プロジェクト概要

 

皆様のあたたかいご支援により、

第一目標金額の80万円を達成することができました。

本当にありがとうございました。

本榊の植樹などのために、ネクスト・ゴール、130万円を目指します。

 

皆様のあたたかいご支援のおかげで、無事80万円の目標金額を達成することができました。本当にありがとうございました。

 

ここまでのご支援によって、伊勢榊を皆様にお届けするこの事業を始めるための備品などの購入ができることとなりました。ですが、より多くの方にお届けするために本榊自体をもっと増やしていきたいと考えています。

 

そこで、ここから130万円のネクスト・ゴールを目指し、大紀町産本榊の植樹50本を行いたいと思います。また皆さんによりこのブランドをお伝えしていくために、伊勢榊オリジナルシールや梱包用緩衝材・本榊を包むフラワーパック、伊勢榊のリーフレットも合わせて準備したいと思います。

 

ぜひこのネクスト・ゴールを達成させ、本榊自体を増やし、多くの方に継続的に、日本産の本榊をお届けしていきたいと思いますので、引き続きの応援、ご支援をよろしくお願いいたします。

 

<2017年3月16日追記>

**************************************

 

日本産の榊(さかき)を増やしたい!三重県大紀町大宮産の元気な榊「伊勢榊」をお届けし、大宮永会古里を盛り上げて行きたい!

 

ページをご覧いただき、ありがとうございます。伊勢榊の谷口彰世と申します。

私は、伊勢の地に住み26年になり、現在は婚礼関係のお仕事をさせて頂いております。 以前より、この伊勢の国・大紀町大宮永会古里で義父が日本の神々のいる神棚へお供えする榊(さかき)を育て、また出荷卸をしてきましたが、その後は、だれもこの家業を引き継ぐことなく時が経っていました。

 

しかし近年、日本産の榊が中国産(日本国内シェア90%)の榊におされて減ってしまっている現状や、この榊の生産地である大紀町大宮永会古里がだんだん元気がなくなってきてしまっている状況を目にし、この地の山々の恩恵・神々の恩恵を受けて育った榊を「伊勢榊(商標登録中)」と名を付け、全国に伊勢榊をお届けしたいと考えました。またこの「伊勢榊」を通して、地域を盛り上げ、全国の方に榊だけではなく、大紀町の素晴らしい農産物の魅力も伝えていきたいと思っています。

 

この「伊勢榊」を全国に向けて情報発信する為に、HPの開設・チラシパンフ作成・伊勢榊オリジナル送り用箱作成や、旧作業所の復旧処置や作業場への山水引きなどが必要となりますが、資金が足りていません。 ぜひみなさんのお力をお借りできればと思います。

このプロジェクトは永会古里で生活をして榊を取扱う方、この集落で農業を営む方との話し合いの中で、少しずつ意見や費用・希望を出し合いながら立ち上げましたプロジェクトで、まずは「伊勢榊」のブランド化を目指して行きます。また、それに伴い大紀町の農産物をニーズのある方々にお届けさせて頂く事を最終目標としておりますが、プロジェクトのスタートをさせて頂くに当りどうしても資金が不足しております。

 

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd
作業はひとつひとつ丁寧に行っていきます。

 

古くから「神宮」と繋がりのあるこの土地、昔は神事などに使われる榊(さかき)や樒(しきみ)を育てる人々が多く住んでいました。

 

この集落がある山々は、神宮より直線距離で約20キロ・また神宮の別宮「滝原宮」より直線距離で約7キロの場所に位置し、偶然にも神宮と滝原宮を繋ぐ山々の一直線上にございます。この山で育つ榊は、日本百名水「宮川」に流れ出る山水で育った榊です。

 

また神宮の内宮・外宮の両御正宮に敷き詰められている「お白石」は、その「宮川」の岸辺より採取されました白い石でもあり、この大紀町大宮永会古里(七保地区)の山々は古くから「神宮」や「宮川」と深い繋がりがある山々です。

 

その昔、この集落の者は、榊や樒の採取や剪定・結束・卸販売を生業(今でもこの集落ではそれらの者を「花屋」と呼んでおります)としていた者や、農業を営む者が、私共の作業場がある「大宮永会古里」には多く居ました。

 

しかし、現在は42世帯ほどしかなく、過疎化が進むと共に超高齢化現象も起きております(平均51歳)。 その理由は、集落には産業も無く、山に入るより、また山々に囲まれた集落では1つ1つの田畑面積が小さいので作業効率も悪く農業をするより町に出て仕事をしたり、そして中国産の榊などに押されて花屋を廃業して行く者が増えてしまったからです。

 

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd
受け継がれてきた技術を後世に残していくことも大切だと考えています。

 

三重県大紀町大宮産の榊を「伊勢榊」として、亡き義父に成り代わり全国にお届けしたい!

 

生前、義父の仕事を私も休日に手伝う事もあり、田畑は勿論、山に入り榊などの採取なども手伝っておりました。 ただ、山に入るには相当な体力も必要で、義父が76歳の頃に山に入る事を止めました。山に入っていた時も、山に入るのを止めてからも「日本の榊はどんどん中国産になっとる」と聞かされてきました。

 

決して中国産榊が悪い訳ではなく、需要があるから中国から仕入れをしているのが現状と私は思いますが、昔から花屋をしていた義父には理解し難いように見受けられました。

 

昨年秋、そんな義父の3回忌の際に、義母や親戚から、義父の榊に掛ける想いを聞き、またご近所さんより「集落の現状」を聞き、私に出来る事を約3ケ月考え、今回の「伊勢榊」のチームをスタートさせる事に致しました。

 

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd
日本の神様に日本で育てられた榊をお供えしたいという想いがあります。

 

新鮮で高品質な榊をチーム一丸となって出荷していきます!

 

私達「伊勢榊」チームでご用意させて頂きます榊は、大紀町大宮永会古里と言う集落の山々(七保地区)より採取・剪定・結束・出荷をさせて頂きます。

 

また「伊勢榊」は採取をし剪定後、出荷当日の朝まで山水につけて品質保存管理をしておりますので、水揚げから翌日または翌々日には新鮮な状態でお手元に届きますよう努めてまいりたいと思います。

 

しっかりとした管理体制のもと、安定した生産を目指します。

 

伊勢榊を通して、全国に伊勢の国・大紀町から豊かな農産物を届けていきたい!
そして、地域の人々にもその素晴らしさを改めて感じて欲しい。

 

この集落は過疎化が進む山々に囲まれいる農村です。 しかし、とても豊かな自然が存在し、その恩恵を頂戴する村です。そんな「大紀町大宮永会古里」の魅力である、自然と共に営む生活から生まれる、「榊・お茶・椎茸・お米」 を、今回の伊勢榊をきっかけに、広めていきたいと考えています。

 

まずは「伊勢榊」を、この集落の誇りになるよう、インターネット通販なで拡大していき、その後この集落で育ったお米・椎茸・お茶なども販売して行けるように「榊」を扱う花屋や農家と協力をして行きたいと考えています。

そして「永会古里」だけでなく「七保地区」や「大紀町全体」をも盛り上げたいと思います。

 

このように地域全体で、魅力である自然を活かした産業が育っていけば、村に定住する人が増えたり、村に自信が持てたり、仕事があることで街に出ていってしまう人も減っていくと思います。

 

このようなかたちで村を盛り上げていく第一歩として、今回のプロジェクトをなんとしても成功させたいと思います。ぜひ皆さんんお力をお借りできればと思います。暖かいご支援、どうぞ、よろしくお願いいたします!

 

豊かな自然を活かした魅力を伝えていきたいと思います。

 

 

 

リターン

 

ご支援をしてくださる皆様へのリターンは私達の「伊勢榊」や大紀町の名産をお送りさせて頂きます。

 

3,000円のご支援リターン

〇御礼のお手紙

〇簡易神棚1体

〇伊勢榊1対

 

10,000円のご支援リターン

〇御礼のお手紙

〇簡易神棚1体

〇伊勢榊1対

〇大紀町産七保のお茶セット

〇大紀町産生椎茸2パック

 

20,000円のご支援リターン

〇御礼のお手紙

〇簡易神棚1体

〇伊勢榊1対を3ケ月間

〇大紀町産七保のお茶セット

〇大紀町産生椎茸4パック

 

30,000円のご支援リターン

〇御礼のお手紙

〇簡易神棚1体

〇伊勢榊1対を6ケ月間

〇大紀町産七保のお茶セット

〇大紀町産生椎茸6パック

〇支援者名にて榊の植樹

 

50,000円のご支援リターン

〇御礼のお手紙

〇簡易神棚1体

〇伊勢榊1対を6ケ月間

〇大紀町産七保のお茶セット

〇大紀町産生椎茸6パック

〇支援者名にて榊の植樹

〇大紀町永会古里産29年秋収穫の新米約30キロ

 

ご支援者を頂きました全ての皆様のお名前(企業名や団体名でも可能です)や県市を伊勢榊発足協力者として伊勢榊HP作成時にご案内させてください!

・ただし、必要でない場合はお気軽にお申し付けください

 

※簡易神棚は御朱印帳なども備えて頂く事ができます。

※榊をお送りの際、リクエストによりお勤め先などへお送りさせて頂きます。

※お茶セットは煎茶100グラム・特選煎茶100グラムを各1パックずつとなります。

(このお茶は永会古里の子供達も通う七保小学校の生徒達が町を盛り上げる為に生産している伊勢茶でもあり、お茶1セットにつき少しですが子供達の為に役立てられます)

※生椎茸1パックは約170グラムです。

(この生椎茸は伊勢志摩の有名ホテルなどにお届けしている大紀町の山茶花・小林様生産の生椎茸です)

※新米コシヒカリを精米後、白米にして29年10月発送となります。

 

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd
簡易神棚と榊のイメージ

 


最新の新着情報

このプロジェクトを支援する
(※ログインが必要です)