「がん患者さんの看病をしている人のサポート会」酒井が

自身も体調不良のときに、漢方薬での治療のことで

いつもお世話になっている「溝口クリニック」の院長さまが

 

がん患者さんを看病しているひとに向けて 漢方医からの

考え・提案や励ましの メッセージをいただきました。

 

そして、「がん患者さんを看病しているひとのサポート会」の応援をしてくださっています。

 

お医者さまの意見や 優しい言葉は

きっと看病をしているひとたちの 支えになると思います。

そして、「サポート会」にとっても大きな力添えとなり

ありがたく思います。

 

 

 

 

「がん患者さんとそのご家族の方へ~漢方薬にできること~」

 

みぞぐちクリニック(内科 循環器内科 漢方内科 小児科)
院長 溝口 伸

 

 

日本人の二人に一人は「がん」にかかると言われています。
身近な人が「がん」に侵され闘病生活を送ることも、

珍しいことではなくなりました。
「がん」という病気は、正常な細胞の遺伝子に傷がついて異常な細胞が複製、増殖し、正常な細胞と置き換わることにより、様々な症状を引き起こしてしまうものです。

 


そして患者さんは、健康な自分に戻るため、「がんとの闘い」を始めます。
医療側も、「がん」に対して、外科手術、放射線治療、抗癌剤治療などありとあらゆる手段で治療を試みます。


治療法や治療薬剤も年々開発、改良が進んでおり、それにともなう副作用も軽減されているようですが、それでもまだ十分ではありません。
そのような現状のなか、最近「癌治療のサポート役」として注目を集めている薬があります。
それは「十全大補湯(じゅうぜんたいほとう)」と呼ばれる漢方薬です。
その名のとおり「十種の完全無欠な生薬で、身体をしっかり補う」作用があります。
「十全大補湯」は身体の中を流れる

「気(き)」と「血(けつ)」がともに「虚(きょ)」した状態を改善すると言われています。

 


癌に侵された身体、癌治療で正常な細胞まで痛めつけられている身体は、

この「気血両虚(きけつりょうきょ)」の真っただ中にいると考えられます。
「十全大補湯」はまさしくこの状態に適しているのです。
そして、この「十全大補湯」の効果は西洋医学的にも実証されており、

癌治療時の骨髄抑制を防止する効果や、食欲不振、全身倦怠感などの症状を改善する効果などが、数多くの医学論文で報告されています。
また、「十全大補湯」そのものに免疫力増強効果があり、抗癌作用を発揮しているのではないか?とまで言われています。
正式な治療としてガイドラインに掲載されるには、大規模試験によってさらなる検証が必要ですが、実際の医療現場では、この「十全大補湯」で癌治療にともなう苦しみから解放されている方が大勢いらっしゃるのは紛れもない事実です。

 

 


がん患者さんの苦しみは、

すなわちそれを看病するご家族の方の苦しみでもあります。

 

例え必要な治療とは言え、大切な家族が副作用で苦しむ姿を、只々「がんばれ!」と言って励ますのは、非常に辛いことだと思います。

 

 

 


この「十全大補湯」が、がん患者さんとそのご家族の方にとって、少しでも助けとなることを願いながら、ここに御紹介させていただきました。

 

 

 


人に優しく、身体に寄り添う「漢方薬」はまだ他にもあります。
我々漢方医は、従来の固定観念を捨て、柔軟な思考で患者さん第一の治療を目指します。
西洋医学と東洋医学の融合により、さらにがん治療が発展することを願ってやみません。
そして、看病するご家族の助けにもなれれば幸いです。
 

(溝口院長の写真)

「みぞぐちクリニック」内科 循環器内科 漢方内科 小児科

HP:http://www.mizoguchi-clinic-mega.jp/

 

 

新着情報一覧へ