1振目の国重は下研ぎされ、沸の荒い中直刃が確認できました。刃こぼれの深いところは姿のバランスを考えて少し残すことになりそうです。NHK岡山とRNC西日本テレビが今月中に取材してくれます。2振目の太刀祐国は、5月15日に下研ぎが始まりました。16日のNHK岡山でニュースが放送されました。3振目の脇指祐国も本日から下研ぎが始まり、山並みに見える腰刃を焼いて飛び焼きは月に見立て、その上を直刃でまとめた綺麗な刃文で焼いているようです。明日もおさふね刀剣の里で実演されるので、是非見に来て下さい。この3振は、この秋10月2日(日)備前長船刀剣博物館 大研修室で公開予定です。展示は、11月10日~1月22日まで見ることが出来ます。楽しみにしていて下さい。

新着情報一覧へ