カタチは違えど思いの先は一緒!

 

志穂先生とは学びの友であり、同士であり、共に切磋琢磨しながら、母として起業家として共に成長してきました。

 

この絵本は、ママが子供に読み聞かせをすることにより、ママもイライラをリセットし軌道修正。また絵本を見ている子供もママの気持ちというものを感じる、日々の子育てに役立つツールにもなると思います♪ 

この活動はカタチは違えど思いの先は一緒!と思うと私自身も涙が出ます。 

 

ママは偉大です。でも時に心が折れそうになります・・・そんな毎日をこの絵本がニュートラルに戻し、子供との絆を深めてくれると思います。佐藤志穂先生&プロジェクトメンバーさんと共に、大いにこのプロジェクトの成功を祈念しております♪

 

 

自分にも苦しい時期があったからこそ、

今、子供たちには「笑う幸せ」を伝えたい。

 

子供はママが元気でないと心から安心して笑えないものです。不安、遠慮、恐怖…さまざまな感情がありますが、お母さんが元気でいることが一番です。

 

私も遠方より現在の地に嫁ぎ17年になります。習慣風土の違う土地での生活、習慣や考え方、意見の食い違い・・・とうとう うつ病、パニック障害・・・長男の生後一ヶ月でのドクターからの「命の保障はできません…」という状況から、様々な苦難を乗り越えて来て、今があります。子供も4人授かりました。

周りを変えることは難しくても、さまざまな困難を、自分が変わることで乗り越えてこれたのだと思います。

 

困難な周りの状況はなんら変わりません。変わったことといえば自分の気持ちが変わった・・・子供が増えたので励みが増えた。というところでしょうか。でもママが元気でいられる方法は沢山知っています。

 

現在は「ママが元気♪子供も元気♪み~んな元気♪世界平和を家庭から♪」

をモットーに、食とアロマホームケアとメンタルケアで、子育て中のママたちを応援しています。”ママだからこそお家でできること”を発信し、自身の子供の成長過程で学び、実践してきた「ジュニアアスリート応援プログラム」を発信し、研鑽を続けています。

 

 

北海道から長野へ嫁ぎ、頼るところもない状況の中、子供が体調をくずして入院が続いた時に他の子供への対応ができなくて悩んだり…つらくて帰宅することができず、近所の公園で帰宅するタイミングを見計らって長女長男と過ごしながら泣いたり…理不尽なことの多さ…子供への罪悪感…などなど、思い出せば涙の出ることばかりでした。

 

でも自分以外の人は変えられないと割り切り、「今!大切なこと」に集中して、人のせいにせず、笑い飛ばし、時に泣き、切り替え、軌道修正して今があります。

 

そんな、気持ちを切り替える時にも、この絵本は本当にいい本だと確信します。ポスト「ラブユーフォーエバー」!そんなイメージが私の中で広がります。素敵な親子のための絵本の出版を応援しています。

 

 

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

ホワイト モア ライフトレーニング

遠藤有里

 

メディカルアロマ、薬膳、コーチングを取り入れた、

ジュニアアスリート応援、セルフケア、 ホームケア

 

https://www.reservestock.jp/page/reserve_form_month/21030

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

新着情報一覧へ