスッとしました。

 

そんな工房ですから、素材にもこだわりがあり、エステサロン等が使用しているアロマのキャリアオイルの中でも高品質の所謂高級オイルを石けんにどんどん投入して配合してしまいます。

エイジングケアできるほどの美容石けんが出来上がってしまう所以です。

そのおかげで、ホテルオークラ福岡のスイートルームやDXルームのアメニティに固形ソープが採用されたのですが、それにしても職人気質とはよく言ったものだと思うわけです。

 

Manon(マノン) ホテルオークラ福岡のアメニティー用はこの石けんを7mmに切ったものです。アルガンオイル20%配合の正に最高峰。

ホラ、磨いているからこんなにきれい。

 

商売っ気がないというか、人が良いというか、少し心配なくらいです。

そんな石けん工房ラ・コンテスに、私は原材料であり価格が高騰しているアルガンオイルをこのプロジェクトの支援金から寄贈したいと思っています。

また、新商品開発にも使わせていただき、新たな商品を増やして行きたいと考えています。

 

いよいよプロジェクトも後半を迎えましたが、引き続き宜しくお願い致します!

 

 

新着情報一覧へ