こんばんは。下吹越です。今日は、指宿駅前にある足湯がある広場で紙芝居のおはなし会をしました。

 

たくさんの子どもたちが来てくれました。駅から図書館まで遠いので、小さい子どもたちは自分たちで来られません。私たちが出向くことで、本との出会いを生み出せるのですね。

 

また、移動するブックカフェにはコーヒーや紅茶を飲めるカウンターを備え付けます。

 

到着した先では、パラソルを広げ、テーブルや椅子を置き、そこで本を読んだり、おしゃべりをする空間をつくります。

 

子どもたちが来たら、「そらまめの会」のメンバーが絵本の読み聞かせをしたいと思います。大人同士の読書会、本の紹介する会など人が集うイベントを組んでいきます。

 

実際に行っている活動ですが、観光客の前で、地元の民話の紙芝居を、鹿児島弁で読むおはなし会は人気です。車ができたら、観光地にも積極的に出向いていきたいです。

 

地元の農家さんと連携し、指宿名産の野菜の直売も考えています。車がないのでお買い物をするのも大変な方たちを支えます。

 

歌や芸達者のお友達を連れて行き、いきなり路上ライブや演奏会、路上パフォーマンスも楽しそうだと思っています!

 

みなさんが必要としていること、学びになること、楽しんでもらえることを考えながらプログラムを充実させていきます。

 

今日は指宿駅前で足湯紙芝居を行いました!

 

外は広々、のびのび、いいですね。走るブックカフェができるともっと遠くまで行くことができます。

 

■2017年7月18日(火)23:00までにあと609万5千円必要です■
目標金額750万円を目指してクラウドファンディングに挑戦中です。ご支援、シェアのご協力をいただけたら幸いです。
「すべての人に本のある空間を!指宿を走るブックカフェをつくる」
https://readyfor.jp/projects/ibusuki-bookcafe