「築270年の京都東九条の農家住宅「長谷川家住宅」を存続させたい」をご支援いただき、ありがとうございました。

現在、マジョリカ焼きの色調整を進めております。
当時の製法がはっきりしないこと、当時の釉薬と同じものが使用できないことなど、

現代の製法の範囲で、いろいろ試行錯誤を続けておりますが、

納得のいく色味の調整ができるまで、もう少し時間がかかりそうです。

 

制作が進捗しましたら、またご奉公させていただきます。

 

今後とも長谷川家をご支援いただきたく存じます。

 

新着情報一覧へ