~いま看病をしているあなたへ~

 

 

あるひ、道を歩いていたら
ひなたぼっこを しているネコがいました

 

こちらをじっと見て なにやら言いたげです。

 

看病をしているひとの多くは 一人で看病をやってしまっているようです。

「家族に代わってほしいけど、忙しそうで言えない」

「なにを頼めばいいのか わからない」

「頼んでいいのか わからない」

 

一人での看病には限界があります

だから、あなたの 見方をみつけてください。

 

少しのお手伝いをしてくれるひとを見つけて
素直に 「手伝ってほしい」というのです。

 

 

付き添いを1時間代わってほしい

買い物に行ってほしい

洗濯をしてほしい

車で送ってほしい

手続きに一緒にいってほしい

肩をもんでほしい

 

こんなちょっとのことを、2人 3人が

あなたに代わってやってくれると

あなたは ずいぶん楽になります。

 

すると、心にゆとりができ  手伝ってくれたひとに感謝をするでしょう

すると、患者さんもゆとりができ 周りのひとに感謝をするでしょう

 

すると 患者さんと あなたの過ごす

大切な時間が 良い時間となるはずです。

 

 

 

勇気をもって「手伝ってほしい」といってみましょう。

 

 

 

 

今夜も 寒い病室で看病をしているひとの

こころに ゆとりがうまれますように。

 

 

 

 

 

残り10日となりました!!

この「がん患者さんの看病をしているひとのサポート会」は
運営資金を必要としています。
ぜひ、お金という形で 支援をお願いします。

 

または、 記事のシェアという形で 広めてください。
よろしくお願いします。



代表 酒井たえ

 

 

 

 

新着情報一覧へ