READYFOR
クラウドファンディングとははじめる
ログインログイン・登録

樋口一葉の作品をもっと身近に、親しみやすく伝えたい

葉衣企画

葉衣企画

樋口一葉の作品をもっと身近に、親しみやすく伝えたい
このクラウドファンディングは達成しませんでした。支援予約はすべてキャンセルとなります。銀行振込みにより支援を行った方には、当社より返金が行われます。

支援総額

20,000

目標金額 100,000円

支援者
5人
募集終了日
2022年11月30日
募集は終了しました
このクラウドファンディングは達成しませんでした。支援予約はすべてキャンセルとなります。銀行振込みにより支援を行った方には、当社より返金が行われます。

プロジェクト本文

▼自己紹介

明治は遠くなりましたが、日本近代化の始まりの明治時代から、政治体制だけではなく文明も大きく変わりました。その明治時代に近代日本初の女流作家として、特に死後脚光を浴びた樋口一葉の作品を基にした舞台を新しい形で創ってみようと、演劇、歌、演奏、踊り、映像を集約した作品を一葉の葉にちなんで「葉衣」と名づけ、樋口一葉生誕の地での公演で葉衣企画はスタートしました。著名な作品のオムニバス作品「葉衣」シリーズ。単独作品として、「大つごもり」「にごりえ」の公演、再演を重ねた後に、演劇界のレジェンドでもある劇作家福田善之氏のミュージカル作品「若草物語」をミュージカル的リーディング「夢、若草物語の」公演、その、制作なども手がけている葉衣企画です。

 主なメンバーは、70年代より演劇活動を続けている井村昂、コマ劇場や明治座出演などをしてきた異色の日本舞踊家花柳輔礼乃、炎のチェリスト坂本弘道、嵐の海も乗り越えるパーカッション栗木健、ら、を中心に、経験豊富な俳優群若手俳優群を加えて活動しています。

 

 

 

 

 

 

 

▼プロジェクトを立ち上げたきっかけ

コロナ禍にて公演中止が続く中、過去作品の楽曲のCD製作などをしてきましたが、昨年より公演を再始動、オムニバス作品「葉衣Ⅳ」を歌手のおおたか静流さんをゲストにお迎えして好評のうちに終えることができました。本年も樋口一葉作「わかれ道」を基にした舞踊劇を提供すべく稽古中です。しかしながら、未だコロナの影響、特に遠方からや高齢者の観客の減少もあり、資金面で非常に苦しい状態が進みつつあります。幸いにも観ていただいたお客様からは概ね好評をいただき、この企画、特に舞踊劇シリーズをぜひ続けるようにとの励ましもいただいています。そもそも資金力の弱いところからスタートしましたので、少しでもその点を補うべくこのプロジェクトを立ち上げてみました。時代にきちんと向き合う作品作りの継続を目指していきたいと思っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼プロジェクトの内容

葉衣企画第8回公演 原作:樋口一葉「わかれ道」

構成・演出:井村昂 音楽:坂本弘道、栗木健 振付・ステージング:花柳輔礼乃

生演奏:坂本弘道、栗木健、うえむらまさゆき、柳家小春 歌:ほたかふみこ

映像:浜嶋将裕 宣伝美術:コバあさこ

出演 ししくら暁子、井村昂、小林麻子、小林夢二、ワダ タワー、花柳輔礼乃、花柳輔礼乃社中(花柳うさぎ、貘、礼子猿、礼狸乃、貂丸)、小山利英、烏羽宏至、竹林和輝、五十嵐恵美

2022年11月12日(土)14:30  18:30  13日(日)14:30 於千代田区立内幸町ホール

 

親方に捨てられた身寄りの無い角兵衛獅子の吉はご隠居に拾われて傘職人となる。その傘屋の裏長屋に住み、仕立て仕事で生計を立てているお京は同じような境遇の吉を可愛がっていた、、、。

日清戦争が終わった頃、日本は近代国家への道を踏み出そうとしていた。、未だ封建的江戸の香りも色濃く残っていた頃の庶民の暮らしを通して、そのエネルギーと悲哀を描く。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼プロジェクトの展望・ビジョン

演劇というジャンルを、舞踊というジャンルを(現在は日本舞踊をベースとした踊り)広い視野からコラボレーション、音楽もオリジナルの曲を中心にフリー演奏も交え、稽古を積み重ねながらも形骸化せずに自由な表現となる舞台作品の創作を目指しています。

時代性、特に明治以降の近代日本の形成と発展を、ライブによる表現のための切り取り方、主に文化面からの読み込みでテキストを作っていき、総合的舞台芸術作品を作っていきます。

日本に限らず、人間社会がなくしてきたもの、獲得してきたものを検証しつつ未来の事象も探っていき、そのための核となる固定的少数のメンバーと緩く連帯していく、たくさんのメンバーを加えた集合体としての活動を続けていきます。

現在までの活動では90パーセントが樋口一葉関連であるが、ここをスタート地点として、明治、大正、昭和、平成、令和に至るまでに点在する鋭い文学作品を、あるいはそれ以前の古典と言われている作品群を、現在の視点から捉え直し、しかも、娯楽的要素をも持つことにより、多様な楽しみ方を模索幅広い観客の獲得を目指します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

プロジェクト実行責任者:
井村昂(葉衣企画)
プロジェクト実施完了日:
2022年11月30日

プロジェクト概要と集めた資金の使途

葉衣企画第8回公演 舞踊劇「わかれ道」の上演。支援していただいた資金は、助成金対象外経費(スタッフ、キャストの弁当代や事務作業費など)に使用させていただきます。

リスク&チャレンジ

プロジェクトに必要な金額と目標金額の差額について
必要金額と達成金額の差額は、助成金申請分と自己資金にてプロジェクトを進めます。万が一、達成できず、助成金も下りなかった場合は、規模を縮小させてプロジェクトを実施します。

プロフィール

葉衣企画

葉衣企画

樋口一葉の作品を舞台化する集団として発足。 芝居、踊り (日舞を基礎とした)、オリジナル曲のライブ演奏 (チェロ、パーカッション)、 歌を融合させた舞踊劇として 2013年よりスタート。 オムニバス「葉衣」のほか「大つごもり」「にごりえ」などを上演。 2020年「葉衣劇中歌集」CDを制作。2021年CD完成記念公演「葉衣Ⅳ」にはおおたか静流が参加、作品に深みを与えてくれた。 活動ジャンルを樋口一葉に限らず拡げる事として、ミュージカル的リーディング 『リーディング2021 夢 「若草物語」 の』 を制作。コロナ禍にて無観客公演となった『リーディング2021 夢「若草物語」の』を2022年2月に有観客にて上演。今後も、様々なジャンルのアーティストとの共同作業による戯曲・文学の劇化・舞台化を目指す。

リターン

1,000+システム利用料


とにかく応援したい

とにかく応援したい

感謝のメールをお届けします。

支援者
1人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2022年12月

3,000+システム利用料


alt

美味しいお弁当を食べて欲しい

キャスト、スタッフに弁当を支給します。感謝のメールをお送りします。

支援者
3人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2022年12月

3,000+システム利用料


舞台写真が見たい

舞台写真が見たい

舞台写真付き、感謝のメールをお送りします。

支援者
0人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2023年1月

3,000+システム利用料


缶バッジで応援

缶バッジで応援

缶バッジ2個セット(定価300円。CD、またはわかれ道バージョンのどちらか)をお送りします。

支援者
0人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2023年1月

5,000+システム利用料


葉衣劇中歌CDコース

葉衣劇中歌CDコース

葉衣劇中歌CD(定価2,500円)を 1枚お送りします。

支援者
0人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2022年12月

10,000+システム利用料


自宅で応援コース

自宅で応援コース

葉衣劇中歌CD(定価2,500円)1枚、葉衣企画代表 井村昂プロデュース「チャンバラヤン」Tシャツ(定価3,500円、画:天野天街/少年王者舘)を1枚、セットでお送りします。

支援者
1人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2022年12月

プロフィール

樋口一葉の作品を舞台化する集団として発足。 芝居、踊り (日舞を基礎とした)、オリジナル曲のライブ演奏 (チェロ、パーカッション)、 歌を融合させた舞踊劇として 2013年よりスタート。 オムニバス「葉衣」のほか「大つごもり」「にごりえ」などを上演。 2020年「葉衣劇中歌集」CDを制作。2021年CD完成記念公演「葉衣Ⅳ」にはおおたか静流が参加、作品に深みを与えてくれた。 活動ジャンルを樋口一葉に限らず拡げる事として、ミュージカル的リーディング 『リーディング2021 夢 「若草物語」 の』 を制作。コロナ禍にて無観客公演となった『リーディング2021 夢「若草物語」の』を2022年2月に有観客にて上演。今後も、様々なジャンルのアーティストとの共同作業による戯曲・文学の劇化・舞台化を目指す。

あなたにおすすめのプロジェクト

NEXT GOAL挑戦中
新渡戸稲造が夢みた教育の魂を未来に届ける映画を、ともに創りたい のトップ画像

新渡戸稲造が夢みた教育の魂を未来に届ける映画を、ともに創りたい

わっきーわっきー

#子ども・教育

109%
現在
3,299,000円
支援者
115人
残り
14日

注目のプロジェクト

新着のプロジェクト

プロジェクトの実施相談をする
プロジェクトの相談をする