READYFOR
クラウドファンディングとははじめるさがす
購入型

北限への挑戦!収穫不可能と言われた綿を北海道で栽培したい!

中脇 まりや

中脇 まりや

北限への挑戦!収穫不可能と言われた綿を北海道で栽培したい!

支援総額

247,000

目標金額 500,000円

支援者
29人
残り
終了しました
募集は終了しました
1お気に入り登録1人がお気に入りしています
このクラウドファンディングは達成しませんでした。支援予約はすべてキャンセルとなります。銀行振込みにより支援を行った方には、当社より返金が行われます。

1お気に入り登録1人がお気に入りしています
2014年01月22日 21:47

なぜ北海道で綿なのか?

 

みなさん、こんにちは。

 

今月も小樽の日和さんのお宅を訪問し、

三月からの動きや今後必要になるものを改めて確認してきました。

三月の末から、やっと動き出すことができる…!

畑おこしなんかも、いろんな人と関わりながらやっていけたらいいなぁ、とやる気まんまんです。

今日は、

なぜ日和さんが小樽で綿栽培を始めたのか、そのエピソードを日和さんの文章をお借りして

紹介したいと思います。

 

***

 


北海道でなぜ綿なのか?。。。

 

気候も合わず、北海道で栽培が難しいとされている綿づくりをするのか。。。

 

私の幼い時の記憶が綿づくりのきっかけになりました。

 

寒い冬、学校から帰ってくると、

いつも母がふとんに綿入れをしていた姿がありました。

 

けして豊かな家庭ではありませんでしたが

母が作ってくれたふとんに包まり寝るととっても温かく、

しあわせな気持ちになったことを、大人になってから思い出しました。

 

綿の木を見るきっかけはテレビドラマでしたが、

いつか綿をつくりたいという強い思いになりました。

 

家に帰ると四角い形の綿が山積になっていた幼いころ。。。
 

心が温かくなったことを伝えたい。。。

 

 

***

 

私が知らない「綿入れ」の風景。

でもこれって、きっと昔はどのご家庭でもあった風景なのだと思うのです。

心温かになる原点が綿にあり、

それを育てようと思ったらたまたま北限を越えていた、というのが事実でした。

 

日和さんの想いを受け継いでいきたいと思います。

一覧に戻る

リターン

3,000

サンクスカード
冊子「北海道の綿栽培」

支援者
18人
在庫数
制限なし

10,000

3000円の引換券に加え、
北海道で育った綿の種 10粒
北海道産ハーブティーセット 10g×2種

支援者
5人
在庫数
制限なし

20,000

10000円の引換券に加え、
綿農園の視察
北海道で育った綿 10g

支援者
6人
在庫数
制限なし

プロジェクトの相談をする