プロジェクト終了報告

2018年03月29日

親愛なるみなさまへ

みなさまのおかげで、クラウドファンディング「命の大切さ伝える保護犬写真集を作って学校や図書館にとどけたい」のプロジェクトは無事に終了を迎えることができました!!

 

みなさんからご支援いただきました大切なお金 1,877,000円によって、とても立派な保護犬の写真集を作ることが現実のものとなりました。

 

この成功をもって、保護犬の写真集をこの国の次世代を担う多くの子どもたちに見てもらうことが出来ます!!

 

 

果たして本当に実現ができるのかと不安の中で始まったこのプロジェクトですが、たくさんのみなさんが想いを同じくして、目標に向かって心を一つにして、一緒に走って頂けたことに、本当に感謝し感激しております。

 

保護犬と動物の未来の為に、命の大切さを次世代に伝えるという、このプロジェクトの重要性をご理解頂き、ご賛同いただき大切なお金でご支援いただいたことは、この問題で大きく立ち遅れている今の日本の社会を変えるための、大きな第一歩です!

 

既に写真集は教育委員会などの地方自治体を通じて小学校、中学校、図書館への寄贈が続々と決まっています。

また、ご支援で入手いただいた個人のみなさまからは、動物病院やカフェ、そして子ども食堂などへの寄贈が行われています。

更には、小学校の読み聞かせでの活用もされます。

(これらの寄贈などに関する詳細は今後の新着情報でお知らせしていきます)

 

このプロジェクトはここで終了となりますが、今から写真集を実際に子どもたちの手に届けるという次のスタートが始まります!!

 

そして、その先にもまだまだ控えていることがあります。

それは、この写真集を全国の全ての小学校、中学校、図書館へ寄贈するとういう大きな目標です!!

このプロジェクトによる写真集の寄贈の実績をもとに、今後は国や自治体に働きかけていきたいと思います。場合によっては企業などの力を借りるという手立ても考えられます。

 

この終わりは大きな始まりです!!

 

親愛なるみなさま   本当に本当にありがとうございました!!

そして、これからもよろしくお願いいたします!!

 

平成30年3月29日

「保護犬のわんこ」プロジェクト 

巽 祐一郎

 

*プロジェクトの全体の経費の精算は新着情報の方で行っておりますので、お手数ですがそちらでご確認をお願いします。