前回の更新から約一カ月たってしまいました。

間隔が開いてしまいまして、大変申し訳ありません。

 

さて、今回は1月にドンボスコ孤児院から送られてきたレポート

をもとに子どもたちのサークル活動についてご紹介いたします。

 

子どもたちの興味や才能を育成するために”子ども育成室”では、

いくつかのサークルを設け、子どもたちが自由の時間を有効活用できるようになりました。

 

テムル君、ウルジ君は刻印を

イデレ君、エンフトル君は彫刻を

ムンフバヤル君はレザークラフトを

エンフボルド君は絵画をそれぞれしています。

 

子どもたちは自由時間にそれぞれの趣味あるサークル活動に積極的

に参加し、楽しく過ごしています。

 

写真は泥遊びしている様子(何を作っているのでしょうか)

 

それ以外にトクソー(ボラ)君、セギー君、イデレ君、バラサ君、エンフトル君たちはモリンホール(馬頭琴)の演奏を習い始めました。

 

今度もしドンボス孤児院を訪れる機会があれば、

子どもたちのモリンホール(馬頭琴)の演奏を聴けるかもしれないです。

 

子どもたちのこれからの成長がとても楽しみです。

 

今回の新着情報はシジルが更新しました。

新着情報一覧へ