7月に入りいよいよ本プロジェクトも折り返し地点となりました。

 

すでに、59名の皆さまから84万円のご支援の申し出をいただいております。しかしながら、この“クラウドファンディング”の特性上、もし期日まで目標金額(200万円)に達成しなければ、『支援金額0円(不成立)』となるのです。

 

 

・・・すなわち、現況でかなり痛みが激しいことが判明してきた土台基礎の補修作業など、「プロにお願いしなければできない修繕」が、直近では実施できなくなることをあらわしており、最悪の場合はいままで守り続けてきた木造駅舎が『倒壊=姿を消す』ことにもなりかねません・・・。

 

内部
〔沼牛駅舎内部…この光景も姿を消してしまうリスクも…〕

 
まずはどうにか姿を消すことは避けたい!どうにかして残したい!・・・どうかご協力をお願いいたします。

新着情報一覧へ