READYFOR
クラウドファンディングとははじめる
さがす
ログインログイン・登録

コロナの不安の中、現場を守り働き続ける介護職員に危険手当を

石井 優二

石井 優二

コロナの不安の中、現場を守り働き続ける介護職員に危険手当を
このクラウドファンディングは達成しませんでした。支援予約はすべてキャンセルとなります。銀行振込みにより支援を行った方には、当社より返金が行われます。

支援総額

0

目標金額 550,000円

支援者
0人
募集終了日
2020年7月6日
0人 が支援しました
募集は終了しました
0お気に入り登録0人がお気に入りしています
このクラウドファンディングは達成しませんでした。支援予約はすべてキャンセルとなります。銀行振込みにより支援を行った方には、当社より返金が行われます。

0お気に入り登録0人がお気に入りしています

プロジェクト本文

 

コロナの不安と隣り合わせ。職員の負担を少しでも軽減したい。

 

初めまして。住宅型有料老人ホーム「藤の蕾」施設長の石井優二と申します。運営を始めて約5年、「優しさ」と「愛情」を大切にした施設運営を行ってきました。入居されている高齢者の皆様、一緒に頑張っている職員たち、いつも応援してくださる入居者様のご家族、そんな人と人との縁を大切にしながら運営をしてきた老人ホームです。

 

私たち職員にとって、ホームに住んでおられる高齢者様は「お客様でもあり、毎日一緒にいる家族」でもあります。そして、そこで働く職員たちは、「同僚でもあり、同じ使命や意思をもった友」でもあります。

 

私自身も施設長を約5年間務めさせていただきましたが、本当に幸せな仕事をさせていただいていることに日々感謝しております。介護は優しさと愛情でもっと楽しく、幸せになるものだと日々感じております。

 

 

しかし、新型コロナウィルスの感染が世界的に拡大してきました。感染した場合の高齢者の致死率の高さから、介護現場で働く職員は、常に「自分が感染して、入居高齢者様へ感染させてしまったら……」という恐怖と日々闘いながら仕事を続けています。

 

緊急事態宣言が解除され、世間は少しずつ普通の暮らしを取り戻していきつつありますが、我々は新型コロナウィルスが完全終息するか特効薬が発明されるまで、感染防止のための対策と対応を続ける必要があります。

 

どこからウイルスを持ち込んでしまうかわからないため、職員は外出を極力控え、人が多い場所や空間は避け、時間をづらして買い物しています。スーパーには行かず、ネットで生協などで食料品を購入している職員もいます。また、入居者の方を守るため、少しの風邪でも出勤停止となります。

 

介護の仕事は人命に関わっており、当然自宅待機やテレワークができません。仮に老人ホーム内で新型コロナウィルスの感染者がでた場合でも、職員は出勤します。

 

このように、コロナの危険と不安と隣り合わせで、そして生活面、経済面で大きな負担をかけている職員を支えたい。しかし、コロナの影響により会社としても減収となり、また感染予防品の予算外の大量購入が必要となり、手当を支給するための財源がない状態にあります。

 

そこで、なんとか皆様に、現場を支える職員を応援いただき、この危機を共に乗り越えていただけないかと、クラウドファンディングに挑戦することを決めました。温かいご支援をどうぞよろしくお願いいたします。

 

 

 

高齢者の方の集団生活。感染者を出すわけにはいきません。

 

現在、私たちの老人ホームに入居している高齢者の方は、全員「基礎疾患」があり、新型コロナウイルスによる死亡リスクが高いのが現状です。老人ホーム内は集団生活のため、一人でも感染者が出てしまえば、高齢者の方・職員が濃厚接触者となり、一気に感染が広まる危険性があります。

 

介護施設は24時間常に職員が配備されています。職員の半数以上が濃厚接触者及び感染者になれば

夜勤者がいなくなったり、高齢者の方の人数に十分対応する職員が手配できなくなる可能性があります。たった1名の感染者が、高齢者様の集団生活の場(施設)では致命的ダメージになるのです。そのため、現場では日々神経を尖らせて感染防止対策を行っています。

 

季節のイベントの様子 ※コロナ以前の写真です。

 

集団生活の場であるため、初期症状からどれだけ早く隔離できるかで、その後の未来が変わります。病状がある高齢者様を居室内(個室)で隔離するために必要な設備を用意するための財源も不足しています。かといって高齢者様たちは、簡単に入院したり、引っ越したり、指定ホテルへ行ったりはできません。治療する人員も足りませんが、介護できる人員が確保できる施設が他にないからです。

 

また、1人の職員が1日に関わる高齢者の方の人数が多いため、その職員が感染した場合、多くの高齢者様や職員が濃厚接触者及び感染者になってしまいます。そのため職員には、発熱(37.0以上)もしくは風邪症状が出ただけでも、出勤停止及び病状回復後の待機期間3日を設けています。また職員の同居家族も同様な症状があれば、出勤停止としております。とても厳しいルールですが、人命を守るために、どうしても必要な取り組みです。

 

 

出勤停止期間は、休業手当(平均して給料の60%が支払われる)か有給休暇となります。会社にとっては、売上が0円でも賃金60%(該当日のみ)が発生し、赤字となりますが、関係者全員の人命と生活を守るためには変えられません。しかし、赤字がこのまま続き、財源がなくなっても「老人ホーム崩壊=介護崩壊=人命危機」となってしまう板挟みの状態でもあります。

 

さらに、現段階では感染防止のため、新しい入居者の受け入れも控えています。そのため、入院などで退去者の方が出たまま、さらに収益が低い状態での経営となっています。

 

このような状況により、職員には経済面、身体面、精神面で負担をかけてしまっています。だからと言って、仕事を離れていただくわけには行かず、また逆に「微熱でも出勤して良い」としてしまえば感染拡大につながりかねません。職員の負担を支えるために、本来であれば会社から危険手当を支給するべきですが、会社自体もコロナの影響により減収、財源が確保できず、どうか皆様にお力をお借りできないかとこの挑戦を決めました。

 

 

資金使途について

 

今回、皆様からいただいたご支援は、私どもの施設の介護職員20人への危険手当および感染予防のためのアルコール消毒液やマスクなど備品の費用として活用させていただきます。

 

危険手当は、危険行為に対する対価であり、万が一自身が体調不良になった場合の生活費に少しでも当ててほしいと思っています。現場で働く職員は、テレワークなどができず、自身も感染等により体調を崩すリスクが通常の仕事より高い環境です。そのような職員に対して、経済的な安心を少しでも提供したいと思っています。

 

目標金額を達成することができれば、職員へ8月15日に危険手当を支給予定です。

 

感染予防のための備品としてはアルコール、マスク(法人内で装着義務としたため職員に配布)1ヶ月分約300枚、感染者が出た場合に使用するパーテーションといった隔離セット(20点)を予定しています。現段階では毎月総額10万円程度かかっており、継続的に必要になるものですので、今回少しでも揃えられたらと考えております。

 

 

 

皆様と共に、この危機を乗り越えたい。

 

私たちは毎日集団生活の環境に身を置いており、1つ判断を誤ればクラスター(集団感染)が起きてもおかしくない、危険と隣り合わせな環境です。特にリスクの高い高齢者の方が生活するこの施設にウイルスを持ち込むわけにはいきません。近隣のスーパーや施設でも感染者が出ましたが、そんな環境の中、一つひとつ地道な対策を行い、今日まで運営を続けてきました。

 

施設内でのイベントの様子 ※コロナ以前の写真です。

 

今職員は自分がウィルスを広めてしまわないかと、毎日精神を削る思いで仕事をしております。そんな精神的・身体的負担、そして日常生活での不便もある中で、誰一人として出勤拒否せず、仕事を続けてくれています。

 

これまで日常生活において制限と負担を自粛などをしていただいている職員・入居者の皆様およびご家族のご協力やご理解のおかげで、今日までトラブルなく、運営できていることに誠に感謝致します。

 

職員や入居されている高齢者の方の環境をできる限り整え、職員の身体的・精神的負担を少しでも軽減し、この危機を乗り越えたいと考えています。温かいご支援をどうぞよろしくお願いいたします。

 

プロジェクトの詳細をひらく

プロフィール

1987年福岡県生まれ。元々は営業職であったが、素晴らしい転機があり介護業界へ挑戦する。右も左もわからなかったが、介護の仕事の奥深さに魅了され、デイサービス管理者・老人ホームの施設長の経験(6年)を得てもなお、介護の仕事の素晴らしさに魅了され続けている。

リターン

5,000

現場を守る介護職員を応援!

現場を守る介護職員を応援!

・職員よりお礼のメッセージをお送りします。

※このコースは、リターンに費用がかからない分、READYFOR手数料を除く全額を危険手当、感染予防品購入費に充てさせていただきます。
※こちらのリターンは、税制上の優遇措置はございません。ご留意ください。

支援者
0人
在庫数
制限なし
発送予定
2020年9月

10,000

現場を守る介護職員を応援!

現場を守る介護職員を応援!

・職員よりお礼のメッセージをお送りします。

※このコースは、リターンに費用がかからない分、READYFOR手数料を除く全額を危険手当、感染予防品購入費に充てさせていただきます。
※こちらのリターンは、税制上の優遇措置はございません。ご留意ください。

支援者
0人
在庫数
制限なし
発送予定
2020年9月

30,000

現場を守る介護職員を応援!

現場を守る介護職員を応援!

・職員よりお礼のメッセージをお送りします。

※このコースは、リターンに費用がかからない分、READYFOR手数料を除く全額を危険手当、感染予防品購入費に充てさせていただきます。
※こちらのリターンは、税制上の優遇措置はございません。ご留意ください。

支援者
0人
在庫数
制限なし
発送予定
2020年9月

50,000

現場を守る介護職員を応援!

現場を守る介護職員を応援!

・職員よりお礼のメッセージをお送りします。
※このコースは、リターンに費用がかからない分、READYFOR手数料を除く全額を危険手当、感染予防品購入費に充てさせていただきます。
※こちらのリターンは、税制上の優遇措置はございません。ご留意ください。

支援者
0人
在庫数
制限なし
発送予定
2020年9月

100,000

現場を守る介護職員を応援!

現場を守る介護職員を応援!

・職員よりお礼のメッセージをお送りします。

※このコースは、リターンに費用がかからない分、READYFOR手数料を除く全額を危険手当、感染予防品購入費に充てさせていただきます。
※こちらのリターンは、税制上の優遇措置はございません。ご留意ください。

支援者
0人
在庫数
制限なし
発送予定
2020年9月

プロフィール

1987年福岡県生まれ。元々は営業職であったが、素晴らしい転機があり介護業界へ挑戦する。右も左もわからなかったが、介護の仕事の奥深さに魅了され、デイサービス管理者・老人ホームの施設長の経験(6年)を得てもなお、介護の仕事の素晴らしさに魅了され続けている。

あなたにおすすめのプロジェクト

学生に知ってほしい痴漢の真実:アニメーション制作プロジェクト

松永弥生(一般社団法人痴漢抑止活動センター 代表理事)松永弥生(一般社団法人痴漢抑止活動センター ...

#子ども・教育

74%
現在
1,123,000円
支援者
104人
残り
23日

注目のプロジェクト

新着のプロジェクト

プロジェクトの応募・相談をする

プロジェクトの相談をする