昨日を持ちまして、『慶應チャレンジャー国際テニストーナメント2015』、無事に全日程終了致しました。

 

ダニエル太郎選手vs添田豪選手の日本人選手の対決となった決勝戦。過去最多の入場者数を記録し観客席はほぼ満員、始まる前から熱気がたちこめていました。

 

今回の決勝戦は、まさに日本テニス界、そして慶應チャレンジャーの歴史に残る一戦となりました。

ファイナルセットに及ぶ激闘の末、ダニエル太郎選手が4-6/6-3/6-3で優勝を決めました!

 

今年度は、平日から多くの方々に蝮谷に足を運んでいただくことができました。

これもひとえに、出場した選手のご活躍や、日本のテニス界の発展を応援してくださる皆様のおかげです。

本当にありがとうございました。

 

ATP規約改定により、来年以降チャレンジャー大会にプラスホスピタリティが義務化されることに伴い、資金集めの為、クラウドファンディングや入場料をいただくことなど今年は様々な挑戦をしました。全て成功させることができましたのも、ひとえにご理解、ご協力いただいた皆さんのお蔭と運営スタッフ一同心より感謝しております。

 

最後に皆様にお願いがございます。
今大会の反省をし、より良いチャレンジャー大会にしていくために是非皆さんの声をお聞かせください。2.3分ほどで終わりますので、是非大会アンケートにご協力お願い致します。
https://formcreator.jp/answer.php…

御協賛各社スポンサーの皆様を始めとし、沢山の方々に支えられてこの大会を開催することができました。
本当にありがとうございました。そして、今後とも慶應チャレンジャー、慶應義塾体育会庭球部をどうぞよろしくお願い致します。