昨日は温海町森林組合さんにお邪魔し、
組合長の本間さんと鈴木参事にお会いし、クラウドファンディングへのご支援のお願いをしてきました。

その結果、これから組合で決議し、ご支援いただけることになりました。

また、組合長と参事からは個人的にもご支援をいただきました。
大変ありがとうございます!

温海のシンボルである「温海かぶ」を使ったこのプロジェクト、必ずや達成させたいと思います。


訪問の後は職員の忠鉢さんと、雪解けのかぶ畑へ。
(畑と言っても山なのですが)
ここ数日の陽気で、雪はすっかり解けていました。


驚いたのは、あちこちに、歯型のついたかぶが投げ捨てられていたこと!


こんな食べ物を粗末にするような奴は誰だ!? 成敗してくれる〜!!
と思ったら、犯人は何と、サルだそう。


暖かくなってきたとはいえ、まだまだ冬。周りに食べものが無くて困っていたのかなぁ。
でも、あれもこれも食べかけで放り投げられてる様は切ない…
せめて、きちんと1玉まるごと食べてほしいですね(涙)


肝心のかぶは、葉っぱの間から「とう」が出始めていました。


この「とう」が伸びだすと、かぶの実がスカスカで味気ないものになってしまいます。
そうなる前に本製作ができるようにしなければ!時間との戦いです!!
 

加工場から届いた試作品を持って、
これからアル・ケッチァーノさんへ打ち合わせに行ってきます!!