READYFOR
クラウドファンディングとははじめるさがす
購入型

開港150年を迎える新潟でドイツ領事館跡記念碑を建立します!

和田直樹

和田直樹

開港150年を迎える新潟でドイツ領事館跡記念碑を建立します!

支援総額

12,000

目標金額 200,000円

支援者
3人
残り
終了しました
募集は終了しました
0お気に入り登録0人がお気に入りしています
このクラウドファンディングは達成しませんでした。支援予約はすべてキャンセルとなり、返金が行われます。

0お気に入り登録0人がお気に入りしています

プロジェクト本文

開港150周年を機に

新潟の将来のために尽力したドイツ人領事の記憶を

若い世代に伝えたい!

 

Guten Tag!! Ich heiße Wada Naoki.

はじめまして!新潟日独協会理事の和田直樹と申します。学生時代にドイツ留学をしたことを縁に、社会人になった今も新潟にいながらドイツと関わることがしたいと思い、新潟日独協会の青年部代表として活動しています。

 

新潟とドイツ…と言いながら、少し前までは、具体的に新潟にどのような歴史があったのか、どのようなビジネスのつながりがあるのかなど、実はあまり知りませんでした。そうした中、協会会員による歴史研究で、明治初期に若干29歳のドイツ人青年が、当時としては最長の約13年間、異国の地・新潟で領事を務めていたことがわかりました。そして、同世代の一人として、新潟の発展に尽力されたことに感謝の気持ちを抱くようになりました。また、歴史研究を行った会員たちも同じ気持ちでした。

 

しかしながら、新潟にドイツ領事館があったことや、才気煥発な異国の若い領事が開化の町新潟の将来に思いを馳せ、秘めた力を引き出すべく動いていたことが、新潟市民・県民に知られていなかった事実がありました。新潟とドイツをつなぐ交流活動に取り組む新潟日独協会にとって、また、新潟とドイツの若者同士の交流を進める青年部にとって、この若い領事の功績や領事館の記憶を後世に伝えることで、新潟の発展に貢献できるのではないかと考えるようになりました。

 

そこで開港150年に合わせて

新潟ドイツ領事館跡に記念碑を建立します。

そのためには500万円が必要です。

どうかご協力いただけないでしょうか?

 

新潟港のこれからを考える市民・県民、国際交流に携わる方、

新潟に関心を寄せるドイツの方など、

さまざまな方からの浄財で建てたいと考えています。

 

*記念碑の建立イメージです。

 

 

そもそも新潟日独協会とは?

 

新潟日独協会は、新潟とドイツとの交流促進に向けたさまざまな活動に取り組んでいるドイツ好きの仲間の集まりです。1977年5月26日に、新潟大学医学部の医師を中心に設立し、全国日独協会連合会に参加しています。

当協会の活動は、年次総会やクリスマス例会&パーティー、ドイツの歴史や文化を学ぶ「日独ゼミナール」の開催、新潟ドイツ映画祭・新潟オクトーバーフェスト・各種音楽コンサートへの後援などを行っています。

 

 

その中で私は、まだ2015年に発足したばかりの新潟日独協会青年部に所属しています。青年部は、45歳以下の会員で構成されるドイツに強い関心を持つ若者の集まりで、社会人メンバーは、学生時代にドイツ語を学んでいたり、留学や旅行でドイツとの交流があり、ドイツとの文化交流を肌で感じていたいと思っています。また、学生メンバーはドイツ文化を学ぶと同時に、社会人との交流を行っています。

 

主に新潟市内(または県内)での、ドイツとの交流促進に向けた、さまざまな活動を行っています。ドイツ人への新潟観光案内や若手会員によるドイツ語勉強会の開催、ドイツ大使館パーティーへの参加など、少しずつ活動が広がってきています。

 

 

 

実は、青年部メンバーの主軸がドイツ人領事と同じ29歳

 

青年部は、現在、大学生から30代半ばまでの社会人が所属しており、特に主軸となるメンバーは、ドイツ人領事が新潟に来港した年齢と同じ29歳です。彼ら、私たちは、社会人として本業がありながら、あるいは結婚・転職という人生の転機を迎えながら、ドイツに向けた強い関心や情熱により、様々な活動に取り組んでいます。

 

〇お茶会Stammtisch(定期ミーティング)

青年部メンバーが定期的に(年3~6回)集まり、メンバー同士近況報告やドイツに関する情報交換などを話し合う場です。日独協会や青年部の活動に興味のある人の顔合わせもあります。読書会と併せて開催することが多いです。

 

〇読書会Sprachcafé

カフェや会議室などで、定期的にドイツ語勉強会を開催しています。かしこまった会というよりは、読書会やボードゲーム会など気軽におしゃべりを楽しんでいます。また、来県のドイツ人が飛び入り参加することも???

 

〇キャンプ・BBQ(於 十日町市まつだい・竹所)

当協会顧問である古民家再生の建築家であるカール・ベンクス氏が手掛ける十日町市松代の古民家再生集落を訪問し、日本とドイツの建築について学ぶ機会を得ています。その後は、日本一の棚田を背景に、キャンプ・BBQでメンバー同士の親睦を図っています。

 

〇ドイツ人留学生との市内観光

新潟に来県されるドイツ人留学生や社会人をアテンドし、いっしょに新潟観光やBBQなどをして親睦を深めます。

 
 

〇ドイツ大使館パーティーへの出席

駐日ドイツ大使のご厚意で開催される大使公邸でのパーティーに、全国の日独協会若手会員が招待されています。当協会の青年部メンバーも、毎年出席させていただき、他の都道府県の青年部メンバーとの交流を楽しんでいます。

 
 

〇定期パーティー(総会・クリスマス会) 

(青年部主催ではありませんが)新潟日独協会全体のパーティーが年2回開催されています。経験豊富な先輩会員と交流するほか、ドイツ語圏からの留学生や在日ドイツ人の方を招待し、交流しています。

 

 

ドイツ領事の名は…?

 

新潟ドイツ領事館は、開港の年から1882(明治15)年までの約13年のあいだ開設されていました。新潟にあった4つの外国領事館のなかでもっとも長く、また最後まで設けられていたのが、このドイツ領事館です。

 

参考:明治の新潟にあった外国領事館

〇イギリス 1869年2月~1872年10月、1876年7月~1879年10月

◎ドイツ  1869年9月~1882年7月

〇オランダ 1869年11月~1870年8月

〇アメリカ 1870年10月~1870年11月

 

領事は、貿易商人でもあった「ライスナー」が継続的につとめました。「ライスナー」はドイツ西部の町クレーフェルトの有力商家の生まれで、新潟領事となった時はまだ29歳でした。

 

新潟港で居留外国商人が活動していた明治前半期、そのほとんどはドイツから来た商人たちでしたが、領事館はその彼らの商業活動を支える機能を果たしていました。いわば、開港場らしい港の姿を支え続けたのがドイツ領事館でした。特に後半期の所在地(下大川前通三ノ町)は、当時は信濃川の河岸に位置し、後に架けられた新潟市を代表する橋・萬代橋にも近いことから、まさに新潟開港を象徴するにふさわしい場所と言えます。

 

 

新潟ドイツ領事館について

 

1869(明治2)年9月

ライスナーが来港しドイツ(北ドイツ連邦)領事館が開設される(所在地は本町通七番町)。

 

1872(明治5)年6月

ドイツ帝国領事館に改められる。

 

1877(明治10)年1月

下大川前通三ノ町へ移転する。

 

1882(明治15)年7月

ライスナーが離港し領事館が閉鎖される。

 

 

 

新潟ドイツ領事館後記念碑を建立するために必要な経費

 

このプロジェクトは、今年のはじめから新潟市民・県民向けの呼びかけから始まっています。総目標額500万円に対して、1次締め、2次締めと浄財のお願いをしてまいりましたが、まだ目標に到達しておりません。

 

2019年4月20日に完成披露除幕式を予定しておりますが、その前日には、全国日独協会連合会の総会を、新潟で初開催する番となっており、他都道府県からの来賓も多く予定されております。全国日独協会連合会総会の予算とはしっかり区別しておりますが、多くの来賓を迎えての完成披露除幕式を考えているため、その費用も必要です。

 

2019年4月20日までに、「新潟ドイツ領事館跡記念碑」を1基作成し、完成除幕式を行ったことをもって、プロジェクトを終了します!

 

ぜひ、皆様の浄財による記念碑建立にご支援をお願いいたします。

 

以下、新潟日独協会会長からの趣意書です。
 

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

 

新潟ドイツ領事館跡記念碑建立 趣意書

 

新潟港は明治初めに開港五港の一つとして国際貿易に開かれてから、2019年に150年の歴史を刻むことになります。

 

信濃川、阿賀野川という大河が日本海に注ぎ込む河口にある新潟港は、当時すでに北前船をはじめ大小の帆船が往来する賑わいの地でした。外国に開かれたときには欧米の四カ国が新潟に領事館を置きました。その中でもドイツ領事館は約十三年と他国に比べても長い足跡を残しています。それも一人の領事が継続的に駐在していた点でも他とは際立っています。領事館の跡地が信濃川左岸にあったことも分かりました。

 

海の風、川の風がわたる砂丘の地に水の恩恵を受けながら活気あふれる港町となっていた新潟には、他の開港場とは趣を異にした営みが広がっていました。明治に入り、新潟県は日本一の人口を誇る時期を迎えます。遠い故国に思いをめぐらせながら活動を続けたドイツ領事は、信濃川に広がる光景を日々見ながら、水都新潟だけでなく県全体の発展の可能性を感じ取っていたのかもしれません。

 

領事館のあった場所に記念碑を造りたいという考えに至ったのは、ドイツ領事館が存在したことを後世に伝えたいというだけではありません。才気煥発な異国の若い領事が開化の町新潟の将来に思いを馳せ、秘めた力を引き出すべく動いていた事実です。その記憶を残すことは、この地域の発展に貢献していく若い世代へのメッセージになると信じます。

 

記念碑の建立は新潟日独協会員だけでなく、新潟港のこれからを考える市民、県民、ドイツに限らず国際交流に携わる人、さらに新潟に関心を寄せるドイツ人をはじめさまざまな人の浄財によって建てたいと考えました。新潟がますます大きい国際都市となることを願って、ここにご協力を呼びかける次第です。

 

新潟日独協会

会長  渡辺隆

副会長 桑原ヒサ子

副会長 小林昌二

 

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

 

 

記念碑建立と募金計画

 

1.記念碑建立予定地

 新潟ドイツ領事館跡地

 (新潟市中央区下大川前通三ノ町・新潟グランドホテル第二駐車場敷地角)

 ※建立用地は新潟グランドホテル様が無償で提供して下さいます。

 

2.募金目標総額

 500万円

 ※最低目標額350万円として、以下の内訳を予定しております。

  照明の縮小や工事費/デザインフィーの価格交渉によりプロジェクトは実行する見込みは立っています。

 

  ・記念碑デザイン、施工管理   400,000円

  ・植栽工事           600,000円

  ・記念碑製作          2,200,000円

  ・舗装・外構工事        600,000円

  ・照明             800,000円

  ・ガーデンファニチャー     180,000円

  ・完成披露除幕式        180,000円

  ・クラウドファンディング手数料 40,000円

 

3.除幕披露予定日

 2019年4月20日(土)

 

 

賛同人一覧

 

2018年2月15日現在、下記の皆様から趣旨にご賛同いただいております。

(五十音順・敬称略)

 

浅見 直(長岡療育園医師)

アンティエ グメルス(画家、在ドイツ)

五十嵐瑠美子(新潟県洋舞踊協会会長)

石田三夫(新潟県商工会連合会会長職務代行副会長)

伊藤善允(新潟郷土史研究会会長)

諌山 正(「みなとまち新潟の社会史」監修者)

上原誠一郎(画家)

ヴォルフガング ボックホルト(新潟日独協会顧問、在ドイツ)

江口 歩(有限会社ナマラエンターテインメント代表)

大熊 孝(新潟市潟環境研究所所長)

大倉 宏(砂丘館館長)

大越章吾(日本歯科大学新潟生命歯学部教授)

大杉一宏(新潟青年会議所理事長)

大橋武紀(NST新潟総合テレビ代表取締役社長)

小川 健(佐渡汽船代表取締役社長)

小田敏三(新潟日報社代表取締役社長)

小田良彦(新潟日独協会顧問)

小松茂樹(新潟信用金庫理事長)

折笠正弘(平出修研究会事務局長)

カール ベンクス(建築デザイナー)

神田勝郎(北方文化博物館館長)

神林恒道(新潟文化の記憶館館長)

桒原美樹(UX新潟テレビ21代表取締役社長)

小島富美子(にいがた湊あねさま倶楽部代表)

小林幸子(歌手)

斎藤正行(新潟・市民映画館シネ・ウインド代表)

笹川 力(新潟市民病院名誉院長)

佐藤隆夫(BSN新潟放送代表取締役社長)

塩田純一(美術評論家、水と土の芸術祭アート・ディレクター)

清水不二雄

新田見登(新潟ドイツワイン協会会長)

鈴木英介(みなと・さがんプロジェクト代表)

関 昭一(新潟青陵学園理事長)

高橋 姿(新潟大学学長)

高橋 浩(日本通運新潟支店長)

田中榮一(富士運輸代表取締役社長)

德永健一(郷土の文化に親しむ会会長)

中山輝也(新潟県国際交流協会理事長)

南波秀憲(リンコーコーポレーション代表取締役社長)

野内隆裕(路地連新潟代表、日和山五合目館長)

能登武史(アートミックスジャパン実行委員会副会長/総合プロデューサー)

長谷川義明(元新潟市長)

長谷川了(新潟縣信用組合理事長)

平山征夫(元新潟県知事)

福田勝之(新潟商工会議所会頭)

堀 一(新潟県中小企業団体中央会会長)

堀川 武(新潟市国際交流協会代表理事)

本間達郎(新潟県港湾空港建設協会会長)

真壁伍郎(元いのちの電話理事長)

務台昭彦(TENYテレビ新潟放送網代表取締役社長)

矢澤健一(新潟県立歴史博物館長)

山本善政(新潟経済同友会筆頭代表幹事)

芳野 昇(長岡日独協会理事長)

渡辺敏彦(新潟日米協会会長、新潟総合学園副理事長)

 

 

私たちが皆様にお返しできること

 

前述のとおり、このプロジェクト自体は今年のはじめからスタートしており、すでに多くの新潟市民・県民の皆様からご支援をいただいております。また、ご寄付いただいた皆様に対しては、記念碑建立の趣旨から、特別なお返しは行わなず、新潟日独協会のホームページ上にてご芳名を掲載させていただくことのみとさせていただいております。

 

*すでにご寄付いただい方々のご芳名はこちら

 

よって、このクラウドファンディングを通じて、ご支援いただいた皆様に対しましても、同様のお返しとなってしまうこと、どうかご理解賜れれば幸いです。

 

何よりも、皆様からのご支援に感謝し、新潟とドイツをつなぐ架け橋となり、新潟の発展に寄与していく取り組みを続けることが大切と考え、新潟日独協会として、ひいてはその中でも青年部として、明治初期のドイツ人青年領事に思いを馳せながら活動していきたいと考えております。

 

どうぞご支援のほど、よろしくお願いいたします!

もっとみる
プロフィール
和田直樹
和田直樹
新潟日独協会 理事 Vorstandsmitglied, Japanisch-Deutsche Gesellschaft Niigata 2003年と2010年に訪独経験を持ち、2017年5月から新潟日独協会で理事をしています。2018年4月からは、青年部(若手の会)代表とホームページ・SNS担当をしています。ドイツの法律「ビール純粋令」の制定日(1516年4月23日)と同じ誕生日なのが売り文句!

リターン

2,000

気軽に1口ご支援コース

・新潟日独協会ホームページ上にてご芳名を掲載させていただきます。
・御礼メールを送付させていただきます。
・会員限定のメルマガを送付させていただきます。

支援者
2人
在庫数
制限なし
発送予定
2019年2月

4,000

気軽に2口ご支援コース

・新潟日独協会ホームページ上にてご芳名を掲載させていただきます。
・御礼メールを送付させていただきます。
・会員限定のメルマガを送付させていただきます。

支援者
0人
在庫数
制限なし
発送予定
2019年2月

6,000

少し奮発3口ご支援コース

・新潟日独協会ホームページ上にてご芳名を掲載させていただきます。
・御礼メールを送付させていただきます。
・会員限定のメルマガを送付させていただきます。

支援者
0人
在庫数
制限なし
発送予定
2019年2月

8,000

少し奮発4口ご支援コース

・新潟日独協会ホームページ上にてご芳名を掲載させていただきます。
・御礼メールを送付させていただきます。
・会員限定のメルマガを送付させていただきます。

支援者
1人
在庫数
制限なし
発送予定
2019年2月

10,000

まとまったご支援5口コース

・新潟日独協会ホームページ上にてご芳名を掲載させていただきます。
・御礼メールを送付させていただきます。
・会員限定のメルマガを送付させていただきます。

支援者
0人
在庫数
制限なし
発送予定
2019年2月

20,000

まとまったご支援10口コース

・新潟日独協会ホームページ上にてご芳名を掲載させていただきます。
・御礼メールを送付させていただきます。
・会員限定のメルマガを送付させていただきます。

支援者
0人
在庫数
制限なし
発送予定
2019年2月

30,000

まとまったご支援15口コース

・新潟日独協会ホームページ上にてご芳名を掲載させていただきます。
・御礼メールを送付させていただきます。
・会員限定のメルマガを送付させていただきます。

支援者
0人
在庫数
制限なし
発送予定
2019年2月

40,000

趣旨ご賛同大口ご支援20口コース

・新潟日独協会ホームページ上にてご芳名を掲載させていただきます。
・御礼メールを送付させていただきます。
・会員限定のメルマガを送付させていただきます。

支援者
0人
在庫数
制限なし
発送予定
2019年2月

50,000

趣旨ご賛同大口ご支援25口コース

・新潟日独協会ホームページ上にてご芳名を掲載させていただきます。
・御礼メールを送付させていただきます。
・会員限定のメルマガを送付させていただきます。

支援者
0人
在庫数
制限なし
発送予定
2019年2月

100,000

趣旨ご賛同大口ご支援50口コース

・新潟日独協会ホームページ上にてご芳名を掲載させていただきます。
・御礼メールを送付させていただきます。
・会員限定のメルマガを送付させていただきます。

支援者
0人
在庫数
制限なし
発送予定
2019年2月
プロフィール
和田直樹
和田直樹
新潟日独協会 理事 Vorstandsmitglied, Japanisch-Deutsche Gesellschaft Niigata 2003年と2010年に訪独経験を持ち、2017年5月から新潟日独協会で理事をしています。2018年4月からは、青年部(若手の会)代表とホームページ・SNS担当をしています。ドイツの法律「ビール純粋令」の制定日(1516年4月23日)と同じ誕生日なのが売り文句!

あなたにおすすめのプロジェクト

めざせ!本郷のまち【100人】のサポータープロジェクト

NPO法人街ing本郷(まっちんぐほんごう)NPO法人街ing本郷(まっちんぐほんごう)

#地域文化

累計支援者数
11人
継続会員数
2人

神戸初の木灰そば専門店を

萩原 弘也萩原 弘也

#フード

0%
現在
0円
支援者
0人
残り
33日

注目のプロジェクト

新着のプロジェクト

プロジェクトの相談をする