皆さま、ありがとうございました! 大成功でした。

 木谷正道です。

 昨日、大船渡から戻りました。

 

 三日間、感動の連続でした。

 囲碁列車が盛駅につくと、幼稚園児が日台の小旗で迎え、勇壮な太鼓が演奏されていました。

 市長、副市長、教育長、市議、商工会議所会頭ら、市の主だった方々が総出で迎えてくれました。

 

 囲碁神社奉納祭は厳粛で、静かながら圧倒的な迫力でした。

 前夜祭には、台湾大使館(台北駐日經濟文化代表處)から紹興酒120本が差し入れられ、大いに盛り上がりました。

 11日の囲碁大会は大盛況でした。

 メインイベントの記念対局はもとより、日台盲学校囲碁大会が関心を集めました。

 トークでは参加生徒全員が堂々と発言し、聴衆を湧かせました。

 子どもを対象とした「30分で覚える囲碁」には子ども10人をはじめ30人が参加し、岡田裕美子六段の名講義に聴き入っていました。

 

 11日の岩手日報、12日の東海新報の一面に、大きな記事が掲載されました。明13日には、岩手日報が特集を組んでくれます。

 このほか、NHK、朝日、毎日、共同などで報道されました。

 

 このプロジェクトには、震災復興、囲碁、国際交流、教育、障害者福祉、多世代交流などたくさんの切り口があります。今後の展開により、おいおい全容が見えてくると思います。

 

 今回の囲碁神社とに日台交流囲碁大会を足掛かりに、かならず復興につなげます。

 あと2時間で、クラウドファンディングは終了しますが、復興プロジェクトはずっと続きます。

 これからも私たちを見守り、ご支援いただけますよう、心からお願い申し上げます。

 

 心からの感謝を込めて。

 

 平成28年6月13日 22時

   木谷正道

 

Facebookページでおすすめプロジェクトを毎日配信しています