クラウドファンディングとははじめるさがす
購入型
成立

カンボジアのゴミ山の学校付近にある雨で浸水する道を舗装します

山勢拓弥

山勢拓弥

カンボジアのゴミ山の学校付近にある雨で浸水する道を舗装します
支援総額
243,000

目標 200,000円

支援者
21人
残り
終了しました
プロジェクトは成立しました!
4お気に入り登録4人がお気に入りしています

4お気に入り登録4人がお気に入りしています
2015年01月09日 18:44

子どもたちが学び続けられるために

 

こんにちは!

任意団体Kumaeの副代表を務めさせていただいております、折目と申します。

私は2014年3月に、自身が通う兵庫県の大学で国際協力団体Kumaeという団体を立ち上げ、現在、Kumaeの日本語学校で子どもたちに日本語を教えてくれている、キム先生のお給料を集めることを目的に活動しています。

 

昨年の夏には、そのキム先生と生徒2名を日本に招待するための資金をこちらで集めさせていただき、無事に目標金額に達することが出来ました。

ありがとうございました。

 

今回は、Kumae日本語学校の新校舎への通学路を整備するため、みなさまにご協力をお願いしています。

 

新校舎へと向かう道は、雨季になると、大人でもひざくらいの高さまで水に浸かってしまいます。沼のように足を取られ、なかなか進むことができない上に、この道は100mほど続きます。私もこの浸水した道には随分苦労しました。サンダルを履いていると、泥に取られてしまうので、裸足で歩くのですが、濁った水の中には何があるか分かりません。足を切ってしまうこともあれば、不衛生な水のため、傷口から菌が入ってしまう恐れもあります。

 

大変で危険な通学路です。

もし私がこの日本語学校の生徒だったら、学校へ行くのが嫌になってしまうでしょう。
誰に強制されるわけでもなく、お金を払っているわけでもないし、もう行くの辞めようかな、なんて思ってしまうかもしれません。


生徒の中には、将来の自分の夢のために、日本語を学びたいと強く思っている子どももいます。10歳前後の子たちには、そういった考えはまだないかもしれませんが、その子たちにこそ、日本語を勉強し続けて欲しいと思います。シェムリアップの市街地から離れたこの村でも、一生懸命に日本語を勉強すれば、さまざまな職業に就くチャンスがあります。

 

日本へ行けるチャンスだってあります。

大人でも子どもでも、日本人でもカンボジア人でも、続けることは難しいことだと思います。だからこそ、日本語の生徒が日本語を勉強し続けられるようにすることが、私たちの役目なのではないかと思っています。

 

子どもたちが日本語を勉強し続けられるよう、あと16日間で目標の20万円を達成し、安心して通える通学路を作りたいと思います。

土を入れて浸水しないようにするのですが、この作業は今の乾季のうちでないと出来ません!!

 

ぜひご協力よろしくお願いします。

 

Kumae副代表 折目

一覧に戻る

リターン

3,000円(税込)

■代表からのサンクスレター

支援者
9人
在庫数
制限なし

10,000円(税込)

■3000円の引換券の商品
■日本語学校で勉強している生徒からの
カンボジア初バナナペーパーThanks Letter
■麻のカバン
■革のミサンガ
■カンボジア産石鹸

支援者
9人
在庫数
制限なし

30,000円(税込)

■10000円の引換券の商品
■新しい校舎での日本語学校ボランティアツアー無料券

支援者
0人
在庫数
制限なし

30,000円(税込)

■10000円の引換券の商品
■バナナペーパー新しいデザインのポストカード5枚
■カンボジア特産品5つセット

支援者
2人
在庫数
制限なし

50,000円(税込)

■30000円の引換券の商品
■2泊3日バナナペーパー体験ツアー
(交通費は含まれません)

支援者
1人
在庫数
制限なし

プロジェクトの相談をする