プロジェクト概要

家庭の母の元気は社会の元気の素!
子育て中のママたちが交流できる自宅開放型ママ向けコミュニティ「来mama(きまま)ルーム」を全国に拡大し、ママを孤立させないための第三の居場所を提供したい!

 

はじめまして!札幌在住の3児の母、越後久美子と申します。私は現在、自宅の一室でママたちの居場所「来mama(きまま)ルーム」を運営しています。

 

ここでは、子育てに忙しくなかなか外との交流が出来ないママたちが、様々な立場のママたちの話を聞いて交流したり、学んだりする場を提供しています。また、自分の子育てについても話して共感してもらうことにより、癒しを与える空間にもなっています。
2012年5月より不定期に講座や座談会、交流会などを開催し、延べ500組以上の母子に来室いただきました。

 

たくさんのママ達からご好評をいただき、活動を拡大している来mamaルームですが、その活動拡大のための運営資金が足りません。
ママ達の居場所を全国に広めるために、ご協力をお願いします!

(来mamaルームの雰囲気がわかるムービーです!)

 

(ママ交流会の様子)

 

 

産後、「母親自身」が学んだり、リフレッシュしたり、
つながりができる場所が少ないことにガッカリしていました。

 

私は以前、私立高校で教員をしていましたが、2005年の長男の妊娠を機に退職。その後、自ら望んで専業主婦になり、育児を楽しむはずでした。が、現実は慣れない赤ちゃんのお世話やうまくいかない母乳育児や家事など、まったく思い通りにならない生活に愕然としてしまいました。

 

産後半年頃から子連れで行けるありとあらゆるところに出かけ始めましたが、子連れでしかも「母親自身」が学んだり、リフレッシュしたり、つながりができる場所が少ないことにガッカリしていました。この頃から、ママさんが子連れでも気兼ねなく過ごせて、おしゃべりや情報交換ができる場所があったらいいなぁと思うようになりました。

 


「ダウン症候群」という大きな気づきのギフトを持って生まれた長女。
ショックで泣き明かす日々を過ごしていた頃、出会った詩があります。

 

2005年に次男出産後も同じように感じましたので、ますます私自身がそのような場を創りたいという気持ちを強くしました。また、2013年に生まれた長女が「ダウン症候群」という大きな気づきのギフトを持って生まれてきてくれたのですが、ショックで泣き明かす日々を過ごしていた頃ある詩に出会いました。

「神よ、変えられないものを受け入れる平静を、変えるべきものを変える勇気を、そしてそれらを見分ける英知を与えたまえ」(ラインホルト・ニーバー(1982-1971)「平静の祈り」の一節より)


(娘との一枚)

 


現実を受け入れて私自身が前に進むしかない。
そう思えるようになり、来mamaルームの拡大プロジェクトに着手しました。

 

初めてこの詩に触れた時、私は頭をガツン!と殴られたような感覚になりました。長女のダウン症は、病気ではなく染色体異常だからどうしようもない。だったら受け入れて私自身が前に進むしかない。そう思えるようになり、産後4ヶ月で来mamaルームの活動を再開。そして以前から構想していた、「来mamaルームフランチャイズ化(拡大)プロジェクト」に今年から思い切って着手することにいたしました。

 

(来mamaルームフランチャイズ化に着手するに至った思い、

これからの来mamaルームの展開についてまとめた動画です!)

 

 

大好評をいただいている来mamaルームを増やすために

「来mamaルームフランチャイズ化(拡大)プロジェクト」を立ち上げます!

 

来mamaルームに来てくださる方は、乳幼児のママさんが多いのですが、時には、子育てが一段落した大先輩ママさんが来てくださったり、転勤族のママ、育休中のママ、専業ママ、兼業ママなど、様々な立場のママさんがお子さんの年齢に関係なく来てくださったりします。

 

来mamaルームに来ていただいたママ達に感想を聞くと…

「来mamaルームに行くと、ママに焦点があたり、色々な立場のママの話から学び、考えさせられ、そして自分も話すことで癒される感覚があり、居心地がよい場所として存在しています。ママが満たされることが一番の子育て支援につながると思います」

 

「来mamaルームのイベントは、年齢を問わない内容の講座でどれも興味深いものばかりで、さまざまな角度から子育て中のママにアプローチするものばかり。まさに子育てサロンならぬ、『親育ちサロン』だと思います。」

 

…こんな声が多数寄せられています。

 

「こんな場所が近くにあったらいいな」

「できれば自分もこんなふうにやってみたい」という声を受けて…

 

2015年より「きままかーさん」養成講座を開講し、各地で来mamaルーム分室を運営する方を養成しています。5月には、札幌市内4ヶ所に分室が誕生予定です。

 

(きままかーさん養成講座の様子)

 

今後は、北海道内はもとより日本全国に増やしていきたいと考えています。名づけて「来mamaルームフランチャイズ化(拡大)プロジェクト」です。

 

3年後をめどに、実績を積んだ「きままかーさん」向けにトレーナー養成講座を開講し、私以外の方にも「きままかーさん」養成講座を開いていただけるようにしたいと思っています。また私自身が地方に出向いて「きままかーさん」養成講座をやっていきたいとも考えています。

 

しかし、来mamaルームの運営費用や、活動を拡大していくための当面の運営資金約50万円が不足しております。皆様どうかご支援をお願い致します。

 

 

母親の元気はまるで太陽

社会のありとあらゆるところに影響をもたらします

 

来mamaルームの理念は「家庭の母の元気が社会の素」です。母親の元気が太陽のように社会のありとあらゆるところに影響をもたらすと考えています。

来mamaルームは、子育て中の母親の心身の安定をはかること(エンパワーメント)で、経済の活性化や少子化解消といった日本社会が抱える大きな課題を解消する一端を担います!

また、母親が心身ともに安定していることで、家庭や社会が元気になり、虐待や犯罪、争いのない明るく平和な社会を目指します!

 

誰もが楽しく子育てできる寛容な社会を実現するためにも、ぜひ皆様のご支援を頂けますと幸いです。どうぞ宜しくお願い致します。

 

 

来mamaルーム公式ホームページ

http://www.kimamaroom.jp/

 

「来mamaルーム」は現在、商標登録申請中(TM)です。

 

【これまでに開催した主なイベント内容】
・テーマ別座談会
・ロールモデル座談会
・来mamaサロン(ママ&プレママ交流会)
・子育てや自分磨きに役立つ講座(コーチング、アドラー心理学、言葉かけの仕方など)
・読書会
・健康、美容、整理収納に関する講座…など

 

 

◆◇◆引換券について◆◇◆

 

・お礼メール(心をこめてお届けします)


・自費出版小冊子「子育てはキャリアでしょ!」(2013)(子育て関連の新聞投稿採用記事を一冊にまとめたものです)


・ホームページにお名前掲載(協賛者一覧のページにお名前を掲載いたします)

 

・お礼メッセージカード(心をこめて手書きメッセージをお届けします)

 

・北海道のお菓子ROICE'のバトンクッキー(北海道の代表的なお菓子をお届けします)

・5月24日(日)ランチタイム大交流会(札幌市内で開催)のペアチケット

 

・北海道のお菓子ROICE'菓子折りセット(北海道の代表的なお菓子詰め合わせセット大をお届けします)


・ホームページにお名前掲載(協賛者のページに、ご希望の方には、顔写真、リンク、バナーを掲載いたします)


最新の新着情報