プロジェクト概要

<最終日のご支援の際のご注意>

15時以降のご支援の際に、銀行振込でご支援いただいた場合、着金が明日となってしまうため、募集終了までの達成率への反映ができません。15時以降にご支援いただく皆様は、恐れ入りますが、クレジットカードでのご支援をいただけますよう、お願い申し上げます。なお、クレジットカードでのご支援が難しい場合には、実行者へのお気軽にお問い合わせください。

 

セーリング競技 FINN sailor 藤村裕二より

 

俺がやります!!誰もやらなかった、やれなかったclassでの奇跡を起こします。みんなが本当に驚く、喜ぶ、涙するような記憶にも記録にも残るような結果を出します。そのための一歩に、アメリカへの武者修行が必要です。応援を是非お願いします!

 

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd

 

初めまして、藤村裕二と申します。

 

2020年東京オリンピックセーリング競技 FINN classでの出場・メダル獲得を目指し活動をしている sailor(セイラー)です。私は、山口県の小さな町の海近くの家で育ち、町のヨット教室でヨットと出会いました。高校は県内のヨット部のある聖光高等学校へ行き、大学は法政大学体育会ヨット部に所属し、社会人になってからも、ずっとプレイヤーを続けています。

 

この東京オリンピックへのチャレンジを一つの集大成として、近年日本人で誰もチャレンジをしていないFINNクラスで、世界へ挑戦します!

 

 

 

50年間にわたり、日本では見られなくなったFINN class

 

セーリング競技のFINNと言うclassはヘルシンキオリンピックからあるもっとも歴史があるclassです。一人乗りでもっとも大きい艇とセイル(帆)を操りダイナミックにプレーをする世界でもファンがとても多いclassでもあります。

 

このFINN classでの日本人のチャレンジは実はここ近年では誰もできていません。その理由は、FINN classが重量級で、フィジカルがとても重要視されるclassであり、日本人の体格に適するするヨットではなかったことなどが挙げられます。

 

 

また50年前は、国体種目でFINN classがあったものの、時代と共に他のclassで日本人の体格に合ったヨットができてくると同時にFINN classが衰退していき、いつの間にかFINN乗りがいなくなり、情報がなくなり、チャレンジするにも情報を得ることが難しいclassになってしまったことも大きな原因の一つです。

 

そのFINNを知る選手は約50年前の東京オリンピック世代・国体世代のレジェンド達だけで、FINN class最新の情報に関しては、日本は完全に世界から取り残されているclassでもあります。

 

しかし世界を見てみると、去年行われたアメリカズカップ(世界最高峰のヨットレース)でも、各チーム内に多くのFINN sailorがクルーとして乗っており、強靭な体を持つFINN sailorは世界でも多くのファンがいるclassです。

 

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd

 

 

誰もやってない!知らない!だからこそFINN classに挑戦したい!

 

東京オリンピック・セーリング競技は、神奈川県の江ノ島が会場であり、自然相手の競技でもあるヨットでは地の利も活かせ、常に本番のレースエリアでの練習ができる環境、付け加えてレースがあるシーズンは日本ではあまり風が強く吹くシーズンではなく、日本人には限りなく有利な環境が予想されます。

 

自然相手だからこそ絶対はないというのが、ヨットレース・セーリング競技の魅力の一つでもありますが、今回の大会は、そんな中でもメダルを目指せる大きなチャンスだと思います。

 

東京オリンピックでメダル獲得をするためには、より多くの情報を得て、世界のレベルに早く追いつき戦う力をつけていく必要があります。そのため、海外での武者修行をこのタイミングでなんとか行うべく、今回のプロジェクトを立ち上げるに至りました!ぜひ背中を押していただければと思います。

 

 

 

アメリカ・サンディエゴ・ロングビーチー世界と戦うための武者修行ー

 

アメリカのサンディエゴ・ロングビーチにはFINNのフリートがあり、盛んに練習や試合が行われています。場所だけではなく、リオ五輪で銅メダルをとったアメリカのカレブ・ペイン選手もサンディエゴで練習をしており、多くの強豪選手と出会うことができます。そんな環境での練習が望めるため、アメリカでの武者修行を決意しました。

 

現地では、現地レベルでの練習、練習試合への参加などを予定しています。

 

■アメリカでの練習期間

2018年11月〜12月のうち約1ヶ月間

 

■資金の使い道

・渡航費          

・現地活動費      

・チャーター(ヨット・コーチボート) 

・手数料・消費税

 

 

 

世界のFINN sailorたちと戦い、日本でもFINN classをメジャーに

 

高いレベルのFINN sailorが多くいる環境で練習を重ねていくことで、技術はもちろん、日本では得ることができないFINNの情報を多く得ることができ、それは世界との差を縮めることに繋がっていくと思います。それは大きな糧となり、地の利を活かせる東京オリンピックでのメダル獲得がより近くなると考えています。

 

またその情報を現地で体感した自分が日本へ持ち帰ってくることで、FINN class自体の情報を日本国内に増やしていき、途絶えてしまっていたこのクラスでの活動を、日本国内でもっともっと盛り上げていきたいと思います!

 

今回クラウドファンディングという形で皆様からのご支援をお願いしているのも、少しでもFINN classについて、知っていただける機会を作れればという思いからでした。このプロジェクトをきっかけに、一人でも多くの応援してくださる方が増えれば、非常に心強いです。

 

世界の背中を追いかける未知へのチャレンジを、後押ししていただければと思います。応援よろしくお願いいたします!

 

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd

 

 

FINN sailor 藤村裕二

 

1983年5月3日生まれ。山口県山口市秋穂で生まれ育つ。小学生時代に地元のヨット教室にてヨットに出会う。聖光高等学校(山口県)ヨット部、法政大学体育会ヨット部(神奈川拠点)にて活動。

 

現在はSunny Side Marina Yacht Clubに所属し、山口県セーリング連盟 強化選手として活動中。セーリング競技FINNクラスでのメダル獲得を目指している。

 

 

実績

2005年 全日本インカレ スナイプクラス 優勝

2009年 JSAF和歌山インターナショナルレガッタ 7位

2012年 第67回国民体育大会 成年シングルハンダークラス 7位

2016年 Laser全日本選手権 スタンダードクラス 6位

2017年 ASAF Sailing Cup JSAF Enoshima Olympic Week 2017    7位

 

活動の様子はこちら!

 

 

 


最新の新着情報