READYFOR
クラウドファンディングとははじめる
ログインログイン・登録
成立

被爆体験と平和への願いを次代へ-継承プロジェクト、スタート!

被爆体験と平和への願いを次代へ-継承プロジェクト、スタート!

支援総額

737,000

目標金額 700,000円

支援者
75人
募集終了日
2020年2月20日
プロジェクトは成立しました!
2人がお気に入りしています

終了報告を読む


2人がお気に入りしています
2020年06月23日 22:52

いよいよ絵本が発刊されます。ホームページは7月にアップ。

継承プロジェクトとして取り組んできました絵本『北の里から平和の祈り ノーモア・ヒバクシャ会館物語』は、いよいよ6月27日、北海道新聞社から発刊されます。A4判上製カラー、本体200…

もっと見る

2020年02月13日 00:47

『希望の義足』(文こやま峰子、絵藤本四郎)を頂きました!

こやま峰子さんと藤本四郎さんが作った『希望の義足』(NHK出版)をいただきました!絵本の帯には「「義足があればこの国は変わる」 激しい民族紛争で手足に障害を抱え苦しむアフリカ・ルワ…

もっと見る

2020年01月31日 18:11

改めて、こやま峰子さんをご紹介します―

こやま峰子さんは、詩人・児童文学作家。ユニセフ、赤十字国際委員会、プラン・インターナショナル・ジャパン等とタイアップしたキャンペーンブックを多く手がける。『にじいろのしまうま』(金…

もっと見る

2020年01月30日 15:46

作家・こやま峰子さんからお祝いのメッセージが届きました!

『北の里から平和の祈り』(ノーモア・ヒバクシャ会館物語)の絵本制作のクラウド・ファンディング目標達成、おめでとうございます。 この企画、プロジェクトに心を寄せて頂き、寄付の支援をし…

もっと見る

2020年01月17日 23:09

藤本さんからラフスケッチが届きました!

新しく絵本の絵を描いて下さる藤本さんから早速ラフスケッチが届きました ! ここではその表紙部分を紹介します。さあ、どんな物語が展開するのでしょうか。

もっと見る

2020年01月16日 00:43

絵本の画家が藤本四郎さんに代わります-

絵本の正式の題名が『北の里から平和の祈り』に決まり、こやま峰子さんの完成稿をもとにいろいろな準備が進んでいます。ところで皆さまにご連絡とご了解を得たいのは、絵を担当されていた渡辺あ…

もっと見る

2019年12月14日 12:14

絵本の英訳担当の二人が会館を訪れました-

 『北の里から平和の祈り』の作者こやま峰子さんは、絵本に英訳文も載せたいという強い希望をお持ちです。それは小学校にも英語教育が入ってくる時代であること、そして被爆の問題はすべての世…

もっと見る

2019年12月02日 22:29

ホームページの検討すすむ!

プロジェクトの柱のひとつ、ノーモア・ヒバクシャ会館のホームページの検討が着実に進んでいます。 <全体仕様> 日本語版 英語版(段階を踏んで) スマホ対応 トップページはイラスト…

もっと見る

2019年11月23日 13:19

継承プロジェクトをアップしました!

被爆体験と平和への思いを次の世代に-、継承プロジェクトをアップしました。当初の予定から大分遅れましたが、今日はローマ教皇の来日の日、これも何かのめぐりあわせだと考えています。皆さま…

もっと見る

リターン

1,000


私も支援

私も支援

①お礼のメールをお送りします。
②こやま峰子さん・渡辺あきおさんの絵葉書1枚を郵送します。
③「被爆者協会支援者芳名録」にお名前を記載し保存します。

※絵葉書はこやま峰子さんと渡辺あきおさんの作品『あだなはかっぱ かっぱっば』の一場面です。

※注意事項:このリターンに関する条件の詳細については、リンク先
(https://readyfor.jp/terms_of_service#appendix)の「リターンに関するご留意事項」をご確認ください。



支援者
14人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2020年3月

3,000


広がれ世界へ

広がれ世界へ

①お礼のメールをお送りします。
②佐藤千穂さんの絵葉書5枚セットを郵送します。
③「被爆者協会支援者芳名録」にお名前を記載し保存します。

※佐藤千穂さんは小樽市に生まれた画家・造型家。ガラスや板、和紙、布等の上に、油彩や水彩、アクリル、その他さまざまな顔料で自由に表現した。流木を用いた造型も試みた。その透明感と開放感のあふれた作品には全国各地に多くのファンがいた。洞爺湖町の舞踏家川端ひろ子さん(被爆者、故人)としばしば「絵と踊り」のコラボレーションも行った。毎年開かれる被爆者の追悼会には絵葉書を無料で提供してくれた。2019年1月、病気のため52歳で逝去。

※注意事項:このリターンに関する条件の詳細については、リンク先
(https://readyfor.jp/terms_of_service#appendix)の「リターンに関するご留意事項」をご確認ください。 

支援者
13人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2020年3月

5,000


被爆者とともに

被爆者とともに

①お礼のメールをお送りします。
②越智晴子さんの証言DVDを郵送します。
③「被爆者協会支援者芳名録」にお名前を記載し保存します。

※越智晴子さんは前北海道被爆者協会会長。22歳の時西宮の自宅から兄夫婦のいる広島に行き、爆心から1.7km離れた千田町で被爆、大けがを負い原爆症にさいなまれてきた。やがて夫の故郷北海道に移り住み、30代後半から自分の被爆体験を語り、戦争と核兵器のない世界を訴えた。2015年逝去。亡くなる直前まで記憶鮮明に語り続けた。このDVDは2013年大学生のインタビューに答える形で作られた。札幌市(企画・制作)の承諾のもとに作成。22分。

※注意事項:このリターンに関する条件の詳細については、リンク先
(https://readyfor.jp/terms_of_service#appendix)の「リターンに関するご留意事項」をご確認ください。

支援者
18人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2020年3月

10,000


子どもたちの未来へ

子どもたちの未来へ

①お礼のメールをお送りします。
②こやま峰子さん作・渡辺あきおさん画の新刊絵本(『北の里から平和の祈り』2020年5月3日発刊予定)を郵送します。(画像はイメージ)
③「被爆者協会支援者芳名録」にお名前を記載し保存します。

※ストーリー:7歳のまり子は長崎で被爆し、父と母を失い祖母と二人きりになった。まもなく祖母が子どもの頃に過ごした北海道へ。まり子の手には被爆した小さなマリア像が大事に握られていた……。

※注意事項:このリターンに関する条件の詳細については、リンク先
(https://readyfor.jp/terms_of_service#appendix)の「リターンに関するご留意事項」をご確認ください。

支援者
27人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2020年6月

30,000


がっちり支援Ⅰ タイプ

がっちり支援Ⅰ タイプ

①お礼のメールをお送りします。
②こやま峰子さん作・渡辺あきおさん画の新刊絵本(『北の里から平和の祈り』)+佐藤千穂さんの絵葉書5枚セットを郵送します。
③「被爆者協会支援者芳名録」にお名前を記載し保存します。

(画像はイメージ、毎年8月6日に行われる原爆死没者追悼会)

※注意事項:このリターンに関する条件の詳細については、リンク先
(https://readyfor.jp/terms_of_service#appendix)の「リターンに関するご留意事項」をご確認ください。

支援者
1人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2020年6月

50,000


がっちり支援Ⅱ タイプ

がっちり支援Ⅱ タイプ

①お礼のメールをお送りします。
②こやま峰子さん作・渡辺あきおさん画の新刊絵本(『北の里から平和の祈り』)+越智晴子さんの証言DVDを郵送します。
③「被爆者協会支援者芳名録」にお名前を記載し保存します。

(画像はイメージ、2015年、ニューヨークで被爆体験を語る眞田保被爆者協会会長)

※注意事項:このリターンに関する条件の詳細については、リンク先
(https://readyfor.jp/terms_of_service#appendix)の「リターンに関するご留意事項」をご確認ください。

支援者
3人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2020年6月

100,000


がっちり支援Ⅲ タイプ

がっちり支援Ⅲ タイプ

①お礼のメールをお送りします。
②こやま峰子さん作・渡辺あきおさん画の新刊絵本(『北の里から平和の祈り』)+佐藤千穂さんの絵葉書5枚セット+越智晴子さんの証言DVDを郵送します。
③「被爆者協会支援者芳名録」にお名前を記載し保存します。

(画像はイメージ、2017年の被爆者協会総会)

※注意事項:このリターンに関する条件の詳細については、リンク先(https://readyfor.jp/terms_of_service#appendix)の「リターンに関するご留意事項」をご確認ください。

支援者
1人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2020年6月
プロジェクトの相談をする