READYFOR
クラウドファンディングとははじめる
ログインログイン・登録

オリジナルロゴ商品を販売し、その売上で子供たちのスポーツ支援したい

原田大輔

原田大輔

オリジナルロゴ商品を販売し、その売上で子供たちのスポーツ支援したい
目標金額を達成した場合のみ、実行者は集まった支援金を受け取ることができます(All-or-Nothing方式)。支援募集は7月28日(木)午後11:00までです。

支援総額

0

目標金額 1,000,000円

0%
支援者
0人
残り
26日

最初の支援者になりませんか?

プロジェクトの支援にすすむ(※ログインが必要です)
目標金額を達成した場合のみ、実行者は集まった支援金を受け取ることができます(All-or-Nothing方式)。支援募集は7月28日(木)午後11:00までです。

プロジェクト本文

 

自己紹介

 

ページをご覧いただきありがとうございます。

 

私この度「KARAMARU」というブランドを立ち上げます原田と申します。

 

私は広島県広島市在住の20代で、妻・娘の3人家族です。現在は医療系メーカーで勤めており、4年目を迎えました。

 

 

【「KARAMARU」について】

 

まず「KARAMARU」について意味をお話しさせて頂きます。ロゴは3つの丸を重なり合わせ絡ませています。

 

例えば、生産者が良い商品を作成しても、消費者が良いと思わなかったから購入しないと思います。逆に消費者が商品に対して需要があっても、生産者が作成した商品が良い物ではなかった場合、購入には至らないと思います。

 

なので、生産者・消費者・商品の全てが良いことに初めて意義があるので丸を交わり絡ませて、皆様が納得するものを提供するという意味でブランド名を名付けしました。

 

そしてこのロゴは生産者・消費者・商品というだけでなく、使用者の用途に応じてロゴの意味も変化します。

 

例えば、『父・母・子』『被災地・現地住民・ボランティア』そして『親・子供・スポーツ』など、このブランドを通して様々な人・文化など絡ませて豊かな人生を送る一部にしてもらいたいです。

 

なので「KARAMARU」はぜひスポーツをやっている方・その家族などに見て頂きたいショップです。

 

 

 

プロジェクトを立ち上げたきっかけ

 

私自身、小学3年生からサッカーを始め、社会人になってからもサッカーは継続しており、新たにフットサルも始めました。スポーツをやってきたからこそ、様々な世代の方と人脈を築くことができました。

 

例えば中学生の時に知り合った他校の知人と大学が一緒になり、そこでサッカーのサークルを立ち上げました。そこで知り合った人たちと社会人になって5年経ちますが、今でも定期的に一緒にサッカーをしています。

 

また中学生の時に知り合ったサッカー部の先輩と社会人になっても関係が続いており、その先輩とフットサルチームを作りそこで新しく知り合えた人もいます。

 

このように学生の時に出会った人達と社会人になった今も関係が続いており、そこでまた新しく人脈形成ができることから、サッカーというスポーツをやり続けてきたことが人生を豊かにしていると考えております。

 

私はスポーツはすることによって、「様々な人と出会うことができ、1度しかない人生を豊かにする」魅力があると考えています。

 

例えばテレビや現地でプロサッカーチームの試合を見ていると、応援しているチームがゴールした時はもちろんゴールした本人、そのチームの選手たちは喜びますが、合わせて応援している人達も一緒に喜んでいるのがわかると思います。

 

色々な人達を夢中にさせる魅力がスポーツにはあると思います。

 

ですので、もっと多くの子供たちにスポーツをしてもらいたいという気持ちでこのプロジェクトを立ち上げました。

 

そしてなぜショップを立ち上げようと考えたかのですが、私自身シンプルな服が好みでいつか自分自身でブランドを立ち上げ販売したいとう気持ちがありました。また子供たちにスポーツをしてもらいたいがどのように支援などしたら良いかなどを考えた時、ネットショップで自分が立ち上げたブランドの商品をただ売るだけでは自己満足だと思いました。

 

どのように還元していくか考えた結果、今回「KARAMARU」というオリジナルブランドを立ち上げ、Tシャツ・トートバックを販売し、売上の一部からスポーツをしたいけどできない子供たち(国内外)に支援をしていきたいと考えました。

 

 

 

プロジェクトの内容

 

アパレルブランド「KARAMARU」を立ち上げ、ネットショッピング(Tシャツ・トートバック)を出店します。

 

今回Tシャツ・トートバックを作成するにあたり、1から作成したいと考えております。世界で1つのオンリーワンな商品を目指します。

 

 

クラウドファンディングでご支援していただきました資金をもとに、年内にTシャツ・トートバックを作成、ホームページを開設しオープンする予定です。

 

まずは第一目標として100万円に挑戦させていただきます!

 

ご支援していただきました支援金は、Tシャツ・トートバック作成に充てさせていただきます。既存のTシャツに印刷するのではなく素材など1から選び作成していきます。

 

今回「KARAMARU」というブランドも、『色々な方と絡み合い良いものを作りたい』というコンセプトでブランドを立ち上げましたので、クラウドファンディングで皆様のご支援のもと、良いものを作成したいという考えでクラウドファンディングの実施に至りました。

 

 

プロジェクトの展望・ビジョン

 

最初はネットショッピング・知人のスポーツ施設での大会などで出店しますが、将来的には規模の大きいスポーツ大会のイベントに出店など少しづつ拡大させていきたいと考えています。

 

そこで売上の一部をスポーツをしたくてもできない、または習い事などをしたくてもできない子供たちへの支援にしたいと考えております。

 

また国内だけでなく、海外にも支援していきたいと考えております。

 

今回のプロジェクトではネットショッピングでオリジナルブランドのTシャツ・トートバック販売がゴールと思われる方も中にはいっらしゃるかもしれませんが、私自身このプロジェクトの最終ゴールはスポーツをしたい子供たちへの支援です。

 

この最終ゴールに向けて、今回立ち上げます「KARAMARU」のTシャツ・トートバック作成が足懸りとなりますので、ぜひご賛同していただければ幸いです。

 

私はスポーツを通して、色々な人と出会ったからこそ今の自分があると思います。

 

最終目標はブランドを通して、スポーツをしたい子供たちの支援をすることなので、先ずはオリジナルブランドのTシャツ・トートバックを作成し、最終目標への第一歩としたいです。

 

私の考えにご賛同していただけましたら、ご支援の程よろしくお願いいたします。

 

最後まで読んで頂き誠にありがとうございます。

 

プロジェクト実行責任者:
原田大輔
プロジェクト実施完了日:
2022年12月31日

プロジェクト概要と集めた資金の使途

私がこの度立ち上げます「KARAMARARU」というブランドでTシャツ・トートバックをネットショッピングを開設し販売します。クラウドファンディングで調達した資金をもとに、Tシャツ・トートバック作成、ネットショッピングのためのホームページ開設に使用いたします。

リスク&チャレンジ

プロジェクトを実施する上でのリスクについて
現在Tシャツ作成につきましては「クリスメイドファクトリー」様、トートバック作成につきましては2,3社にお問い合わせ中、ホームページ作成については現在委託先を模索しており、これらは全て資金調達後以降に作成及び開設いたします。

プロフィール

リターン

1,000+システム利用料


1000コース

1000コース

・感謝のメールをお送りさせていただきます。

支援者
0人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2022年12月

3,000+システム利用料


3,000円コース

3,000円コース

・感謝のメールを送らさせていただきます。
・活動報告をいたします。

支援者
0人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2022年12月

5,000+システム利用料


5,000コース

5,000コース

・感謝のメールを送らさせていただきます。
・活動報告をいたします。
・ロゴのステッカーを作成しこちらのコースでご支援していただきました方にお送りさせていただきます。

支援者
0人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2022年12月

10,000+システム利用料


10,000円コース

10,000円コース

この度はご支援していただいた方に作成しました。トートバックを作成し皆様にお返しします。
色はお手元に届いてからのお楽しみにしてください。
※リターン画像のロゴをトートバックにワンポイント入れるシンプルなデザインを作成予定です。

支援者
0人
在庫数
30
発送完了予定月
2023年6月

プロフィール

あなたにおすすめのプロジェクト

日本の技術力を埼玉から世界へ!身近な文房具からSDGsを! のトップ画像

日本の技術力を埼玉から世界へ!身近な文房具からSDGsを!

川崎正幸川崎正幸

#生活用品

8%
現在
42,000円
支援者
10人
残り
27日

注目のプロジェクト

新着のプロジェクト

プロジェクトの支援にすすむ
プロジェクトの相談をする