2018年春中ハンド開幕まであと1年

 

開会式

3月25日(土)に開幕した2017年春中ハンド(第12回春の全国中学生ハンドボール選手権大会)

 

【結果】女子

優勝:大分市立原川中学校(大分県)初優勝

準優勝:氷見市立北部中学校(富山県)

3位:小松市立芦城中学校(石川県)・大阪市立住吉第一中学校(大阪府)

 

【結果】男子

優勝:大阪体育大学浪商中学校(大阪府)7年ぶり2度目
準優勝:広島メイプルレッズジュニアスポーツクラブ(広島県)
3位:氷見市立北部中学校(富山県)・東久留米市立西中学校(東京都)

 

全国47都道府県から多くの選手と関係者、ご父兄の方が氷見へお越しくださり、また、多くの市民ボランティアの方が運営を支え、まさに「ハンドボールで一つになった五日間」となりました。

 

連日の熱戦では、トリッキーなプレーや速攻、そしてキーパーの好セーブ、ハンドボールの楽しさをあらためて感じることができました。

 

春中ハンドは、東京オリンピック・パラリンピックが開催される2020年まで、氷見市で継続開催されることが決定しております。ハンドの楽しさをもっともっと多くの方に知ってもらいたい!

 

まずは来年の大会に向けて、「ハンドボールのまち・氷見市」として日本のハンドボールを盛り上げていかなければと決意いたしました。

 

 

Facebookページでおすすめプロジェクトを毎日配信しています