こんにちは。ダイバーシティ工房の久野です!


10月20日(月)に、第二回目の「ことばのワークショップ」を開催しました。

(8月にプレを行っているので、今回が二回目となりました!)

 

※ことばのワークショップとは?

 中高生たちが自分を表現する場として、

 自由に考えたり、書いたり、話したりすることを目的としています。

 

 

今回のテーマは、「無駄話研究」。
どんなことでもいいから、話してみよう。
話したことをメモしたり、観察してみたりして、「研究」しよう。
という内容です。

 

(講師の下窪さん。ステキな笑顔です!)

 

 

第二回目ですが、参加者の5名の方は全員初参加だったので、
まずは「ワークショップ」ってなんだろう?というところから始めました。

 

「工事現場とかで使う道具が売っているところ?」
「それは、ワークマン!」

など面白いやりとりもありつつ(笑)、

 

「ワークショップは、工事現場みたいなものかもね」

と下窪先生は仰っていました。


さて、ワークショップ本編ですが、
「無駄話」と言われても…と、なかなか話が出なかったため、

テーマ選びから始めました。

 

「生まれてきてよかった、と思う瞬間についての話が聞きたい」
「例えばそれってどんなとき?」

「モヤモヤが晴れたときとか、考え方が変わった瞬間とか…」
「最近はまっているものの話でもいいの?」といろいろな意見が出ました。

 

とりあえず、思いついた人から話し始めてみることに。

 

(いろいろな話が飛び交います)

 

話をしているうちに悩み相談のようになったり、好きなアニメの話をしたり、
テーマに忠実に「考え方が変わった瞬間」を話したり、

 

話したいことがあふれ出てくる人もいれば、少し話しにくそうな人もいました。
話を聞くときも、あまり興味がない話題だと眠くなってしまう人もいました。


最後は、今日自分が話したことを書いてみよう、ということで、
各々机に向かって、文章を書きました。

 

(喋ったことを書いてみる。もくもくと集中!)

 

仕上がりも様々で、
「話すことはどんどん思いつくけど、書こうと思うと書けない」という人、
「話しているときは長く話した気がするけど、書いてみると少ない」という人。
いろいろな意見が出ました。

 

下窪先生からは、
「書くときは、とことん具体的に書いてみると、いっぱいな文章が書けます。
 小さなことに思いをめぐらすと、書くことが浮かんでくるかも」

とアドバイスがありました。

 

1時間半はあっという間に過ぎ、教室が閉まる21時まで、

色々な話をしていってくれました。

 

10月に本格開始したばかりの中高生SST、まだまだ

手さぐり状態ですが、参加してくれる方と一緒に、

少しずつ作り上げていきたいと思っています。

 

ダイバーシティ工房HPでも活動のご報告をしていきます。

引き続き、どうぞよろしくお願いいたします。

 

NPO法人ダイバーシティ工房 久野 恵未

 

新着情報一覧へ