「キュウとリー」ガーランド、文:イコ

 

「キュウキュウ、リーリー、キュウ、リーリー!」

キュウとリーの兄弟が笑いながら、よちよちイコノス島の、よく車が通る道のはしっこで歩いていました。

おかし屋さんに行くとちゅうです。

そのおかし屋さんは、リーのお気に入りで、森の先にあります。

リーは甘いものが好きで、食べ過ぎてよくキュウに怒られます。

「リー、そんなに食べてたら、おれがバカにされるだろ!」

「ん〜!」

リーがおかしを食べていると、おなかがぶくぶく太っていくのがわかります。

それを見るたびにキュウはいやな顔をするのでした。