おはようございます、こんちには、こんばんは!

 NPO法人アースウォーカーズでドイツプロジェクトの担当をしています村田遼太郎と申します。私のプロジェクトページにアクセスして頂いてありがとうございます!

 今回は、私、村田遼太郎がドイツプロジェクトに向ける思いを皆様にお伝えしようと思います。文字制限もあるのですごく手短になってしまいますが、最後まで読んで頂けますと幸いです。

 実は、僕自身は大学院の入試試験を控えており、企画自体には参加出来ないのですが、入試の勉強と同じくらい、プロジェクト達成に向け、頑張っています。プロジェクトページの本文にもある、前回の保養キャンプに参加するまで、政治や日本の未来についてどうしても関心が持てませんでしたが、被災地支援活動を続ける中で今、日本がやらなくちゃいけないこと、僕にできる何かが見えてきたと思っています。 

 脱原発に向け様々な取り組みがなされたドイツ、そのドイツの環境政策や技術が日本の風土と合わせてどれだけ脱原発を実現できるのか僕にはわかりません。しかし、福島の現状を直接見て、触れて、感じている福島の高校生なら、ドイツに行くことによって日本の、福島の未来に繋がる何かを捕まえてきてくれると思います!
 

 最後まで読んで頂きありがとうございました。どうか御助力のほどよろしくお願いします。

 本日8月2日から、毎日更新していきますのでお楽しみに!次回からはプロジェクトに参加する福島の高校生のメッセージを紹介したいと思います!
 最後まで応援よろしくお願いいたします!

 

新着情報一覧へ