まずは有名なナシゴレン!


チャーハンのようなもので、やたら量が多いのが特徴です。
ちなみに「ナシ」というのは「ご飯」、「ゴレン」というのは「揚げる」という意味です。

 

そしてめちゃくちゃ美味いバクソー!(右側)


これは、鶏がらスープに鶏肉のミートボールや麺などを入れた料理です。
おでんに少し似ているかもしれません。味が絶品過ぎて、この文章を書きながらヨダレが出てきています。
インドネシア料理の特徴は、旨みがしっかりとあることです。ただ辛すぎるものと、甘すぎるものが多すぎます。例えば、ただの普通のお茶でさえ激甘です。そして日本に来たインドネシア人は、七味唐辛子を辛いとは思いません。

 


そしてミー

「ミー」は麺という意味で、ラーメンに似ています。ミーには色々な種類があって、「ミーアヤム(鶏肉そば)」や「ソトミー(汁麺)」などなどたくさんありません。2枚目のミーは「KYOTO」という名前でした。京都の野菜をすり潰して、麺と混ぜていたようです。


またジャカルタでは日本人コミュニティーが既にできているのもあって、日本食屋がたくさんあります。

 

ただ値段が若干高いです。

 


他にも紹介したい料理がたくさんありますが、この辺で!

引き続き応援よろしくお願いいたします。

 

新着情報一覧へ