雨の降る中、勝浦市芸術文化交流センター(キュステ)に会場を移して始まった「勝浦まちなか大道芸」です。

キュステの中には「日本最大の享保雛」や竹飾り、また大ホール内に並べられた約8,000体もの雛人形をお目当てに、朝9時の開場と同時にたくさんのお客様が訪れます。

9時30分からの初回パフォーマンスの準備をしておりますと、お客様から「何かあるの?」とお声を掛けていただくことも。

そしてトップバッター、三雲いおりさんのパフォーマンスが始まりました!

お客様の笑いを誘いながらのコメディジャグリング☆

最初は遠巻きに見ていた皆様も、次第に身を乗り出してパフォーマンスを見守ります。

左の男性、実はお客様なんです。

パフォーマンスは時にお客様の手を借り、一体となって、どんどん盛り上がっていきます。

はるばる福岡から来てくださったMr.BUNBUNさんのインポッシブル書道。

多くのお客様を笑いの渦に巻き込み、小さなお子さんからご年配の方まで手拍子を送り、彼のパフォーマンスに見入っていました。

私も動画でしか見たことがなかったので、写真を撮りながら思わずお客様と一緒に大笑いし、実は一部写真を撮り忘れてしまいました……

お雛様のイベントですし、美しい女性のパフォーマーさんを呼びたい。

そんな実行委員のワガママを聞き入れ、三雲いおりさんが呼び寄せてくださったのが、ポールダンサーのめりこさん。

この日のために衣装もヘアメイクも、更にはピアスも!

お雛様仕様なんですよ♡

高さ3.5メートルのポールを使った妖艶かつアクロバティックなパフォーマンスはまさに圧巻!

お客様は皆、息を呑み、彼女のパフォーマンスを見守っていました。

 

夕方、急速にお天気が回復して晴れ間も見えたことから、急遽「勝浦まちなか大道芸」は元の会場にお引越し。

念願の遠見岬神社の石段飾り前でのめりこさんのパフォーマンスを実施することになりました!

慌てて荷物をまとめてまちなかへ移動するパフォーマーさんと実行委員、そしてお客様方……

しかし、観光でいらしてくださっていたお客様だけではなく、学校から帰ってきた子供たちやまちの商店の皆様にも、少しではありましたがパフォーマンスを楽しんでいただくことができました!

ライトアップされた石段飾りをバックに、ポールダンスを披露してくださっためりこさん。

お客様からの大きな拍手と、パフォーマンスを終えた彼女の素敵な笑顔が、とても印象的でした。

初めての大道芸イベントの初日、行き届かずご迷惑をお掛けした面も多々あったかと思いますが、数多くのお客様の笑顔が見られたことを本当にうれしく思っております。

 

3月1日(金)、3月2日(土)の2日間、今度こそは晴れますようにと祈りながら、お客様のお越しを待つことにいたします。

その2日間をたくさんのお客様に喜んでいただくべく、残り2日となりましたこのプロジェクトに、温かなご支援を何卒よろしくお願い申し上げます。

新着情報一覧へ