クラウドファンディングとははじめるさがす
購入型
成立

東北の女性をつなぐ~福島のお母さんたちと行く石巻~

Yumiko Yamada

Yumiko Yamada

東北の女性をつなぐ~福島のお母さんたちと行く石巻~
支援総額
432,000

目標 360,000円

支援者
71人
残り
終了しました
プロジェクトは成立しました!
6お気に入り登録6人がお気に入りしています

6お気に入り登録6人がお気に入りしています
2012年09月03日 10:26

昨日、元気に戻ってきました!

支援、応援いただいた沢山の皆さんへ

「福島のお母さんと行く石巻」ツアーが、9/1〜2、無事に終了し、みな元気になって帰ってきました。

今回は初めての取り組みということもあり、手軽な小型バス(定員25名)で実施。
直前になってお子さんが熱を出す等のハプニングもありましたが、23名の親子が参加しました。

きちんとした報告は改めていたしますが、きのうFBに投稿した写真等がありますので、よろしければこちらからご覧ください。場所によっては圏外になってしまい、あまり沢山は投稿できませんでしたが。。
http://www.facebook.com/yamyam898

帰りのバスで感想の共有をしました。その中で、最も心に残ったのが、福島のお母さんのこの言葉でした。
「私たちは可哀相だと思われたら惨めになる。今回、石巻で漁師の奥さん達と交流し、共感出来ることが沢山あった。私たちは対等なパートナーとして、石巻の人たちを応援したい」

自分がもし被災して、家も財産も仕事も失ったら何ができるか。それまで仕事で培ってきた実績や立場、人間関係も何もなく、身ひとつになったら・・。
その時にできるのは、まずは自分を応援すること、次に隣にいる人を応援し励ますことではないでしょうか。人には誰にでも、人を応援し励まし勇気づける力があります。それは何にも資本なんていらない、生まれ持ったものです。

福島のお母さんは「子どもとか、守るべき存在がいるから強くなれる。応援できる人ができたら自分もパワーをもらって強くなれる」ということを言っていました。

みな、素敵な笑顔で帰って行きました。ツアーをやってよかったなと思っています。

最後に、このツアーが実現できたのは、皆さんの応援と支援があったからです。
私たちも福島のお母さん達も大変感謝しています。本当にありがとうございました。



 

 

一覧に戻る

リターン

2,000円(税込)

・ツアーの報告を兼ねたお礼のメール
・訪問先である石巻や女川を題材にしたPC用壁紙

支援者
36人
在庫数
制限なし

5,000円(税込)

・ツアーの報告を兼ねたお礼の手紙
・訪問先である石巻や女川を題材にしたPC用壁紙

支援者
14人
在庫数
制限なし

10,000円(税込)

・ツアーの報告を兼ねたお礼のメールもしくは手紙
・訪問先である石巻の特産品「わかめセット」

支援者
20人
在庫数
完売

30,000円(税込)

・ツアーの報告を兼ねたお礼のメールもしくは手紙
・訪問先である石巻の特産品「わかめセット」
・今回のツアー先で、参加者の子どもたちが、あなたのために特別に選んだ地域のお土産

支援者
3人
在庫数
完売

プロジェクトの相談をする