READYFOR
クラウドファンディングとははじめるさがす
購入型
成立

メディアのメディアを創ろう!誤った情報に惑わされないために

楊井人文(日本報道検証機構代表・弁護士)

楊井人文(日本報道検証機構代表・弁護士)

メディアのメディアを創ろう!誤った情報に惑わされないために

支援総額

1,622,000

目標金額 1,500,000円

支援者
168人
残り
終了しました
プロジェクトは成立しました!
9お気に入り登録9人がお気に入りしています

9お気に入り登録9人がお気に入りしています
2015年04月11日 10:57

報道品質セミナー(発足3周年企画)のご案内

Readyfor?支援者の皆様、

 

昨年はReadyFor?の「メディアのメディアを創ろう!誤った情報に惑わされないために」プロジェクトにご支援いただき、ありがとうございました。支援者の皆様にお知らせがございます。

 

このたび、4月19日(日)に第5回報道品質セミナーを開催することになりました。

 

おかげさまで今月、日本報道検証機構・GoHooの発足3周年を迎えることができ、今回のセミナーは2部構成となります。場所は、ニュースアプリSmartNewsを運営しているスマートニュース株式会社本社(東京都渋谷区)となります。

 

▼セミナー案内ページ
https://gohoo.org/join/seminar_5/

 

 

 

第1部は、「この国の『軍事』は正しく報道されているか」と題して、外交・軍事がご専門の静岡県立大学特任教授である小川和久さんを講師としてお招きします。昨今、焦点となっている「安保法制」をはじめとする「軍事」に関する報道の質について語っていただきます。

 

第2部は、「報道品質向上のために何ができるか」と題して、小川さんのほか、スマートニュース執行役員(メディア事業開発担当)の藤村厚夫さんにもご登壇いただき、「報道品質」をテーマにトークセッションを行います。「報道品質」はメディアだけの問題ではなく、私たちの社会が主体的に関与すべき課題だと考えます。「報道品質向上」のために社会の側がどのような取り組みができるのかを考えてみます。GoHooの活動や報道品質について現役記者がどう考えているのか、アンケートの結果も発表します。

 

昨年、ReadyFor?で1万円以上のご支援をいただいた皆様は、「一般会員」扱いとなっていますので、無料で参加できます。GoHooサイトの申込みページから、「一般会員」を選択してお申込みください。

 

3000円のご支援をいただいた皆様は、「賛助会員」扱いとなっていますので、参加料は3000円となります。GoHooサイトの申込みページから、「賛助会員」を選択してお申込みください。

 

▼セミナーお申込みページ
https://gohoo.org/join/seminar_5/

 

 

懇親会にも参加されたい方(懇親会のみの参加も可能)は、別途、下記ページから申込みが必要となります(申込期限:4月17日午前中まで)。

 

▼懇親会ご案内・お申込ページ

https://gohoo.org/join/party_5/

 

ぜひご検討いただきますよう、お願い申し上げます。

 

 

一般社団法人日本報道検証機構

代表理事(弁護士) 楊井 人文

一覧に戻る

リターン

3,000

1.日本報道検証機構の賛助会員となり、「GoHoo月報」やメールマガジンなどを配信します。
2.GoHoo(新ロゴ)オリジナルステッカーをプレゼントします。

支援者
111人
在庫数
制限なし

10,000

1.日本報道検証機構の一般会員となり、「GoHoo月報」やメールマガジンなどを配信します。
2.GoHoo(新ロゴ)オリジナルステッカーをプレゼントします。
3.マスコミ関係者などを講師に招き、報道のあり方を議論する「報道品質セミナー」(通常1回3000円)や「メンバーフォーラム」(活動報告会)にも参加できます。

支援者
53人
在庫数
制限なし

100,000

1.日本報道検証機構の一般会員となり、「GoHoo月報」やメールマガジンなどを配信します。
2.GoHoo(新ロゴ)オリジナルステッカーをプレゼント。
3.マスコミ関係者などを講師に招き、報道のあり方を議論する「報道品質セミナー」(通常1回3000円)などの会員向けイベントに参加できます。
4.機構の理事会にオブザーバー参加できます。
5.サイトにお名前を掲載します(希望者のみ)。

支援者
3人
在庫数
制限なし

300,000

1.日本報道検証機構の一般会員となり、「GoHoo月報」やメールマガジンなどを配信します。
2.GoHoo(新ロゴ)オリジナルステッカーをプレゼント。
3.マスコミ関係者などを講師に招き、報道のあり方を議論する「報道品質セミナー」(通常1回3000円)などの会員向けイベントに参加できます。
4.機構の理事会にオブザーバー参加できます。
5.サイトにお名前を掲載します(希望者)。
6.楊井代表(弁護士)がメディアに関する質問・相談に応じます(1年以内に最大3時間まで)。

支援者
1人
在庫数
制限なし

プロジェクトの相談をする