9月11日〜20日までアメリカアラバマ州バーミンガムで開催された「2015NAGAチャンピオンシップ」に日本選手3人と共に参加しました。

 

12月の写真展に備え、そこでもたくさんの写真を写してきました。上の写真はこのプロジェクトのトップ写真に使用されているアメリカ選手の写真です。車いす用の特別カートを使ってコース内を縦横無尽に駆け回る彼は今回も力強いプレーを見せてくれました。

 

 

また、こちらは両下腿切断の選手です。彼は試合の3ラウンドをすべて70台でラウンドし、総合3位に入りました。

 

10年前から知っている選手ですが、かつては平凡なアベレージプレーヤだったのに最近は優勝争いに加わるまでに成長し驚かされます。

 

 

女性も頑張っています。彼女は女子の部2位に入った下腿切断の選手です。いつもファッショナブルな義足で登場し力強いプレーを見せてくれます。

 

今回のアメリカでもたくさんの障害者プレーヤーから元気を貰いました。

 

写真だからこそ伝わる障害者ゴルフのパワーを皆様にも写真展を通じて知っていただきたいと願っております。

新着情報一覧へ