先日、ワークショップに参加し、多様なメンバーで「読書感想文の可能性」について対話し、様々な切り口をいただきました。 

新着情報一覧へ