READYFOR
クラウドファンディングとははじめるさがす
購入型
成立

本当の姿を知ってほしい。朝鮮学校の美術展を松江で開催します!

森 昌義(在日朝鮮学生美術展 山陰地区実行委員会)

森 昌義(在日朝鮮学生美術展 山陰地区実行委員会)

本当の姿を知ってほしい。朝鮮学校の美術展を松江で開催します!
支援総額
391,000

目標 300,000円

支援者
56人
残り
終了しました
プロジェクトは成立しました!
4お気に入り登録4人がお気に入りしています

終了報告を読む


4お気に入り登録4人がお気に入りしています
2017年11月22日 12:58

応援メッセージリレー#1 「学美山陰スタッフ 森 昌義」

第43回出雲展懇親会にて

 私が在日朝鮮学生美術展(学美)と初めて出会ったのは2013年2月第41回学美米子展です。先輩から「おもしろい美術展があるから見え欲しい」と言われ、いやいや行ってビックリ!

 中学生、高校生の作品の中には「自身に問いかける」作品、「社会に問いかける」作品、「民族性を考える」作品があり、激しくそして優しく観る者に何かをぶつけている。思わず自分自身の学生時代と比較し恥ずかしく感じた。

 

 小学生の作品でびっくりしたのは描いた生徒ではなく、先生の選考基準である。「なぜこの子はこの絵を描いたのか?」「何を表現したかったのか?」を読み取りながら選考する姿勢には「何かを引き出したい」と思う願いが伝わってきた。

 

 「美術作品の評価なんか分からないし、苦手です」と言っていたスタッフだが(私を含め)、翌年の42回松江展、43回出雲展、44回浜田展を開催するにつれ、人を捕まえて作品の解説を語りだしている姿にまたビックリである。

 

 なぜそんなに人が変われるのか?学美が人を変えてしまうには理由があります。それは幼稚園児の作品から高校生までの作品が同じ会場に展示され、学生の成長過程も含めより分かりやすく心に入ってきます。絵の「うまい、へた」ではなく、何を表現しようとしているのかを引き出す喜びが人を変えるのかもしれません。

 

 ぜひ、松江展に足をお運び下さい。

 とにかく、朝鮮学校の生徒たちの作品を観て、触れて、感じて、朝鮮学校の良さを知ってほしい!対話とふれあいのないところで理解は深まらないし、そんな思いで美術展を続けています。

 

ご協力お願いします。

 

一覧に戻る

リターン

3,000

お名前・団体名を記載した感想集

◇サンクスレター
◇来場者の美術展感想集を後日お届けします。感想集にお名前もしくは団体名を記載※匿名可能

支援者
34人
在庫数
制限なし
発送予定
2018年6月

10,000

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd

朝鮮学校応援缶バッチ3枚+生徒たちの絵を載せたポストカード5枚

◇サンクスレター
◇来場者の美術展感想集を後日お届けします。感想集にお名前もしくは団体名を記載※匿名可能
◆新バージョンの朝鮮学校応援缶バッチ:3個
◆生徒たちの絵を載せたポストカード:5枚

支援者
8人
在庫数
制限なし
発送予定
2018年6月

10,000

プロジェクトを全力応援プラン

◇感謝の気持ちを込めてお礼のメールをお送りします
※手数料差し引いた金額をプロジェクト実行資金に充てさせて頂きます

支援者
11人
在庫数
制限なし
発送予定
2018年1月

30,000

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd

全入賞作品収録DVD

◇サンクスレター
◇来場者の美術展感想集を後日お届けします。感想集にお名前もしくは団体名を記載※匿名可能
◇新バージョンの朝鮮学校応援缶バッチ:3個
◇生徒たちの絵を載せたポストカード:5枚
◆第46回美術展 全入賞作品収録DVDをお送りします。

支援者
3人
在庫数
制限なし
発送予定
2018年6月

プロジェクトの相談をする