クラウドファンディングとははじめるさがす
購入型
成立

見える人も見えない人も楽しく遊べるパーティゲームを作りたい!

濱田隆史

濱田隆史

見える人も見えない人も楽しく遊べるパーティゲームを作りたい!
支援総額
1,067,000

目標 800,000円

支援者
87人
残り
終了しました
プロジェクトは成立しました!
7お気に入り登録7人がお気に入りしています

7お気に入り登録7人がお気に入りしています
2015年05月25日 11:36

皆で遊べるボードゲーム体験会を開催しました。

 

5月25日に国立市谷保にあるchika-baにて視覚障がい者と晴眼者、みんなで一緒に遊べるボードゲーム会を開催いたしました。(http://www.chika-ba.com/#/)

 

 

 

このイベントでは、視覚に障がいのある方とそうでない方が1つのテーブルを囲み、みんなでゲームを楽しもうという趣旨のもので、今回が3回目となります。

元々は私たちの作った「アラビアの壺」を皆さんに知ってもらう場として始めたものでした。

 

 

ですが現在では有志の方にお持ちいただいたボードゲームを視覚障がいをお持ちの方と一緒に、どうやったら一緒に遊べるか、ルールをみんなで考えて遊んでみる、そういったワークショップの意味合いが強くなり、「遊ぶ場」から「遊びながら考える場」になりつつあります。

 

今回は15人程集まり、そのうち3分の1の方が程度に差はありますが、視覚に障がいをお持ちでした。

 

テーブルに分かれてまずは「ダッタカモ文明」「かたろーぐ」など、コミュニケーションを楽しむゲームを皆で遊んでみました。

 

 

 

参加者の中にはこういったゲームを初めて体験される方もいらっしゃり、最初は戸惑う場面もありましたが1時間ほどで皆さんお互いに打ち解け、楽しくゲームを進めることができました。

 

コミュニケーションゲームは、こうやって初対面の人同士でもすぐに打ち解けあうことのできるところに大きな魅力があると改めて感じさせられます。

 

その後は各自時間を見つけて用意された様々なゲームに挑戦されていました。

 

 

 

協力型のボードゲーム「パンデミック」。カードを開示し、その効果を教えあうことで、実際に見えない方でも、ゲームを楽しむことができました。

 

バランスゲームなども、ルールを一工夫することで、皆で問題なく遊べるという発見もありました。

 

 

私たちは新作のゲームを作ることで、視覚障がい者に対する娯楽の格差をなくそうと活動しております。

 

しかし既存のゲームでも、ルールを工夫することで見えなくても問題なく遊ぶことのできるものがまだまだたくさんあるとも感じております。(ボードゲームとTVゲームの大きな違い、それは自分たちでルールを創造できることにあると思います!)

 

これからも体験会等を通じて、皆さんにどんどん遊びを提供していきたいと思います。

 

 

募集期間も終盤を迎えてまいりましたが、あと一息みんなで目標達成を目指しましょう!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一覧に戻る

リターン

3,000円(税込)

1サンクスレター
2HPへの名前掲載
3製造上製品化から漏れたコマ 1個
4OKANAIDEステッカー

支援者
12人
在庫数
制限なし

5,000円(税込)

1〜4に加えて
5ダッタカモ文明の謎 本体 1個(AまたはB、お好きな方をお選びできます)

支援者
23人
在庫数
制限なし

10,000円(税込)

1〜4に加えて
6ダッタカモ文明の謎 本体 2個(A+Bの全2種類セット)
7交流会ご招待券 1回分
8外箱への名前入れ

支援者
45人
在庫数
制限なし

30,000円(税込)

1〜4、6〜8に加えて
9ダッタカモ文明の謎 イニシャル入りコマ 1個
10アラビアの壺 本体 ユニバーサル版 1個

支援者
3人
在庫数
制限なし

50,000円(税込)

1〜4、6〜10に加えて
11あなたの街に出張体験会サービス券 1回分

支援者
3人
在庫数
制限なし

100,000円(税込)

1〜4、6〜11に加えて
12特製 ダッタカモ文明の謎 コマ100個ver. 本体 1個

支援者
2人
在庫数
8

300,000円(税込)

1〜4、6〜12に加えて
13あなたのアイディアで新しいゲームを制作できる権利

支援者
0人
在庫数
2

プロジェクトの相談をする