READYFOR
クラウドファンディングとははじめるさがす
成立

紀伊半島大水害を教訓に災害時の飲み水確保用の浄水器を設置!

平田智也

平田智也

紀伊半島大水害を教訓に災害時の飲み水確保用の浄水器を設置!

支援総額

640,000

目標金額 600,000円

支援者
55人
募集終了日
2017年12月12日
プロジェクトは成立しました!
2お気に入り登録2人がお気に入りしています

終了報告を読む


2お気に入り登録2人がお気に入りしています
2017年11月13日 17:34

支援者からの素朴な疑問と回答

先日、当プロジェクトを応援していただいております方から素朴で的確な疑問をいただきました。

ろ過装置は事業にも利用するのですか?

そのろ過装置がなくては事業ができないのですか?という質問でした。

なるほど!事業で井戸水を利用している、しかもその井戸水のろ過装置です。そのような意見がでるのも当然かと思いました。

そこで少し説明させていただいたのですが、プロジェクトの内容文の簡単に記載はしておりますが、まず事業用の井戸水の設備は完成しております。ですので今回のろ過装置がなくても事業は可能です。またいつ災害に見舞われることがあっても前回同様生活用水の供給はすでに可能です。

ろ過装置はあくまでも飲み水を確保するということです。このろ過装置で井戸水に含まれる不純物はもちろん一般細菌も除去可能なので安心して飲み水としてご利用いただけます。

水害の際もそうでしたが、私共は事業で井戸水を利用する都合上、連続して汲み上げるポンプや、汲み上げた水を殺菌する装置を有しております。だから沢山の方にお水を提供することができました。ただ井戸があるだけでは沢山の方への供給は難しいと思います。手漕ぎポンプで汲み上げる労力、時間を考えるとかなりの無理があると思います。

ろ過装置に関しましては、購入後フィルターや機械のメンテナンスも必要でございます。それを考えますとやはり事業で利用可能な私共がやることに意味があるのではないかと考えております。

様々な災害時の支援があると思います。壊れた家屋を修復される方、寸断した道路を復旧される方、停電時、電力を復旧される方、私共にできるのはお水を提供することぐらいしかございません。

皆様、残り1か月ですが変わらぬご支援頂きます様よろしくお願いいたします。

 

一覧に戻る

リターン

5,000

alt

お礼のメールと設置の報告書をお送りします

・お礼のメール
・活動報告書

支援者
20人
在庫数
制限なし
発送予定
2018年5月

10,000

alt

サポーターとして井戸の近くに設置する支援者様一覧にお名前を掲載(個人様のみ)

・お礼のメール
・活動報告書
・井戸の近くに設置する支援者様一覧にお名前を掲載(個人)

支援者
29人
在庫数
制限なし
発送予定
2018年5月

30,000

alt

地域の防災を考えるワークショップにご招待と釜揚げしらすと佃煮のセット

・お礼のメール
・活動報告書
・井戸の近くに設置する支援者様一覧にお名前を掲載(個人)
・地域の防災を考えるワークショップを開催し、そこにご招待
・熊野灘の網本 ㈱王子水産の釜揚げしらすと佃煮のセット

支援者
3人
在庫数
制限なし
発送予定
2018年5月

50,000

alt

【法人様向け】井戸の近くに設置する支援者様一覧にお名前を掲載

・お礼のメール
・活動報告書
・井戸の近くに設置する支援者様一覧にお名前を掲載(法人)
・熊野灘の網本 ㈱王子水産の釜揚げしらすと佃煮のセット

支援者
3人
在庫数
制限なし
発送予定
2018年5月

プロジェクトの相談をする