READYFOR
クラウドファンディングとははじめる
ログインログイン・登録
成立

ジャマイカ教育変革。訪問型の塾で子ども達に逆転のチャンスを!

古田優太郎

古田優太郎

ジャマイカ教育変革。訪問型の塾で子ども達に逆転のチャンスを!

支援総額

2,556,000

目標金額 1,600,000円

支援者
166人
募集終了日
2020年5月29日
プロジェクトは成立しました!
5人がお気に入りしています

終了報告を読む


5人がお気に入りしています
2021年05月26日 08:52

【終了報告】ご支援ありがとうございました!

 

お久しぶりです。ジャマイカの古田優太郎です。

 

本日は、これまでの活動のまとめを終了報告という形で皆さんにお伝えしたいと考えています。

現地での活動自体はまだ続いていきますが、これまでどんな支援を行なってきたのか、またここからどういう形の支援をするのか、そして自分のこれからについて報告させていただきます。

 

少し長くなってしまうかもしれませんが、お時間いただけたら嬉しいです。

 

 

ジャマイカのコロナ禍における教育事情について

 

ジャマイカの学校は2020年の3月からオンライン授業に切り替わっています。

いくつかの学校が対面授業を再開したりなどはあったものの、2021年2月からまた感染が流行したこともあり、現在もほとんどの学校でオンライン授業が続いています。

 

ジャマイカ政府は昨年からタブレットやインターネット環境の改善のため大きな投資を行ってきましたが、小学校低学年や幼稚園年代は後回しになっていて、特にこの年代は学力の面で大きな損失を被るのでは無いかと言われています。

 

一時は学校が再開していく方向で動いていたため、現地の小学校や幼稚園で遅れを取り戻すためのプロジェクトを計画していましたが、再度の感染爆発でまたオンライン授業に逆戻りしてしまいました。

 

 

こういった状況を受けて、一緒に活動をする予定であった現地小学校・幼稚園からデバイスの支援の要請があり、Boundbrook小学校・幼稚園・KDA Learning Center(後で説明します)に対し、30台のタブレットの寄贈を行いました。

 

 

タブレットは家庭に直接寄付するのではなく、学校に管理してもらう形にしました。

これは政府が一部の児童生徒に対し既に行っているタブレット貸与プログラムの中で、デバイスをもらったことで保護者が満足してしまったり、使い方が分からず結局クラスに参加できないなど様々な問題が実際に起きていたからでした。

 

学校から一定期間の貸し出しという形にし、貸し出し前には使い方や管理方法などのオリエンテーションを行い、一週間の内最低3日は授業に参加していないと担任の先生からフォローアップがいく仕組みにしました。

 

担当の先生から保護者への説明

 

 

今回タブレットを貸与された家庭の一つ、エドワードさんとデマーコ君。

 

 

彼の通っていたBoundbrook幼稚園もコロナで閉鎖になり、オンライン授業となっているためお姉ちゃんのダニールと家のベランダで勉強しています。

 

 

しかし、家には一つのタブレット(政府から貸与されたもの)しかないためどうしても高学年のダニールの勉強を優先せざるを得ず、デマーコはオンライン授業を受けられずにいました。

 

お母さんのエドワードさんも元々清掃の仕事をしていましたが、コロナの影響で昨年レイオフされたのもあり、デマーコを学校の授業に参加させたいと思いながらもデバイスを購入することができませんでした。

 

今回タブレットを貸与してもらえたので、デマーコも授業に参加できるようになりました。

 

 

ここが彼の特等席で、皆勤賞でクラスに参加しているようです!偉いぞ、デマーコ。

 

 

 

そもそもインターネットのない子への支援

 

ただ、デバイスをもらって助かるのはそもそも家にインターネットや勉強できる環境がある子供達です。

 

現地の知り合いの保護者からも、家のインターネットが繋がらなくて困っている、毎日子供たちと一緒にいて手に負えなくて困っている、という声をたくさん聞きました。

 

そこで、家庭で勉強するのが難しい子供たちにデバイスやインターネット、学習支援するための大人を配置した学習環境を提供する活動を始めました。

 

 

現地のパートナーとして、元々現地で補習授業などを行っていたKDA Learning Centerのケーディアンを選び、彼女と一緒に活動を行ってきました。

 

 

 

まずは活動場所として、コロナの影響で廃校になってしまった私立の幼稚園を借り上げ、ソーシャルディスタンスを保ちながら勉強できる環境を作りました。

 

3月から休校になっていたのでこの通り

 

草刈りから始めました

 

 

 

ジャマイカの公立学校ではGoogle Classroomを使っています

 

申し込みが増え、一つの校舎には収まらず2拠点で行っています

 

 

昼ごはんも提供しています

 

特に貧困家庭からの子どもは昼ご飯がとても大事

 

このようにデバイスのない子には貸し出しを行い、学校のオンライン授業を受けるサポート、宿題の支援や個別の学習指導を行っています。

 

 

この活動の中では2つのターゲット層を決めています。

①経済的に問題がなく、子供を預かってもらいたい家庭の子ども

②経済的にも厳しく、学習環境の無い家庭の子ども

 

①の家庭はコロナ禍でも仕事があって金銭的にも問題ないが、子どもを家庭で見切れない・まともな学習環境を与えたいという家庭です。

こういった家庭の子どもたちからは、1日あたり日本円で400円程度の授業料を頂戴しています。

これらのお金が、学習サポートをするための学習支援員たちのお給料になります。

現在では6人の支援員さんが働いてくれています。

 

 

この中のほとんどがコロナで仕事を失った人でもあります。

子どもたちの支援に加えて、大人の雇用も作れたことはとても意味があったと思います。

 

そして、②の貧困家庭から来る子どもたちは無料で通うことができるようにしています。

ジャマイカではPATHプログラムという貧困家庭を政府が承認する仕組みがあるのですが、このプログラムに入っている家庭の子供は無料で参加できます。

 

この活動を始めてみたところ保護者からの反響が想像以上に強く、現在ではソーシャルディスタンスを保ちながら行うことのできる限界である60人を遥かに超えた申し込みがあり、順番待ちになっている状態です。

 

また場所も一拠点では収まりきらなくなり、二校舎を使っています。

 

それだけ家庭で子どもたちが勉強させることが厳しく、困っている親がたくさんいると言うことだと思います。

 

実際に、もう子どもを見切れない、と男の子を連れて駆け込んできた貧困家庭のお母さんの表情を見て、こういうことが至る所で起きているんだろうと思うと、本当に大変なことになっているなと感じました。

 

また悲しいことに家庭内暴力が非常に多いジャマイカでは、学校がなくなったことで逃げ場が無い子ども達が多くいるといわれています。

 

そう言う意味でも、外に出て、友達と会い、先生と会って勉強できる環境を提供したいという思いでいます。

 

 

活動を引っ張ってくれているケーディアン

 

活動が軌道に乗ったのは、教育に対して大きな情熱を持っているケーディアンがいたからです。

彼女が主体的に動いてくれたおかげで設備や環境が整い、これだけの保護者が申し込んでくれるようになりました。

 

現在では彼女がほとんどの業務を行なっています。

彼女がいなければ活動は絶対にここまでの規模になっていませんでした。

 

彼女への絶大な信頼感を持つようになり、自分が帰ったとしてもこの活動はいい形で続いていくと確信しました。

 

 

 

自分のこれからについて

 

こういった状況の中で、僕は日本に帰国することを決めました。

 

以前の記事でもご説明したように、ジャマイカの教育事情はコロナを機に一変してしまい、これは当分の間元には戻らないだろうと考えています。

自分自身も経済的に切り詰めながら生活してきた中で、この状況で継続的な活動を続けていくのが難しいところまできてしまいました。

 

何とか継続してくための道を探しながらやってきて実は光が見えていたタイミングもあったのですが、3月にコロナ再流行で学校の閉鎖が決まったのが決定打となりました。

基本前向きな自分ですが、この時ばかりは精神的にもキツくしばらく落ち込みました。

ただ、このタイミングで自分の中で覚悟を決め、そこからは自分がいなくなってからの体制を考えて、ケーディアンと議論しながら活動をしてきました。

 

そして、自分がいなくなった場合でも今の活動が回っていく仕組みができた今、活動を完全にケーディアンに託すことを決めました。

 

ジャマイカの教育を変えたい、とか大きなことを言っておきながらこのような形になってしまったのは本当に情けない限りですが、この悔しい気持ちを持ち続けて生きていこうと思います。

一度日本で体制を立て直し、経済的にも自分の実力的にももっと成長して、いつか戻って来たいと思っています。

 

 

ケーディアンが最後にくれた感謝状にこんな言葉が書いてありました。

 

 

Shoot for the moon. Even if you miss, you'll land among the stars.

月を目指しなさい。例え届かなくてもどこかの星には到達するから。

 

コロナの影響で自分の目標には全く到達しなくなってしまいましたが、その分本当に必要な人たちに支援を届けることができました。

 

この人たちの為にジャマイカに残って頑張ったことがある、ということが自分の人生の大きな財産になると信じて、これからも頑張っていこうと思います。

 

 

支援者の皆様への感謝

 

コロナの影響で自分の思い描いていたチャレンジとは全く違う形になってしまいましたが、でも結果的に今のジャマイカの子どもたち・保護者にとって一番意味のある活動の形になったんじゃないかと思います。

 

1日数十人への支援と聞いて、少なすぎて意味が無いと思う人もいるかもしれません。

 

ただ自分は毎日こども達と一緒にいる中で、子どもや親御さん一人一人の目線で見てみると全く違うのかな、とも思います。

この活動がなければまともな勉強もせずただ家にいる子どもたちが、友達や大人と勉強できる環境にいられるということには大きな意味があると信じてます。

 

こういう活動ができたのも、クラウドファンディングの支援をしてくださった方々のおかげです。

皆様の支援がなければ校舎も借りれませんでしたし、学習支援の先生たちに職を作ることも子どもたちに学習環境を提供することもできませんでした。

そしてこういう大変な状況だからこそ、子どもたちや現地の方達との繋がりは強くなりました。

その機会をくださった皆様には本当に感謝しかありません。

 

クラウドファンディングの支援者の皆様、本当に、本当にありがとうございました!

 

 

 

支援金の内訳について

・学校賃料 (2020/11~2021/8) 615,385円

・インターネット, 光熱費等 123,077円

・タブレット(30台)+ケース 738,461円

・教材費 107,692円

・現地スタッフ人件費 230,769円

・プリンター等必要機材 46,154円

・交通費 70,000円

・READYFORサービス手数料 477,972円

・残りの金額はPATHプログラムの学生の授業料の一部に当てさせていただきました。

 

リターン

3,000


【お気持ちコース】ご支援の大部分がプロジェクトの資金に使われます

【お気持ちコース】ご支援の大部分がプロジェクトの資金に使われます

リターン経費が大きくかからないリターンのため、ご支援の大部分をプロジェクトに使用させていただきます。

■ サンクスメール

支援者
57人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2020年6月

10,000


【1万円コース】ご支援の大部分がプロジェクトの資金に使われます

【1万円コース】ご支援の大部分がプロジェクトの資金に使われます

リターン経費が大きくかからないリターンのため、ご支援の大部分をプロジェクトに使用させていただきます。

■ みなさまのご支援でスタートさせた訪問型塾のご報告レポート(PDF)

■ 現地から、子どもたちと一緒にサンクスムービーをお届け(URL)

-----
■ サンクスメール

支援者
61人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2021年1月

10,000


【ジャマイカから産地直送】ブルーマウンテンコーヒーをお楽しみください

【ジャマイカから産地直送】ブルーマウンテンコーヒーをお楽しみください

■ 産地直送の100%ブルーマウンテンコーヒー(4oz) :粉or豆

-----
■ サンクスメール

■ みなさまのご支援でスタートさせた訪問型塾のご報告レポート(PDF)

■ 現地から、子どもたちと一緒にサンクスムービーをお届け(URL)

ーーー
※複数口でのご支援も可能です。
(他のコースでも複数口の選択も可能です。また、本コースとの組み合わせ選択もいただけます。)

支援者
23人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2021年1月

30,000


【3万円コース】ご支援の大部分がプロジェクトの資金に使われます

【3万円コース】ご支援の大部分がプロジェクトの資金に使われます

リターン経費が大きくかからないリターンのため、ご支援の大部分をプロジェクトに使用させていただきます。

■ 報告レポートとサンクスムービーのエンドロールにお名前掲載(希望者のみ)

-----
■ サンクスメール

■ みなさまのご支援でスタートさせた訪問型塾のご報告レポート(PDF)

■ 現地から、子どもたちと一緒にサンクスムービーをお届け(URL)

支援者
11人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2021年1月

50,000


【古田優太郎が現地でおもてなし】

【古田優太郎が現地でおもてなし】

■ 現地でおもてなしコース(6時間)

*時期や内容は要相談 
*有効期限1年

-----
■ サンクスメール

■ みなさまのご支援でスタートさせた訪問型塾のご報告レポート(PDF)

■ 現地から、子どもたちと一緒にサンクスムービーをお届け(URL)

■ 報告レポートとサンクスムービーのエンドロールにお名前掲載(希望者のみ)

支援者
5人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2021年1月

50,000


【5万円コース】ご支援の大部分がプロジェクトの資金に使われます

【5万円コース】ご支援の大部分がプロジェクトの資金に使われます

3万円と同様の内容です。リターン経費が大きくかからないリターンのため、ご支援の大部分をプロジェクトに使用させていただきます。

■ サンクスメール

■ みなさまのご支援でスタートさせた訪問型塾のご報告レポート(PDF)

■ 現地から、子どもたちと一緒にサンクスムービーをお届け(URL)

■ 報告レポートとサンクスムービーのエンドロールにお名前掲載(希望者のみ)

支援者
4人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2021年1月

100,000


【全力応援コース】ご支援の大部分がプロジェクトの資金に使われます

【全力応援コース】ご支援の大部分がプロジェクトの資金に使われます

3万円と同様の内容です。リターン経費が大きくかからないリターンのため、ご支援の大部分をプロジェクトに使用させていただきます。

■ サンクスメール

■ みなさまのご支援でスタートさせた訪問型塾のご報告レポート(PDF)

■ 現地から、子どもたちと一緒にサンクスムービーをお届け(URL)

■ 報告レポートとサンクスムービーのエンドロールにお名前掲載(希望者のみ)

支援者
6人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2021年1月
プロジェクトの相談をする