READYFOR
クラウドファンディングとははじめる
さがす
ログインログイン・登録

高齢者も子育て世帯も。船橋市で暮らしを支えあうカフェ実現へ

高齢者も子育て世帯も。船橋市で暮らしを支えあうカフェ実現へ
このクラウドファンディングは達成しませんでした。支援予約はすべてキャンセルとなります。銀行振込みにより支援を行った方には、当社より返金が行われます。

支援総額

300,000

目標金額 1,000,000円

支援者
16人
募集終了日
2020年7月31日
16人 が支援しました
募集は終了しました
2お気に入り登録2人がお気に入りしています
このクラウドファンディングは達成しませんでした。支援予約はすべてキャンセルとなります。銀行振込みにより支援を行った方には、当社より返金が行われます。

2お気に入り登録2人がお気に入りしています

プロジェクト本文

 

船橋市に、日々の生活の困りごとを気軽に相談できるカフェを。

 

はじめまして。田鎖暁子と申します。これまで15年、医療ソーシャルワーカーとして千葉県内の医療機関で退院支援などをしてきました。その中で、特に高齢者の方の生活支援、さらには地域の子どもたちの育成に「足りないもの」を常々感じてきました。

 

 

例えば、高齢者の方にとって、家で生活することは当たり前のようでとても大変なことです。年齢を重ねて体力が落ちたり、病気やケガによって誰かの助けを借りて生活をしていくことが必要になることもあります。

 

また、子どもたちの場合、学童の利用は小学4年生までなので、両親が働いている場合、子どもを長時間一人で過ごさせてしまうことになります。両親が帰ってくるまでのほんの数時間、みてくれる人がいたらどんなに安心することでしょう。

 

もちろん、そのために助けとなる公的なサービスはありますが、それだけでは足りないことも多くあります。また、そもそもどんな公的なサービスが受けられるのか、民間だとどんなところがあるのかをご自身で調べること自体も難しく、どこに相談すればいいかわからないという方も多くいらっしゃいます

 

 

ソーシャルワーカーとして、そして家族の介護を体験した身として、高齢者の方の暮らしや子育てでの困りごとを気軽に相談したり、助け合えるような場所、1人で過ごすことなく、地域のたくさんの人と繋がれる居場所になるようなカフェを千葉県船橋市内にオープンしたいと思い立ちました。

 

しかし、このカフェの開業には家賃や改修費用など合計で約300万円の費用が必要になり、自己資金だけでは捻出が厳しい状況にあります。そこで、ぜひより多くの皆様に、地域の高齢者の方や子どもたち、その保護者の方を一緒に支えていただけないか、一緒に地域の人の交流できる居場所、「安心」をつくっていただけないかと思い、今回クラウドファンディングの挑戦を決めました。

 

まずは第一目標として、最低限必要な100万円を目標に、挑戦したいと考えています。皆様のご支援をどうぞよろしくお願いいたします。

 

 

ソーシャルワーカーとして、
地域の高齢者や子育て世帯の困りごとを目の当たりにしてきました。

 

これまでソーシャルワーカーとして働き、家族の介護や子育てを経験する中で、公的なサービスだけでは支えきれない、たくさんの問題点があると感じています。

 

■これまでご相談をいただいた方の声■

 

●Aさん(60代男性)


寝たきりの母と2人暮らし。もともと家事は経験なく、家事を任せていた母が脳梗塞後寝たきりとなり介護が必要に。母の介護は介護保険で何とか賄えることになり、母の部屋の掃除と食事の準備はしてもらえるものの、一緒に食べる自分の分の食事は介護保険では対応できない。

 

調理ができないのでコンビニやスーパーなどのお惣菜を購入するようになりました。同じ食卓で食べるのに味気ない、寂しいと感じています。もし2人分一緒に調理してもらったりできれば安心して生活できるのに、という思いがあります。

 

●Bさん(50代女性)


寝たきりの夫と20代の子供と3人暮らし。生活のために働いているため、日中は夫は一人で過ごすこととになります。そのため通所サービスやお泊りサービスなどをフルで利用し、利用限度額いっぱいまでサービスを使っています。仕事をしながら夜間は夫の介護があるため、体も心も休ませる時間が持てないでいます。

 

しかし、日中サービスに行ってくれている夫にこれ以上我慢をさせることも心苦しいと感じています。一人になる時間は会社にいくことで何とかカバーできるものの、家では自分が全てをやることを考えると「できれば夫婦で、もしくは家族で外食したりゆっくりと過ごせるところがないかな」と感じています。しかし夫は通常食は食べられず、ミキサー食を食べているため外食は無理だと諦めています。

 

●Cさん(30代女性)


小学生(2年・5年)の子供と3人暮らし。仕事があるため下の子は学童に預けていますが上の子は学年が上になったため学童に預けられず、放課後は自宅で過ごしています。仕事の都合でどうしても帰りが遅くなる時には上の子が学童にお迎えに行き、家で2人で待ってくれていますが、おなかをすかせていないか、何かトラブルは起きていないか、と毎日心配しながら慌てて家に帰る生活です。

 

「ちょっとした助けがあればもっと安心して生活できるのに」。そんな小さなニーズを仕事を通じて常々感じてきました。一緒に働く医療従事者の方からも「この人が家に戻ったらどのような生活をするのか心配だが力になれない」という声があったり、ケアマネジャーや介護施設で働かれる方も、自宅で生活する人たちの困っている所を肌身で感じながらも、制度上お手伝いすることができず歯がゆい思いをしている方々がいらっしゃいます。

 

 

公的サービスではできない部分で、料金はかかってしまうものの民間サービスで対応できる、ということも多々ありますが、そもそもどこに相談していいのかわからなかったり、業者を紹介してもらえる人と繋がれず、サービスにたどり着けないという方も多いです。

 

また、子育て面では、共働き世帯の子どもの「孤食」や、学童に預けられず働くことができないといった問題があります。学童の預かり時間の制限があり、働いている保護者の方はこの時間を毎日気にしながら仕事をしています。小学校は大体が4年生までしか学童利用はできません。

 

しかし、大きくなったとはいえまだ小学生のお子さんを何時間も自宅で一人で過ごさせることに不安を感じている保護者の方も少なくありません。このような人たちが毎日ではなくても「ちょっと子どもが過ごせる場所」があれば安心して仕事ができるはずです。

 

 

そんな問題意識から、地域の高齢者の方や子どもたちが一人で過ごすことなく、地域の方と繋がることができる居場所、生活での困りごとを相談することができる拠点として、このカフェを立ち上げたいと思い立ちました。

 

困ったことがあったときに気軽にお越しいただき、公的サービスで対応できることなのか、民間サービスに繋ぐのか、それとも必要としているサービスを提供しているところがないなら何かこのカフェで新しくサービスは作れないか、など、柔軟に対応する窓口として、「この地域で今、必要なこと」を利用される皆さんと共有しながら、助け合いの拠点をつくっていきたいと思います。
 

 

カフェについて

 

カフェ開業予定地:千葉県船橋市芝山3-10-2-101

営業時間(予定):9:00~20:00

定休日:月1日程度(曜日などは未定)

土日も開けることで、平日以外にも仕事がある親御さんにも安心してご利用いただければと思っています。

オープン予定:2020年8月31日

 

このカフェは年齢関係なくどなたでも利用することができ、食事を楽しみ、ゆっくり過ごせる場所です。開業予定地は千葉県船橋市内にある団地の商店街です。団地には高齢者世帯も多いのですが、それと同時に小さな子どものいる世帯も多いです。小学校、中学校も近くに隣接していることもあり、立地からみても高齢者も児童も一緒に過ごせる場所づくりが必要だと感じていました。

 

大家族が減っている中、なかなか自分たちの世代以外の人と交流をする機会も減ってきています。このカフェに幅広い世代が集まることで、このコミュニティには高齢者も小さい子どもも生活していること、自分たちとは違うペースで過ごす人たちが側にいることが意識され、交流が生まれることはお互いに刺激にもなり、「支えあう場所」になるのではないかと思います。

 

 

メニューは、日替わり定食(昼・夕)500円+税。他のメニューは1000円以内で考えています。食事は通常食だけでなく、刻み食、ミキサー食やとろみ食なども対応予定です。飲み物はコーヒー、紅茶、ジュースなどです。飲み物の料金は商店街の他店も考慮して設定していきます。

 

子どもたちの夕飯も提供しようと思っています。慌てて家に帰り、座る間もなくバタバタと食事をする毎日。カフェでたまには一緒にゆっくりと食事してもらったり、子どもに先にご飯を食べさせて保護者の方が慌てずに帰って来られる場所になれば、と考えています。

 

 

特に高齢者の方は食事の形態が心配で外食をためらう方も多い中、外出機会の創出になれば嬉しいです。アレルギーなど確認しながら栄養バランスを考慮した食事を提供します。また、食事が済んだあとものんびり過ごしてもらえるようにし、親御さんが安心してお子さんを預けていただけるような場づくりをしていきます。

 

カフェがベースになり、団地周囲の方々が気軽に来れる場所を提供し、何か困ったことがあった場合の相談窓口としての機能も担いたいと思っています。ここで全てが完結できなくても相談窓口へつなげるようなお手伝いをする予定です。また、様々な世代が交流できる場所にもしていくため、定期的に季節イベントを開催し、子どもから高齢者までみんなが楽しめるものを提供したいと思います。

 

高齢者も子どもも、一人できても「何となく寂しくないな、安心できるな」と感じられる居場所をつくっていきます。

 


 

地域が求める「必要なこと」に応え、地域の「安心」をつくるカフェに

 

家族でも親戚でもないけれど、行けば必ず誰かがいて、ホッとできる。その時々によって「今、地域で必要なこと」を探し、それを柔軟にサポートできるようなカフェにしたいと思っています。

 

カフェでは食事や飲み物の提供、またおうちで一人ぼっちで過ごすことなく、地域の人と繋がれる居場所づくりがメインとなりますが、外出ができない方のためのお弁当の配達も予定しています。さらに、今後は配達の際に一緒に商店街のものを配達する買い物代行サービスも検討していく予定です。

 

カフェが軌道に乗っていく中で、地域の学生さんや退職後の元気な高齢者の方々にも、積極的に働く場を提供し、一緒にカフェを盛り上げていただけたらと思っています。

 

カフェを起点に、生活の困りごとの解決に向けてサポートし、地域の人たちが共に支え合い、安心できる地域社会をつくっていきたいと思っています。皆様のご支援をどうぞよろしくお願いいたします。

 

プロジェクトの詳細をひらく

プロフィール

田鎖暁子(医療ソーシャルワーカー)

田鎖暁子(医療ソーシャルワーカー)

医療機関でソーシャルワーカーとして10数年勤務。在宅医療のソーシャルワーカーとして経験も積み、地域でソーシャルワーカーとしてできること、を探してみたいと起業を決意。両親と2人の娘と暮らす、回遊魚といわれるほどジッとできない性格のようです。

リターン

5,000

カフェで使えるお食事券or子どもたちにお食事プレゼント

カフェで使えるお食事券or子どもたちにお食事プレゼント

・心を込めて、お礼のメールをお送りします。
・カフェで使えるお食事券3回分、もしくは地域の子どもたち3人に、お食事をプレゼントさせていただきます。

※お食事券の有効期限は、発送から半年以内とさせていただきます。
※お食事券は、他の方のプレゼントとして購入いただくこともできます。

支援者
2人
在庫数
制限なし
発送予定
2020年9月

10,000

カフェで使える食事&ドリンク券or子どもたちにお食事プレゼント

カフェで使える食事&ドリンク券or子どもたちにお食事プレゼント

・心を込めて、お礼のメールをお送りします。
・カフェで使えるお食事&ドリンクセット券5回分、もしくは地域の子どもたち5人に、お食事をプレゼントさせていただきます。

※お食事券の有効期限は、発送から半年以内とさせていただきます。
※お食事券は、他の方のプレゼントとして購入いただくこともできます。

支援者
1人
在庫数
制限なし
発送予定
2020年9月

10,000

地域の生活を支えあう拠点に。暮らしの困りごとを相談できるカフェを応援!

地域の生活を支えあう拠点に。暮らしの困りごとを相談できるカフェを応援!

・心を込めて、お礼のメールをお送りします。

※このコースは、リターンに費用がかからない分、READYFOR手数料を除く全額をカフェの改修・運営に必要な資金に充てさせていただきます。
※こちらのリターンは、税制上の優遇措置はございません。ご留意ください。

支援者
10人
在庫数
制限なし
発送予定
2020年9月

30,000

【イベント開催に】カフェ2階のスペースを貸し切り権利

【イベント開催に】カフェ2階のスペースを貸し切り権利

・心を込めて、お礼のメールをお送りします。
・カフェ2階のスペースを、1日貸し切りする権利をプレゼントさせていただきます。

有効期限はプロジェクト終了から1年以内とさせていただきます。

支援者
1人
在庫数
制限なし
発送予定
2020年9月

30,000

地域の生活を支えあう拠点に。暮らしの困りごとを相談できるカフェを応援!

地域の生活を支えあう拠点に。暮らしの困りごとを相談できるカフェを応援!

・心を込めて、お礼のメールをお送りします。

※このコースは、リターンに費用がかからない分、READYFOR手数料を除く全額をカフェの改修・運営に必要な資金に充てさせていただきます。
※こちらのリターンは、税制上の優遇措置はございません。ご留意ください。

支援者
0人
在庫数
制限なし
発送予定
2020年9月

50,000

地域の生活を支えあう拠点に。暮らしの困りごとを相談できるカフェを応援!

地域の生活を支えあう拠点に。暮らしの困りごとを相談できるカフェを応援!

・心を込めて、お礼のメールをお送りします。

※このコースは、リターンに費用がかからない分、READYFOR手数料を除く全額をカフェの改修・運営に必要な資金に充てさせていただきます。
※こちらのリターンは、税制上の優遇措置はございません。ご留意ください。

支援者
1人
在庫数
制限なし
発送予定
2020年9月

100,000

地域の生活を支えあう拠点に。暮らしの困りごとを相談できるカフェを応援!

地域の生活を支えあう拠点に。暮らしの困りごとを相談できるカフェを応援!

・心を込めて、お礼のメールをお送りします。

※このコースは、リターンに費用がかからない分、READYFOR手数料を除く全額をカフェの改修・運営に必要な資金に充てさせていただきます。
※こちらのリターンは、税制上の優遇措置はございません。ご留意ください。

支援者
1人
在庫数
制限なし
発送予定
2020年9月

プロフィール

医療機関でソーシャルワーカーとして10数年勤務。在宅医療のソーシャルワーカーとして経験も積み、地域でソーシャルワーカーとしてできること、を探してみたいと起業を決意。両親と2人の娘と暮らす、回遊魚といわれるほどジッとできない性格のようです。

あなたにおすすめのプロジェクト

達成

東北を元気にしたい!第一回東北芸舞妓観光振興発表会を開催

株式会社LUKES 代表取締役社長 植田和男株式会社LUKES 代表取締役社長 植田和男

#地域文化

100%
現在
1,009,000円
支援者
32人
残り
2日

注目のプロジェクト

新着のプロジェクト

プロジェクトの応募・相談をする

プロジェクトの相談をする