プロジェクト概要

 

カネミツ食品が飛騨高山ほうれん草を練り込んだ新しい蒟蒻づくりを通して
障がい者の働きやすい環境をつくります!

 

はじめまして、㈱カネミツ食品代表取締役の西尾光善と申します!弊社では、昔ながらの製造方法である缶蒸し製法を大切にしながら、新しい設備による製造方法の蒟蒻も製造販売してきました、地域の人々に愛され、創業以来49年になります。

 

わたしは4年前に頭部挫傷の大ケガから九死に一生を得ました。それから障がい者認定を受けて以降、障がい者の働く場の少なさに課題を感じ、雇用の機会やもっと働きやすい環境を作りたいと思いました。今回のプロジェクトでは、飛騨高山のほうれん草を使った蒟蒻製品づくりを通して、障がい者の仕事場をつくり、働きやすい環境づくりの展開を考えています。
 

今回は製品制作に必要なほうれん草やこんにゃく粉などの材料費、およびケアマネージャーと障がい者の雇用に必要な人件費として100万円が必要です。皆様のお力添えをぜひお願いいたします!

 

 

後天的に障がい者認定を受け、
以前は自分で出来たことが、突然出来なくなる苦しみを味わいました。

 

4年前の大ケガから障がい者認定を受けて以来、調子が悪くても上手く立ちまわることが出来ず、周りになかなか理解されないことがありました。また、先天性なものではなかったので、前は自分で出来たことが、出来なくなってしまった苦しみを味わいました。そんな中で障がい者を支援する団体と係わりを持つようになって、五体満足に働けることに感謝し、支えてくださった方々に何か恩返しをしようと「同じような障がいを持っている人のためにできることはないか?」と考えました。


そして今回一緒にプロジェクトを進めていくカトレアサービスさんの赤崎さんに出会った時、「障がい者支援は簡単なものではない」ことが分かったのです。昨今の障がい者の働く環境ですが、仕事が無く就労時間が短いことや、場所が遠いこと、賃金が安いなど、決して良好とはいえません。

 

葱の下処理作業

 

「障がい者が安心して働ける場所をしっかりつくる」
それが、当事者の1人でもある自分にできる社会貢献だと考えました。

 

障がいをお持ちのご家庭では、児童施設を卒業した後どうすればいいのか?ということが親御さんや当人の深刻な悩みでもあります。親としては、自分がサポート出来なくなったとき、「この子はしっかり生きていけるのか?」心配でたまりません。労働環境全体として非正規雇用が増えていることに加え、障がい者の方にとっては大人になっても安定して、自立して働ける場所がまだまだ必要です。

 

今回は、企業組合カトレア・サービスさんやニードケアプロデュースから障がい者の方を雇用し、カネミツ食品の飛騨高山のほうれん草を使った蒟蒻製品づくりを通して、障がい者の仕事場をつくり、働きやすい環境づくりの展開を考えています。

 

ほうれん草の仕分け作業

 

障がい者支援のプロフェッショナルと一緒に、
新しい蒟蒻商品づくりを通して、働く環境の改善を。

 

弊社で商品をつくるためには、調整葉をさらに新鮮な葉のみを使用するための選別する作業が必要です。そこで「新鮮野菜入り蒟蒻」のファンであった企業組合カトレアサービス・特定非営利活動法人ニードケアプロデュースの赤崎さんにお願いをし、障がい者の方々と一緒に「ほうれん草蒟蒻つけ麺」をつくっていこうと、一歩踏み出すことが出来ました。

 

企業組合カトレア・サービスさんは高齢者・障害児者はじめ誰でもが地域社会で安心して過ごせるように「お困りごと」の解消や、協同組合の一つとして「平等」「共同」「互恵」の理念を掲げて事業をされています。特定非営利活動法人ニードケアプロデュースでは、発達に遅れ、偏りがある子供を中心に障害関係の事業を行われています。育った人達が働ける仕事の場をも作り出して行く事により、更なる福祉の増進に役立てるよう、児童発達支援、放課後等デイサービス、地域活動支援センター、相談支援事業をされています。

 

 

会社見学の様子

 

カネミツ食品で作業場を作り、両者の支援団体のサポートを受けながら、
健常者と同等な賃金形態で働ける環境づくりを行います。


いきなり性格や障害状況の解らない人を受け入れるのではなく、カトレアさんやニードケアプロデュースさんと連携をすることで、障害の程度などが具体的にわかり、働く上での能力づくりや安心したケア環境を両立することが出来ます。

具体的な特徴としては、①まず仕事をつくること。カネミツ食品では、蒟蒻製品の中に生の野菜を入れていますが、その野菜の仕分け作業を障がい者の方にお願いします。②そして次に環境を整えること。健常者であれば、口頭説明で作業はできますが、障がい者の方々の中には、作業内容を文章化したり、仕分け方法を写真で記したり、作業手順書が必要なのです。③最後に忘れてはいけない心身のケアです。障がい者さんは、心身ともにケアが必要な方が多く、連続した作業をしないことや、休憩時間を適正に定めたりと、効率面では低下しますが、ストレスを軽減させる専門員によるサポートが必要になります。

 

障がい者団体での作業風景(ティーパックの仕分け作業)

 

写真はミサンガの長さを整えてカットする作業風景。
「○センチにカット」ではなく「下敷きの長さでカット」と
分かりやすくすることがストレス軽減につながります。

 

今回のプロジェクトを通して、飛騨高山ほうれん草蒟蒻麺をひろく一般の方々向けに、全国的に販売していくと同時に、ご協力いただく団体の方々と一緒に障がい者の方の働く環境をもっと広く展開していきたいと思っています。この商品に想いを乗せて、たくさんの方々にメッセージを発信していきたいと思っています。

 

皆様にご援助を頂くことで、充実した職場環境を得て、製品の品質や誰でも働ける環境が広まり、より多くの健康を待ち望む方を喜ばせることができます。安定した仕事量をいただくことにより、障がい者のペースで仕事をこなせるようになります。みなさまの、どうか貴重なお気持ちをいただけませんでしょうか。よろしくお願い致します。

 

◆資金使途◆
〜ご支援の使いみちはこちらです〜

 

障がい者の方の雇用にかかる費用:400,000円

2人×製造期間2ヶ月(ケアマネジャー1名、障害者1名) 

飛騨高山ほうれん草仕入れ代  :234,000円
こんにゃく粉仕入れ代     :285,200円
他READYFOR手数料

 

● 企業組合カトレア・サービス ●
介護福祉分野の人材育成と就職支援
介護福祉サービス、児童デイサービス、福祉機器の開発製造と販売
設立:2003年9月10日 組合員数:19名 出資金:800万円(2015.3.31.現在)
本部 〒451-0044名古屋市西区菊井1丁目10-10
URL   http://www.2949n.com/

 

● 特定非営利活動法人Need Care Produce●
児童発達支援、放課後等デイサービス、地域活動支援センター、相談支援事業

設立:2003年5月22日
本部 〒486-0807 春日井市大手町3-16-11
URL http://ncpweb.net/

 

◆リターンはこちら◆
〜ご支援していただいた方にお届けいたします!〜

 

ご希望の方はお中元や暑中見舞い用にのし紙等包装させていただきます!

個別送り先にも対応可能で、発送日や届け先もご指定いただけますので、

贈答用にもぜひどうぞ!夏にぴったりのお品物です。

 

◎サンクスメール

◎活動報告のお手紙

◎新商品「飛騨高山産ほうれん草 蒟蒻つけ麺」

自社蒟蒻製品詰め合わせセット

◎報告業務の充実(会報の発行年4回)

◎「旬の一番おいしい飛騨高山野菜詰め合わせセット」

 3000円相当を2回分(アグリンクス様より発送します。代表野菜ソムリエ大嶋様)

 

 


最新の新着情報