皆さん、こんにちは。一騎討実行委員会です。

 

今日でプロジェクト開始から6日が経ちました。すでに20名近くの方にご支援頂き、とても心強いです。ご支援頂いた皆さん、情報の拡散にご協力頂いた皆さん、本当にありがとうございます。

 

そして、プロジェクト公開後はSNSやメールなどを通じて様々な激励の声も頂いております。とても有り難いことですね。

 

しかし、中には「柔術とか、そもそも知らないし・・・」と言われる方もいらっしゃいます。当然だと思います。何だかよく分からないモノに支援は出来ませんね。

 

だとすれば、「柔術」とは何か、改めて伝えさせて下さい。


実行委員会のメンバーも皆柔術を嗜んでいます。
須藤元気はブラジリアン柔術の黒帯です。

 

「一騎討」は日本の武道が持つ世界観を大事にしていますし、我々は経験者であるがゆえ、柔術の魅力を伝える際には、つい歴史的なところから入ってしまいがちになります。

 

でも、これがいけないのかもしれませんね。


昨今(海外では特に)子供や女性に絶大な人気を博している「柔術」の魅力を語るのに、難しい歴史は必要ないのかもしれません。

 

 

どういう競技で、何が面白いのか。なぜ一度やるとハマってしまうのか。なぜ女性人気も高まっているのか。子供に習わせたいのか。ビジネスマンやセレブにも人気で、あのGoogleが福利厚生にも採用しているほどの「柔術」とは一体なんなのでしょうか。

 

まずは、以下に挙げた2つの記事からポイントを引用させて頂きました。

 

Googleが福利厚生に採用した「ブラジリアン柔術」が日本のビジネスマンにも人気な理由

 

------------------------------------------------

●柔術は身体を使ったチェスである

 

●根性論や精神論より技術メソッドが確立されている

 

●コミュニケーションの場になると同時にストレス解消にもなり、身体も健康になると同時に護身術にも役立つ

------------------------------------------------

 

【子供に柔術をやらせるべき9つの理由】プロサーファーにも人気のブラジリアン柔術とは?


------------------------------------------------

●身体の柔軟性、筋力、バランス感覚が付きます。また柔道や空手よりも怪我する機会は少ない

 

●柔術道場は国籍や年齢問わず、色んな人種の方が練習に訪れる為、国際的な人間に成長します

 

●言葉遣い、 掃除片付け、自分より下の者への配慮。あらゆる社会的ルールを学べる

------------------------------------------------

 


道着を着用して行う、寝技を主体とした武道」である柔術は、究極の全身運動と言えます。試合は「関節技や絞め技による一本だったり、ポイントで決まる」わけですが、その関節技を取るためだったり、ポジションを取るために、様々な駆け引きや創意工夫が行われます。これが「身体を使ったチェス」と言われる所以です。

 

打撃もないですし、関節技が決まっても、すぐに「参った(タップ)」をすれば怪我することは少ないでしょう。当然格闘技ですから、他者との接触がないスポーツに比べれば、ケガする可能性はあります。

 

ただ、格闘技という入るには壁があり、踏み込む勇気が必要となる場所で共に汗を流すからこそ構築できる強固な人間関係などは「柔術」の魅力を形成する一つの要素と言えるでしょう。

 

その上で頭を使って行う全身運動であり、礼節もしっかりしている武道である柔術が、ビジネスマンや女性、「子供にやらせたい」習い事として日本でも徐々に人気が出てきているのは当然のことなのかもしれません。

 

しかし、だからといって「柔術」がマイナー競技であることに変わりはありません

 

我々は「一騎討」を通じて、魅力の詰まった「柔術」の認知度を上げ、これに関わる人達の競技人生や生活をより高めていきたいのです。

 

よくマイナースポーツ競技者が「この競技をメジャーなものにしたい」と口にすることがありますが、自分自身が国民的アスリートになる以外、具体的な方法を見たり、聞けたりすることはありません

 

 

しかし、「一騎討」には具体的な術があります。

 

親日家を中心とした海外の人々が好むフォーマットで大会を行い、国内に向け「海外で話題になっている」というアプローチから一般メディアにおける「柔術」という言葉の露出量を増やしていきます。

 

コツコツと地道に「柔術」の啓蒙に励むという方法もあるでしょう。しかし、この情報過多な時代において、旧来の方法で日の目を見ることは難しいのではないでしょうか。「一騎討」にしかできない「柔術」の広め方があります。是非皆さんのお力をお貸し下さい。